2016年8月28日更新

救えた命、救えなかった命2【ねりまねこブログ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

救えた命、救えなかった命2
「飼えない猫でも拾う?拾わない?」

子猫には、お兄さんに名前をつけてもらいました。

元気なキジトラ男の子、ダイくん
o0800053313678499219

瀕死のキジシロ女の子、あけびちゃん
o0800053313678498796

昨日、お兄さんから
メールをもらいました。

「あけびちゃんが
必死に泣いてくれたので、
気付くことができました。

なので、ダイ君の恩人は
あけびちゃんです。」

あけびちゃんは最後の力を振り絞り助けを求め、

それにお兄さんは応えてくれました。

子猫たちの恩人はお兄さんでしょう。

2匹の子猫はひどい風邪をひき目鼻はぐしゃぐしゃで死にかけていました。

かわいいとは言えず、猫好きの人でも保護はためらうでしょう。

お兄さんはペット不可のマンション住まいでしたが、 可哀想な赤ちゃん猫を見過ごすことができず連れて帰り

授乳・排泄・保温など適切な処置を行い、命をつないでくれました。

外に放置したら、翌朝まで生きられなかったでしょう。

「飼えない猫は拾わない」それとも「規則違反だけど保護する」

どちらが正解もありません。あなたならどちらを選びますか?

医療処置を行い、投薬と点眼、少量・頻回の給餌で徐々に回復してきました。

o0800053313678498622

Before 保護数日後、まだ瞬膜が出ています。

o0800053313678499993

After クリクリお目目になりました。

o0800053313678500478

Before ふいても、ふいても、目と鼻は目やにで真っ黒

o0800053313678499802

After ふわふわになりました。目も無事でした!

o0800053313678500114

ところで性別については、私の勘違いで、あけびちゃんはメスではなくオスでした。

お兄さんのメールには最初から「オス2匹」と書かれていたので猫に詳しい方だったのでしょう。

体重が2倍になりもう大丈夫と安心した頃、あけびちゃんが嘔吐し、昏睡状態になりました。

すぐに病院に連れていきましたが34度の低体温意識不明です。

その日、私は重篤な親類の元に行かなければならずあけびちゃんの面倒を見ることができませんでした。

o0800053313678501118

つづく