2017年5月17日更新

シルクのように真っ白な被毛を保つ!マルチーズのシャンプー方法

マルチーズの最大の魅力である純白の絹のような被毛ですが、ちょっとお手入れをさぼると汚れてボサボサの印象になってしまいます。せっかくマルチーズを飼うのならいつも真っ白できれいな被毛を保ってあげたいですね。そのためには正しいシャンプーが不可欠です。今回はマルチーズのシャンプー方法について調べてみました。

マルチーズの毛質を理解しよう

マルチーズの真っ白で柔らかい被毛は、抜け毛の少ないシングルコートと呼ばれる構造をしています。

シングルコートの犬種は主に温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではヨークシャー・テリア、トイ・プードル、パピヨンなどがシングルコートの犬種となります。

ただし毛が抜けにくい分長く伸び続ける毛質をしており、毎日のブラッシングや定期的なシャンプーとトリミングなど、被毛のケアを正しくとおこなわないと毛玉ができやすく、皮膚や被毛を健康に保つことができない特徴があります。

特にマルチーズの被毛は毛が細く柔らかいので、ゴミなどの汚れやノミやダニなどの寄生虫が絡まりやすく、皮膚疾患の原因になることが多くあるので注意が必要です。

マルチーズ_犬_素材painting-1116689_640

シャンプーの仕方

しっかりとシャンプーをするにはトリミングサロンでプロのトリマーの方にシャンプーをしてもらうのが1番ですが、毎回トリミングサロンに連れて行くのは経済的にも少し負担が大きくなってしまいますね。

伸び続ける毛質をしているマルチーズの場合は、カットスタイルを維持するためにも2ヶ月に1度くらいの割合ではトリミングに連れて行ってあげる必要があります。できればカットの必要がないシャンプーだけの場合は自宅でおこないところです。

小柄で華奢なマルチーズならコツをつかんでしまえば、自宅でシャンプーをすることもそれほど難しくはないようです。ここでは自宅でシャンプーをおこなう手順をご紹介します。

ブラッシング

シャンプーをする前にはしっかりと抜け毛を取り除くためにブラッシングをします。

まず被毛のもつれや毛すきに効果があるスリッカーブラシやピンブラシを使用して、体全体の抜け毛の除去と毛の絡みをほぐしてあげます。ただしスリッカーブラシは強く皮膚に押し付けると、皮膚を傷めてしまいます。梳く時は皮膚に平行になるように梳いていきましょう。

梳かしにくい耳や足のつけ根部分はピンブラシを使って毛並みに逆らうようにブラッシングしましょう。最期にコームを使用して毛玉や毛のもつれが残っていないかを確認します。

ブラッシングでしっかりと毛玉やもつれを取らずにシャンプーをしてしまうと、フェルトのような状態になってしまいます。梳き残しがないようにしっかりとブラッシングをしましょう。

シャワー

シャワーの前に肛門腺を絞ります。尻尾を持ち上げて肛門の斜め下をつまんでしぼり上げます。臭い液体が出ますので洗い流してあげましょう。

使用するお湯はややぬるめの(36℃~38℃)に設定しておきます。毛の表面だけでなく皮膚までしっかりとお湯を行きわたらせるために、シャワーヘッドを体に密着させて滑らせるようにシャワーをするとよいようです。

顔や頭部は濡れたスポンジなどを使用して濡らしてあげると目や鼻、耳に水を入れてしまう心配がないので便利です。

シャワーを怖がる犬の場合は顔から遠いお尻や足元の部分から徐々に前へと濡らしていきましょう。慣れている犬の場合は頭部から順に前から後ろ上から下へ流していきます。

マルチーズの場合は、長い毛にウンチやおしっこのこびりつきが残っている場合があります。そのような時は無理に引っ張らずに、シャワーで濡らして柔らかくしてからとってあげましょう。

シャンプー

シャンプーに慣れていない犬の場合はお尻から順に後から前へ上から下への順に洗って行きます。シャンプーに慣れて怖がらない場合は顔から順に前から後ろへ上から下への順位で洗って行くとよいでしょう。

使用しているシャンプー剤が希釈が必要なものの場合は、シャンプーの前にぬるま湯などで希釈をして用意しておきましょう。

すすぎはできれば頭部の高い位置から流すとすすぎ残しが少ないのですが、嫌がるような場合はお尻から順に流していっても大丈夫です。指の間などの細かい部分にシャンプーが残らないように注意します。

リンス・コンディショナー

リンスもしくはコンディショナーを体全体に馴染ませていきます。

できれば頭部の高い位置から流していくと自然と体全体に広がっていくのですが。慣れていなくて怖がるような場合はお尻から順に手で流していってあげましょう。

全体に馴染んで来たら手でもむように毛に馴染ませていきます。

最期に毛の流れに沿ってすすいでいきますが、これも怖がる場合は顔から遠いお尻から順にすすいでも大丈夫です。足の裏や指の間などはコンディショナーがたまりやすいので注意しましょう。

