2017年5月17日更新

美しい飾り毛を綺麗に保ちたい!パピヨンのシャンプー方法

パピヨンといったらなんといっても蝶々のような大きな立耳と、耳や尻尾に生えた長く柔らかな美しい飾り毛ですよね。パピヨンの飾り毛はもつれやすく切れやすい毛質をしているため、長さを保って綺麗にしておくのはなかなか大変なようです。今回はパピヨンの飾り毛を美しく保つために必要なシャンプーの方法ついて調べてみました。

パピヨンの毛質を理解しよう

パピヨンのフワフワとした被毛は一見ダブルコートの犬種のように思われがちですが、パピヨンはシングルコートの犬種になります。

シングルコートの犬種は主に温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではヨークシャー・テリア、トイ・プードル、マルチーズなどがシングルコートの犬種となります。

シングルコートの犬種には抜けにくい代わりに伸び続けるという毛質が多いのですが、パピヨンは交配の過程でポメラニアンなどのダブルコートの犬種との交配がおこなわれた歴史があるためか、一定の長さになると死毛となって抜け落ちる毛質をしています。

そのことからパピヨンはシングルコートで長毛の犬種の中では、定期的なカットの必要がなく自宅でも手入れができるケアのしやすい犬種だといわれています。しかしパピヨンの毛質は柔らかく絡まりやすいので毛玉やもつれができやすく、綺麗な状態を保つためには毎日のブラッシングと定期的なシャンプーが必要になります。

またパピヨンの特徴でもある長く柔らかい飾り毛は絡まりやすく切れやすい毛質をしているので、特徴的な綺麗な見た目を保つためにはブラッシングやシャンプーの際に十分に注意をしてあげる必要があるようです。

imasia_13495825_S

シャンプーの仕方

では飾り毛を綺麗に保ちつつ、皮膚や被毛を健康で清潔な状態に保つシャンプー方法とはどのようなものなのでしょうか?

小柄で華奢なパピヨンは小さいころから慣らしておけば、自宅でシャンプーすることも比較的簡単におこなうことができます。ここでは自宅でシャンプーをおこなう手順とコツをご紹介しましょう。

ブラッシング

シャンプーをする前にはしっかりと抜け毛を取り除くためにブラッシングをします。

まず被毛のもつれや毛すきに効果があるスリッカーブラシを使用して、体全体の抜け毛の除去と毛の絡みをほぐしてあげます。この時もしっかりと上毛をかき分けながら下までブラシが届くようにしましょう。

ただしスリッカーブラシは強く皮膚に押し付けると、皮膚を傷めてしまいます。梳く時は皮膚に平行になるように梳いていきましょう。

梳かしにくい耳や足のつけ根部分、わきの下、内股、お尻の周りはピンブラシを使って毛並みに逆らうようにブラッシングしましょう。最期にコームを使用して毛玉や毛のもつれが残っていないかを確認します。

飾り毛はとても弱く力を入れて引っ張ってしまうとすぐに抜けてしまいます。スリッカーブラシやピンブラシは使わずにコームブラシを使用して、毛玉やもつれがあった場合は無理に引っ張らないよう丁寧に気長にほぐしていくようにしましょう。

ブラッシングでしっかりと毛玉やもつれをとらずにシャンプーをしてしまうと、フェルトのような状態になってしまいます。梳き残しがないようにしっかりとブラッシングをしましょう。

シャワー

シャワーの前に肛門腺を絞ります。尻尾を持ち上げて肛門の斜め下をつまんでしぼり上げます。臭い液体が出ますので洗い流してあげましょう。

使用するお湯はややぬるめの(36℃~38℃)に設定しておきます。毛の表面だけでなく皮膚までしっかりとお湯を行きわたらせるために、シャワーヘッドを体に密着させて滑らせるようにシャワーをするとよいようです。

顔や頭部は濡れたスポンジなどを使用して濡らしてあげると目や鼻、耳に水を入れてしまう心配がないので便利です。

シャワーを怖がる犬の場合は顔から遠いお尻や足元の部分から徐々に前へと濡らしていきましょう。慣れている犬の場合は頭部から順に前から後ろ上から下へ流していきます。

パピヨンの場合は、長い毛にウンチやおしっこのこびりつきが残っている場合があります。そのような時は無理に引っ張らずに、シャワーで濡らして柔らかくしてからとってあげましょう。

