2016年8月17日更新

個人ボランティアさんの力【ねりまねこブログ】

パン生エサ現場を中心に周辺一帯にはたくさんの猫がいます。

多くの人が猫に癒される一方で増えすぎた猫が病気やケガをし、お腹を空かせ、糞尿やマナーの悪いエサやりで嫌われることに心を痛めている真の愛護家さんもいます。

そのお一人、Aさんは何年も前から個人的に自腹で不妊・去勢手術や保護をされています。

猫の繁殖がこの程度で済んでいるのは、Aさんのような個人ボランティアさん達のおかげです。

Aさんは、最近子猫を発見し保護しました。

父・母猫らしき2匹は自分の捕獲器で捕まえ不妊・去勢手術を行いました。
o0800053313671609508

子猫の名前はニコちゃん
(背中に二個の玉模様があるから)
o0800060013671609660

Aさんが保護していたので、人なれ完璧です。
o0800060013671609590

子猫は本来親きょうだいに揉まれ噛む強さなどを学び社会化されます。

一匹だけのニコちゃんの社会化のためにうちで預かり飼い主探しをすることにしました。
o0800060013671609557

気候や環境の変化のせいか目のふちが赤くなってしまったので本日、病院へ。
o0800053313671608816

体重は750gと順調に成長中。
平熱で、脱水なし
聴診器・触診も異常なし

ビブラマイシン1週間インターフェロン入りエコリシン点眼液で治療します。
o0800053313671608983

今日も冷たい雨です。

保護できず外に残した子猫たちが気になります。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

東京都が主催!愛護推進員向けの研修【ねりまねこブログ】

東京都が主催する 行政担当者と愛護推進員向けの研修でした。 私にとっては練馬方式の成果を伝えるという責任重大な場でした。(;^_^A 最初は、ちよだニャンとな……

ねりまねこブログ

救えた命、救えなかった命1【ねりまねこブログ】

救えた命、救えなかった命1 「瀕死の捨て猫」 ある朝、男性からメールがありました。 「昨日、捨て猫2匹を保護しました。 目があいたばかりの赤ちゃんです。 私のマンションは飼……

ねりまねこブログ

個人でなく、町の力で解決する【ねりまねこブログ】

「苦情のための地域猫」に書いたように、 私達の役割は、猫に起因する問題で困っている人を助け、町のもめごとを解決することです。 更に言うと、私達がなんでもやってあげて解決するのでは……

ねりまねこブログ

苦情のための地域猫【ねりまねこブログ】

そもそも、地域猫活動を誰のため、何のためにやっているかというと、 猫で起因する問題に困っている人を助けるためです。 困っている人には、2つのタイプがあります。 ①猫が嫌い・……

ねりまねこブログ

ゆず、治ったわけではなく【ねりまねこブログ】

ドカ盛りの大便を出したゆず その後、スムーズなお通じがあるかというと・・・ 残念ながら、ありません。 ほんのわずか数ミリの糞は出ますが まとまった便は出ません。 以前ほど……

ねりまねこブログ

猫の認知症【ねりまねこブログ】

母が千葉の野山で餌付けしていたレイちゃん 10才になり、急激に老いました。 「がんばるレイちゃん」 で、抜歯をしてごはんが食べられるようになったと書きましたが・・・ それ……

ねりまねこブログ

仲間をつくるということ【ねりまねこブログ】

先日は、埼玉県朝霞市の ボランティアグループもめんいとさんの 一周年の親睦会でした。 もめんいとのメンバーだけでなく家族、友人 保護した猫を迎えてくれた飼い主さま応援してくれる町……

ねりまねこブログ

子猫が歓迎されない町【ねりまねこブログ】

毎日のように 「子猫が産まれた!(´Д`;)」と 相談が来ます。 人口72万の広大な練馬区にはたくさん猫がいるので、 子猫が生まれるのはあたりまえ。 おそらく何千という単位……

ねりまねこブログ

地域猫チビちゃんの死【ねりまねこブログ】

うちの庭にいたチビちゃん 8月にいなくなりました。 おそらく死んだのでしょう。 10歳でした。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ チビちゃんとミケちゃ……

ねりまねこブログ

猫の腫れものは何か?【ねりまねこブログ】

行き倒れのわかちゃんを保護して すぐに病院に連れていき、療をしました。 その時に検便も行い投薬を開始しました。 飢餓状態からの回復期で 消化器系も弱っているため、、 ……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を考える5・6【ねりまねこブログ】

ねこけんさんが全頭保護を決断した後のレスキューのプロセスです。 頭数が多すぎてすぐに保護できる場所はなかったので、しばらく元の家で世話を続けるつもりで、獣医さんに往診をお願いしました。……

ねりまねこブログ

ブログ落としました(;^ω^A【ねりまねこブログ】

さっき会った人から 「どうしたの? 昨日、ブログ書いてなかったでしょう? 大丈夫?」 と心配されました。 大丈夫です。 必勝バーガー食べて 元気です。(;^ω^……

ねりまねこブログ

赤ちゃん猫の成長アルバム【ねりまねこブログ】

8/10に産まれた猫の赤ちゃん 「夏子(なつご)は育たない」 と言われます。 3匹のうち、生き残ったのは 人間が最初に保護した一匹だけ。 母猫が連れていた2匹は死にまし……

ねりまねこブログ

死にかけた子猫は生きてます【ねりまねこブログ】

あらたな現場に着手しています。 すでに子猫が10匹も生まれ 今後も生みそうな猫が 何匹もいます。 一刻の猶予もないので、 日曜の朝から、 捕獲作業をしていました。 ……

ねりまねこブログ

老猫と子猫の死【ねりまねこブログ】

もともと30匹以上いた猫は 今では8匹に減りました。 たとえ、区や自治会の承認を得た活動でも、 異常者がいて常に猫が危険にされる場所で 餌やりを続けるのは本当に大変です。 ……

ねりまねこブログ