2017年5月18日更新

気になる犬の体臭!パピヨンの臭いについてのまとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

長い飾り毛の付いた蝶のような立耳が特徴のパピヨン。ツンと澄ましたような表情がなんとも言えず可愛らしいものですね。でも飼ってみたら「臭いが・・・。」なんてことになったら困ってしまいます。犬の臭いはなぜするのでしょう?パピヨンは臭いがあるのでしょうか?今回はそんなパピヨンの臭いについて調べてみました。

 

パピヨンは体臭が強いの?

パピヨンは臭いの強い犬種なのかを調べてみると、ブラック系のカラーのパピヨンはやや臭いがあるようですが、その他のカラーでは気になるような臭いはないというが一般的なようです。

パピヨンのふわふわとした長くまっすぐな被毛は、室内で飼いやすいように抜け毛の少ないシングルコートになるように、繁殖されてきた歴史があるようです。犬の被毛は大きく分けてダブルコートとシングルコートの2つのタイプがあります。

シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、被毛の中の風通しが比較的よい毛の構造になっています。代表的なところではトイ・プードルや、ヨークシャー・テリア、マルチーズなどがシングルコートの犬種となります。

それに対してダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、寒冷地で育種改良された犬が多いため、下毛によって体温を守るような構造になっています。代表的なところではコーギー、ポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬になります。

ダブルコートの犬種はシングルコートの犬種に比べて被毛の中に風を通しにくい構造になっているため、臭いが被毛の中にこもりやすく臭いが強くなる傾向があり、逆にシングルコートの犬種は臭いがこもりにくいため臭いは弱いといわれています。

papillon-274183_640

犬の体臭とは?

では犬の臭いとは一体なんの臭いなのでしょうか?

犬でも人でもそれぞれが持っている臭いといえば体臭ですね。本来は個を識別するための臭いですが、進化の過程で臭いで個を識別する必要がなくなった人間は、体臭を悪臭と感じるようになってしまったといわれています。

体臭とはどのような仕組みで臭いが発生するのでしょうか?汗には体温を調整するための汗と、フェロモンを含み生殖や個体の識別のために臭いを発する汗の2つの種類の汗があります。このフェロモンを含んだ汗と皮脂が合わさったものが体臭の原因だといわれています。具体的には次のようになっています。

エクリン腺

主に体温調整のための汗腺で、人の場合は全身にあるのに対して犬の場合は足の裏や鼻の頭などの限られた場所にあります。そのため犬は汗による体温調整が苦手だといわれているのです。このエクリン腺からの汗は、ポップコーンと形容されるような少し香ばしいような臭いを発します。ソファーや絨毯など犬が歩くような場所の家具が臭う原因はこのエクリン腺からの臭いによるものだといわれています。

アポクリン腺

この汗腺が臭いを発する汗腺で、人の場合は腋の下などの特定の場所にだけあるのに対して犬の場合はほぼ全身にあります。このアポクリン腺から分泌される汗にはフェロモンが含まれており、エクリン腺から分泌される汗よりも臭いの強い汗になっています。

このフェロモンを含んだ臭いの強い汗を分泌するアポクリン腺は、もう1つの臭いの原因である皮脂を分泌する皮脂腺とつながっています。

そのためアポクリン腺から分泌される汗は2つの臭いの原因である、フェロモンと皮脂が混ざった状態で分泌されることになり、この汗が酸素に触れて酸化し脂肪酸へと変化し、その脂肪酸を好物とする雑菌が繁殖することによって強い臭いを発する体臭となるのです。

 

体臭を予防する方法は?

パピヨンは体臭が弱い犬種だといわれていますが、正しいケアをしていないと長い被毛の中に臭いがこもるようになり段々と臭いが強くなってしまいます。

パピヨンの体臭を予防するために効果的だといわれているケアは次のとおりです。

ブラッシング

パピヨンはシングルコートという毛質をしており、毛が抜け落ちにくい毛質をしています。定期的に死毛や抜け毛を取り除いであげないと、毛同士が絡まってもつれや毛玉の原因になり、臭いがこもるようになってしまいます。

できれば1日1回コミュニケーションを兼ねてブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

飾り毛いがいのブラッシングには、被毛のからみをほどき毛玉や死毛を除去することができる、スリッカーブラシを使用します。耳のつけ根や脇の下などは毛玉ができやすいので、特に十分にブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

ただしスリッカーブラシを使用する場合は、力を入れ過ぎると皮膚を傷めてしまうことがあります。力を入れ過ぎずに皮膚に平行にブラッシングをすることを心がけましょう。また目や太い血管がとおっている耳のふちなどは、ブラシのピンで傷つけないように注意が必要です。

仕上げにはコームを使用してコーミングをおこない被毛の艶をあげてあげます。

飾り毛の部分はとてもデリケートな毛質をしているので、スリッカーブラシを使うと切れたり抜けたりしてしまいます。手間はかかりますがコームで時間をかけて解きほぐしていくと、パピヨンらしいきれいな飾り毛をキープすることができます。

シャンプー

  
シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回のシャンプーが理想的なようです。

パピヨンの場合は特にお尻の周りや股の間の毛は排せつ物が付いて残っていることがあり、臭いの原因になるようです。シャンプーの際には特に注意して洗ってあげましょう。

食事を見直す

臭いの原因の1つである皮脂は、脂質やたんぱく質の多い食事を続けると、分泌が増加する傾向があるようです。特に動物性の脂肪は皮脂の分泌を盛んにしてしまうようで、動物性脂肪が多く含まれたフードやおやつをあげていると分泌が促進されてしまうようです。