ドライヤー

シャンプーをした後は自然乾燥させずにドライヤーを使用してしっかりと乾かしていきます。給水タオルで水分をとったあと、バスタオルを使用して全体を拭いていきます。あまりこすらないのがコツのようです。

スリッカーブラシやピンブラシで毛の根元からまっすぐ毛をのばすように梳きながら、根元からしっかりと乾くようにドライヤーを当てていきます。最期にコームを使用して毛玉やもつれがないか確認しながら、被毛に艶を出してあげましょう。

犬の皮膚は人の皮膚よりもはるかに薄いので、ドライヤーをあてる時はやけどに注意が必要です。温風を使用する場合は犬から離して手で温度を確認しながらあてていきましょう。心配な場合はドライヤーの冷風を使用して乾かしても大丈夫です。

犬_素材dog-1037702_640

マルチーズにおすすめのシャンプーは?

マルチーズの真っ白な被毛を守るためにはシャンプーにも気を使ってあげたいところですが、よく市販されている白い被毛の犬種用のホワイトニングシャンプーといわれているものは、漂白剤の成分が入っているために肌が敏感な犬の場合は皮膚トラブルを起こしかねません。

2ヶ月に1度トリミングサロンでシャンプーをしてもらう時にしっかりと白くしてもらえばよいので、自宅では無理にホワイトニングシャンプーを使う必要はないと思います。

自宅で使用するシャンプーはできるだけ肌に優しく、万が一すすぎきれていなくても皮膚トラブルにならないような優しいシャンプーを選んであげるとよいでしょう。

ここでは人気の高い犬用のシャンプーをいくつかご紹介します。

ノバルサン

アメリカで開発された信頼ある薬用シャンプーです。殺菌作用の高いクロルヘキシジンを配合しており皮膚や被毛の殺菌効果があり、膿皮症、真菌症などの皮膚炎に有効だといわれています。また低刺激なので子犬でも使用できます。(皮膚炎を患っている犬に使用する場合は、必ずかかりつけの獣医師の指導の下で使用してください。)

APDC

オーストラリアの植物科学者と共同開発された、植物が本来持っている力を最大限に引き出したシリーズになっています。100%無農薬のティーツリーを主成分に、ユーカリ、シトロネラなど厳選された複数のハーブを使用しています。

ラファンシーズ

犬のスタイルや皮膚の状態にあわせて選ぶことができるようになっています。トリミングサロンなどでも多く使用されているシャンプーで、高品質のシャンプーとして定評の高い物になります。

ZOIC

アミノ酸系の活性剤をベースにしているので、低刺激で泡立ちがよく洗浄力の高いシャンプーになっています。シリーズの中にはホワイトニングシャンプーも用意されており、他のホワイトニングシャンプーよりも低刺激なことから、トリミングサロンなどでも取り入れられている商品になっています。

適切なシャンプーの頻度は?

マルチーズのきれいな被毛を保つためには月に1回~2回、夏場は汗や皮脂の分泌が増えるので月に2回~3回の頻度が丁度良いといわれています。

脂漏症などが心配だからといって回数を増やしてしまうと、皮膚や被毛を保護するために必要な皮脂まで落としてしまい、かえってダメージを与えてしまうことになるので注意が必要です。

もしも散歩やドッグランなどへ行って汚れがひどくなってしまった場合は、シャンプーはせずにシャワーやお風呂で汚れを流してあげるとよいですね。

マルチーズ_犬_素材dog-1027549_640

サマーカットの良し悪し

ドッグショーに出陳するための長く伸ばしたスタイルをキープするには、被毛をリボンで巻いて保護したり、食事の時に邪魔にならないように口元の毛を止めておかなければならなかったりと正しい知識がないとなかなか綺麗に保つことは難しいようです。

最近では日々のケアのしやすさや風通しのよいことなどから、通年サマーカットでとおす飼い主の方も多いようです。確かに短くカットしたサマーカットはケアも楽で見た目も可愛いのでおすすめのスタイルですが、注意しておかなければならないこともあるようです。

まず被毛を短くカットすると本来被毛によって守られていた肌が、紫外線やケガ、寄生虫などから無防備な状態になってしまいます。またバリカンを使用して全身を刈り込んでしまう方法だと、皮膚と毛根に負担が大きく毛質が変わって硬くバサバサとした被毛になってしまうこともあるようです。

1年をとおして短く切ったサマースタイルにする場合は、トリミングの費用はやや高くなってしまいますが全身をハサミでカットしてくれるコースを選んで、肌を守れるくらいの長さを残したカットスタイルにしてあげるとよいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【動物看護師が解説】マルチーズにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

体が小さく華奢で、真っ白なその姿はまるでぬいぐるみのようで、とても可愛いマルチーズ。成犬になっても、抱っこが苦にならない位の体重なので、高齢の飼い主さんにも人気の犬種です。見た目とは裏腹にと……

マルチーズ

マルチーズには抜け毛はあるの?ブラッシングの方法は?

