2017年5月18日更新

気になる抜け毛!パピヨンのブラッシングの方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

小柄で華奢な体つきと可愛く品のある見た目から、飼って見たい犬として人気の高いパピヨン。パピヨンなどの小型犬は屋外での飼育には向いておらず、飼育する時は屋内飼育が必須です。そこで気になるのが犬の抜け毛ですね。パピヨンは抜け毛があるのか?抜け毛の対策は?などパピヨンの抜け毛のことについて調べてみました。

 

パピヨンは抜け毛が多いの?少ないの?

室内で犬と生活する時に気になることの1つが犬の抜け毛ですね。家に帰るたびに家具が真っ白なんてことになっていたら大変です。できれば抜け毛が少ない犬種がいいと考える方も多いことでしょう。

抜け毛のことを考える時には犬の被毛のタイプを理解しておく必要があります。犬の被毛は大きく分けてシングルコートとダブルコートの2つのタイプに分けられます。

一般的にシングルコートと呼ばれる犬種は抜け毛が少ないといわれています。シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではトイ・プードル、マルチーズ、ヨークシャー・テリアなどがシングルコートの犬種となります。

それに対してダブルコートと呼ばれる犬種は、春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。

シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、ダブルコートの犬は寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛(アンダーコート)が抜け替わることによって、季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギー、ポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬になります。

ではパピヨンはどうなのでしょうか?

パピヨンは現在のように立耳の犬種を生み出す改良の過程で、スピッツやチワワなどとの交配がおこなわれた歴史を持っています。そのため血統によってはスピッツなどのダブルコートの血筋を引いた、抜け毛のある犬が生まれてくることがまれにあります。

しかし室内での飼育のしやすさを考えて、できる限り抜け毛の少ないシングルコートになるようにブリーダーの方々が努力した結果、パピヨンはほとんどの犬が抜け毛の少ないシングルコートの被毛をしています。

シングルコートの犬種はまるで抜け毛がないのかというと、そういうわけではありません。ブラッシングをすると取りきれてしまうくらいの抜け毛なので、服に付いたり部屋に抜け落ちていたりということが少ないということのようです。

素材_dog-1060964_640

パピヨンの抜け毛対策は?

犬の抜け毛の対策は特別なケアは必要ありません。ブラッシングやシャンプーなどの日頃のケアを正しく定期的に行うことが大切です。

パピヨンはマルチーズやヨークシャー・テリアのように被毛が伸び続ける毛質をしていないので、定期的にトリミングに出さなければスタイルがキープできないということはなく、シングルコートの犬種の中では比較的被毛のケアが楽な犬種だといわれています。

パピヨンのケアの仕方をご紹介しましょう。

ブラッシング

パピヨンの毛質は同じシングルコートのマルチーズやヨークシャー・テリアとは異なり、ある程度の長さが来ると抜け落ちる毛質をしています。ダブルコートの犬種のようにブラッシングをしても抜け毛が気になるような抜け毛の量ではありませんが、定期的にブラッシングをしないと家具や服に抜け毛が付いて気になるようなこともあるようです。

またパピヨンの特徴でもある耳や尻尾の飾り毛は、とても切れやすく絡まりやすい毛質をしています。きれいな飾り毛を維持するためにもできれば毎日のブラッシングが望ましいのですが、難しい場合は最低でも3日に1回はブラッシングをしてあげましょう。

飾り毛いがいのブラッシングには、被毛のからみをほどき毛玉や死毛を除去することができる、スリッカーブラシを使用します。耳のつけ根や脇の下などは毛玉ができやすいので、特に十分にブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

ただしスリッカーブラシを使用する場合は、力を入れ過ぎると皮膚を傷めてしまうことがあります。力を入れ過ぎずに皮膚に平行にブラッシングをすることを心がけましょう。また目や太い血管がとおっている耳のふちなどは、ブラシのピンで傷つけないように注意が必要です。

仕上げにはコームを使用してコーミングをおこない被毛の艶をあげてあげます。

飾り毛の部分はとてもデリケートな毛質をしているので、スリッカーブラシを使うと切れたり抜けたりしてしまいます。手間はかかりますがコームで時間をかけて解きほぐしていくと、パピヨンらしいきれいな飾り毛をキープすることができます。

シャンプー

シャンプーは回数が多すぎても少なすぎても逆効果になってしまいます。おおよそ月に1回~2回のペースでシャンプーをしてあげるとよいでしょう。

人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

スポンジを用意しておくと顔を洗う時に目や耳に水を入れることなく顔を洗うことができるので便利です。

またシャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れをおとしておきましょう。毛の絡みをしっかりととってからシャンプーをしないと、絡んでいる場所がフェルトのような状態になってしまいます。しっかりと毛を梳いてからシャンプーをするようにしましょう。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

imasia_13495825_S

トリミング

トリミングには見た目を綺麗にするだけではなく、皮膚や被毛の状態を確認しながら健康に保つ役目があります。

パピヨンは伸び続ける毛質をしている犬種ではないので、カットが必要な部分は足回りやお尻の周りくらいになります。スタイルのキープだけを考えれば自宅でのトリミングでも十分に思えますが、肌や被毛の健康面を考えるとしっかりとした技術と知識のあるトリマーの方に、定期的にトリミングをしていただくことをおすすめします。

健康的な肌や被毛を保つためには、トリミングの頻度は2ヶ月に1回くらい理想的だといわれています。

 

脱毛症には注意が必要

あまり抜け毛の多くないパピヨンですが、普段よりも抜け毛が多くなったと感じた時は注意が必要です。

パピヨンのかかりやすい病気の1つに犬の脱毛症があります。脱毛症とひとくくりにしてしまうと、原因が1つのように思ってしまいがちですが、犬が脱毛症になる原因には様々なものがあります。主なものは次のようになります。

  • アトピー性皮膚炎による脱毛
  • ノミ・ダニなどの寄生虫による皮膚炎による脱毛
  • 真菌や細菌による感染症による脱毛
  • クッシング症候群のようなホルモン異常が原因による脱毛
  • 環境の変化などストレスによる脱毛

脱毛の症状は原因によって異なりますが、10円ハゲのように局所的に出る場合や、全身が薄毛になってしまうようなケースもあるようです。愛犬の毛の抜け方がいつもと違うなと感じたら、早めにかかりつけの獣医師に相談するとよいですね。

素材_papillon-274182_640

パピヨンの抜け毛が1番気になる時期は?

パピヨンは生後4ヶ月くらいからパピーコートから成犬のコートへと生え変わるといわれています。この時期をハゲ期やサル期と呼ぶこともあるようで、優雅な見た目がチャームポイントのパピヨンが、もっとも恰好がつかない見た目になってしまう時期でもあります。

また抜け毛が少ないといわれているパピヨンの抜け毛が多くなる時期でもありますが、この時期の抜け毛は皮膚にかゆみが出たり、部分的にハゲてしまったりしなければ心配することはありません。

パピーコートが抜けると大人の毛が伸びてくるのですが、大人の毛の伸び方には個体差が大きいようです。1歳にはすっかりエレガントな見た目になってしまう犬もいれば、3歳を過ぎるまでなかなか生えそろわない犬もいるようですね。特に特徴的な耳の飾り毛は血統などによっても長かったり、短かったりと異なるようです。

コートの成長にあわせて表情が変わっていくのも、パピヨンを飼う楽しみの1つかもしれません。