「少し臭いが気になる。」「なでると手がベトつく。」など気になる症状がある場合は、食事やおやつの内容を見直して脂質とタンパク質の少ないものへ切り替えていくとよいようです。

素材_shutterstock_259485545

その他の臭いの原因

長毛のパピヨンの場合は体臭以外にも目の周りの涙やけや、耳からの悪臭など気にしておきたい臭いがあります。これらの臭いの中には病気につながってしまうようなものもあるので、対処法などを理解しておくとよいですね。

目やに涙やけの臭い

長毛のパピヨンの場合に多いのが目の周りの涙やけによる臭いです。

目の周りにいつも目やにや涙やけがあるとその部分の皮膚や被毛が濡れた状態が続いてしまい、そこに雑菌が繁殖し臭いを放つことがあります。長毛種の犬種の場合は毛が目に入りやすく、涙やけを起こす犬が多いようです。

できれば1日数回目の周りをチェックして、気になる場合は優しく拭いてあげるとよいでしょう。

歯周病などによる口臭

特に老齢になるにつれて気になってくる口臭ですが、原因は歯についた歯垢です。歯垢は歯についた食べかすに菌が付着し繁殖したもので、この歯垢が石灰化したものが歯石になります。この歯垢から歯石ができることを繰り返すことによって、歯茎や歯自体に菌が繁殖し炎症などをおこすのが歯周病です。

歯周病を予防するには毎日のデンタルケアで歯垢をためないことが大切です。そのためにはできるだけ小さな頃から歯磨きのトレーニングをし、歯磨きに苦手意識をなくしておくとよいですね。またデンタルガムなどを使用するのもよい方法でしょう。

それでもなかなか完全に防ぐことは難しいものです。少しでも異臭を感じたら早めに獣医師に口腔内チェックをしてもらうとよいでしょう。

肛門腺からの臭い

犬が自分の臭いを付けるための臭いを貯めておく袋を肛門腺といいます。肛門腺は字のごとく犬の肛門付近にあり、排泄と一緒に臭いを排出する仕組みになっています。

ただうまく排出されていないような場合、お尻のあたりから強い臭いを放ち始め、放っておくと破裂してしまうこともあります。肛門腺はトリミングの際や動物病院などで絞ってもらうことができますので、定期的に絞ってもらい臭いの軽減につなげるとよいでしょう。

耳の臭い

長くフワフワとした飾り毛が付いた大きな立耳はパピヨンの特徴ですね。立耳の犬は垂れ耳の犬よりも耳の中の風通しがよく、耳からの臭いは少ないといわれています。またパピヨンの場合は飾り毛がありますが耳の中に生える耳毛がない犬種なので、耳掃除の時に耳毛の処理の必要がなくケアも楽なようです。

耳からの臭いの原因は黒くベタッとした耳垢で、この耳垢が溜まった状態を放置しておくと、外耳炎を起こしてしまいます。耳垢が比較的たまりにくいパピヨンですが臭いや外耳炎の防止のために、ブラッシングの時やシャンプーの後などに耳の中が汚れていないか確認しましょう。

ただあまり奥の汚れは無理に取ると鼓膜を傷めてしまう可能性があります。汚れがひどい場合や耳の奥が汚れているような場合は、獣医師やトリマーなど専門の知識のある方にお掃除をお願いするのがよいでしょう。

定期的に耳の掃除をしているのに耳からの悪臭がおさまらない場合は、外耳炎などの耳の病気を発症している可能性があります。できるだけ早めに獣医師の診察を受けるとよいですね。

排泄の後はケアが必要

パピヨンの場合は排泄の時にウンチやおしっこが毛について残ってしまうことがあります。気が付かずにそのままにしておくと毛に絡まって乾いて、臭いの強い毛玉ができてしまいます。排泄の後はお尻の周りや股の間を塗れたタオルで拭いてコームで梳かしてあげましょう。

もしも気が付かずに毛玉ができてしまった時は、無理やり引っ張って取るようなことは皮膚を傷めてしまうのでやめましょう。まず毛玉を濡らしてふやかして、十分に柔らかくなってからコームで梳いてほぐしてあげます。ほぐした後で汚れを綺麗にふき取って、もう1度からまないようにコームでといてあげましょう。

ウンチやおしっこが付きにくくするために、お尻の周りの毛や股の間の毛を短くカットしておくのも効果的です。

素材_papillon-274182_640

臭いのケアでコミュニケーション

いかがでしたか?パピヨンは体臭など犬の臭いがあまり気にならない犬種のようですね。でもパピヨンの中でも耳の垂れたファーレンと呼ばれる犬種がいます。ファーレンの場合は立耳の犬よりも耳のケアが重要になってきます。

臭いのケアは特別に何かをするというよりも、日々のケアを丁寧に行うことが大切です。日々のケアは子犬の頃から癖をつけておくと、スムーズに行えるようになるようです。毎日は大変と考えてしまいがちですが少しだけ時間を割いて、愛犬とのコミュニケーションを楽しむつもりでケアをしてみてはいかがでしょうか?

またパピヨンだけではありませんが、犬の臭いが気になる時はその陰に病気が潜んでいることがよくあります。いつもと違うなど気になる臭いがある時は、早めに獣医師に相談してみるとよいですね。

 
 

関連カテゴリ