マルチーズといえばなんといってもウェディングケープを思わせような、純白で光沢のあるエレガントな被毛ですよね。そんなきれいな被毛でも、抱っこしたら洋服にべったりなんてことになったら嫌なものです……

マルチーズ

真っ白フワフワ!愛嬌たっぷりのマルチーズの飼いやすさについて

紀元前からの長い歴史を持ち、ずっと人々の腕の中で大事に愛されてきた生粋の愛玩犬であるマルチーズ。ウェディングドレスを思わせるような純白の被毛と対照的な真っ黒の瞳が印象的ですね。マルチーズが長……

マルチーズ

ブリーダーからマルチーズを迎える時の選び方・メリット

マルチーズはかなり昔からヨーロッパで愛玩犬として飼われていた犬種です。その小柄な体から、上流階級の人たちからは「抱き犬」として可愛がられました。今でこそ純白の被毛がトレードマークとなっていま……

マルチーズ

イギリス王室も愛した犬の貴族マルチーズのカラーについて

ヨーロッパの貴婦人たちに宝石やアクセサリーのように愛されてきたマルチーズ。自分を美しく見せるファッションの1つのとして、マルチーズの純白の絹のような被毛が喜ばれたようですね。今でもフルコート……

マルチーズ

マルチーズって臭いがするの?マルチーズの体臭ついて

犬を飼う時に気になることの1つが犬の臭いですね。最近の犬の飼育は室内で一緒に生活するスタイルが主流になっているので、尚更家の中にこもる犬の臭いを気にする方が増えているようです。「できれば犬の……

マルチーズ

マルチーズの里親になる方法・マルチーズの里親を探す方法

ふわふわの真っ白い絹糸のような被毛に覆われた、まるでぬいぐるみのようなマルチーズ。長い被毛をリボンで結わき、真っ黒な瞳で見つめられると、思わず抱きしめたくなりますよね。そんなマルチーズの里親……

マルチーズ

マルチーズの寿命ってどのくらい?長く元気でいるためには?

真っ白で艶のある絹のように美しい被毛に覆われたマルチーズ。気品あふれるたたずまいと、はつらつとした身のこなしが魅力的な犬です。近年犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進ん……

マルチーズ

マルチーズの性格や飼う時の注意点をまとめました!

マルチーズの性格 昔も今もコンパニオン犬として人間に愛されているその性格は陽気で社交的です。 マルチーズがかかりやすい病気 遺伝性疾患などは、皮膚病や膝蓋骨脱臼にかかりやすいの……

マルチーズ

シルクのように真っ白な被毛を保つ!マルチーズのシャンプー方法

マルチーズの最大の魅力である純白の絹のような被毛ですが、ちょっとお手入れをさぼると汚れてボサボサの印象になってしまいます。せっかくマルチーズを飼うのならいつも真っ白できれいな被毛を保ってあげ……

マルチーズ

マルチーズの病気〜獣医師が解説するマルチーズのかかりやすい病気〜

昔から人々の心を癒す抱き犬として愛されてきたマルチーズ。その美しい被毛と優しい表情が何よりの魅力ですね。イキイキとして活発な上に、甘えん坊で抱っこされることが大好きという性格も人気の理由でし……

マルチーズ

食べむらが心配なマルチーズ・多い?少ない?エサの量について

絹のような純白で美しい被毛が上品な印象を与えるマルチーズ。実は食べむらがある犬が多く、エサを食べさせることに苦労させられることが多い犬種のようです。エサの量や食べ方は健康を維持するうえではと……

マルチーズ

マルチーズの魅力ってなんだろう?心ひかれるマルチーズの世界

絹のような光沢と滑らかで柔らかい手触りを持つ、長い純白の被毛に覆われているマルチーズ。古くは15世紀からフランスの上流階級のマダム達にお膝犬として愛され、愛玩犬として長い間人々を魅了し続けて……

マルチーズ

マルチーズとのお散歩には首輪がいいの?ハーネスがいいの?

シルクのように白く艶やかな被毛がトレードマークのマルチーズ。豊かな被毛に覆われているマルチーズはなかなか体のサイズはわかりずらいのですが、実はびっくりするほど華奢な体をしています。今回はそん……

マルチーズ

マルチーズ の価格は?購入する方法・里親になる方法は?

絹糸のように真っ白な柔らかく光沢のある毛並みで、古くからヨーロッパを中心に愛玩犬として人々に愛されてきたマルチーズ。愛玩犬としての大人しい一面と活発な気性を併せ持った犬です。そんなマルチーズ……

マルチーズ