2016年8月23日更新

【今日のにゃんグッズ】デスクの上にひとつあると便利!南部鉄器製、猫の文鎮

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫グッズにもいろいろありますが、たまにはキュートなグッズではなく、大人のこだわりが感じられる落ち着いたモノはいかがでしょうか。良いモノは使って良し、飾って良しで長く愛用できます。今回は年上の人に贈っても喜ばれそうな、南部鉄器の猫の文鎮をご紹介します。

 

可愛いだけじゃない、伝統工芸で作られた逸品です

南部鉄器は岩手県で古くから製造されている日本の伝統工芸品。中でもこの猫の文鎮を作った岩鋳は明治35年創業の老舗メーカーで、その商品は日本だけでなく、世界中にファンがいます。伝統の枠を超えて新しい鉄器を開発してきた岩鋳だけあって、この猫の文鎮も猫らしい仕草を絶妙にとらえています。尻尾を立てて首をかしげ、飼い主さんにおねだりしているような姿には思わず微笑みたくなります。重さ270gですので、重い本のページを押さえたりするには向いていませんが、紙を押さえておくにはちょうど良いサイズと重さです。

別の種類の猫たちも揃えてオブジェにするのも可愛い

猫の文鎮はこれ以外に2種類、異なるポーズの商品があります。文鎮として本来の用途で使っても良いですし、オブジェとして、3匹並べて置いてもステキです。渋い作りが外国人に人気だそうですので、お土産にしても喜ばれそうです。ただし、小さくても重いので、くれぐれも安全な場所に置いてくださいね。

  • 重さ: 270g