シャンプー

シャンプーに慣れていない犬の場合はお尻から順に後から前へ上から下への順に洗って行きます。シャンプーに慣れて怖がらない場合は顔から順に前から後ろへ上から下への順位で洗って行くとよいでしょう。

使用しているシャンプー剤が希釈が必要なものの場合は、シャンプーの前にぬるま湯などで希釈をして用意しておきましょう。

すすぎはできれば頭部の高い位置から流すとすすぎ残しが少ないのですが、嫌がるような場合はお尻から順に流していっても大丈夫です。指の間などの細かい部分にシャンプーが残らないように注意します。

リンス・コンディショナー

リンスもしくはコンディショナーを体全体に馴染ませていきます。

できれば頭部の高い位置から流していくと自然と体全体に広がっていくのですが。慣れていなくて怖がるような場合はお尻から順に手で流していってあげましょう。

全体に馴染んで来たら手でもむように毛に馴染ませていきます。

最期に毛の流れに沿ってすすいでいきますが、これも怖がる場合は顔から遠いお尻から順にすすいでも大丈夫です。足の裏や指の間などはコンディショナーがたまりやすいので注意しましょう。

ドライヤー

シャンプーをした後は自然乾燥させずにドライヤーを使用してしっかりと乾かしていきます。給水タオルで水分をとったあと、バスタオルを使用して全体を拭いていきます。あまりこすらないのがコツのようです。

水分が十分にふき取れたらドライヤーを当てていきます。最期にコームを使用して毛玉やもつれがないか確認しながら、被毛に艶を出してあげましょう。生乾きの状態でブラッシングをするとパピヨンの場合は被毛が切れてしまいます。根元までしっかりと乾かしてからブラッシングをするようにしましょう。

犬の皮膚は人の皮膚よりもはるかに薄いので、ドライヤーをあてる時はやけどに注意が必要です。温風を使用する場合は犬から離して手で温度を確認しながらあてていきましょう。心配な場合はドライヤーの冷風を使用して乾かしても大丈夫です。

素材_dog-1060964_640

パピヨンにおすすめのシャンプーは?

パピヨンの被毛はとてもデリケートで切れやすい毛質をしているので、シャンプーも被毛を守り保湿力の高い物がよいといわれています。

ここでは人気の高い犬用のシャンプーをいくつかご紹介します。

PlushuPuppy

オーガニック素材で作られたシャンプー、コンディショナー、フィニッシュ剤になっています。犬種別におすすめの商品がわかるようになっており、どの商品を選べばよいかわかりやすくなっているのも特徴です。

ラファンシーズ

犬のスタイルや皮膚の状態にあわせて選ぶことができるようになっています。トリミングサロンなどでも多く使用されているシャンプーで、高品質のシャンプーとして定評の高い物になります。

ZOIC

アミノ酸系の活性剤をベースにしているので、低刺激で泡立ちがよく洗浄力の高いシャンプーになっています。シリーズの中には長毛種用のシャンプーとリンスがあり、トリミングサロンなどでも取り入れられている商品になっています。

適切なシャンプーの頻度は?

パピヨンはあまり臭いが強い犬種ではなく皮脂の分泌も多い方ではないので月に1回程度のシャンプーで十分だといわれています。あまり回数を増やしてしまうと皮膚や被毛を保護するために必要な皮脂まで落としてしまい、かえってダメージを与えてしまうことになるので注意が必要です。

もしも散歩やドッグランなどへ行って汚れがひどくなってしまった場合は、シャンプーはせずにシャワーやお風呂で汚れを流してあげるとよいですね。

パピヨン

静電気を予防して綺麗な被毛を保ちましょう!

柔らかく切れやすい毛質をしているパピヨンにとって、綺麗な被毛を守るためには静電気は大敵です。静電気が起きることによって被毛が絡まりやすくなり、毛玉や切れ毛の原因になってしまうからです。

犬の静電気は犬の被毛と乾燥した空気が摩擦を起こすことで発生します。静電気を起こさせないためにはこの摩擦を防いであげる必要があります。そのためにはブラッシングの前に静電気防止用のスプレーを使用するとよいようです。

犬用の静電気防止スプレーはペットショップでも販売されています。特にデリケートな飾り毛の部分には使用してあげたいところですね。またシャンプーの後に保湿力の高いコンディショナーを使用することも、静電気を防止する効果があります。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

パピヨンの性格や飼う時の注意点をまとめました!

起源はトイスパニエルの変種といわれていて、大きな耳は昔は垂れているのが一般的だったそうです。変異で立ち耳が誕生したことにより、たち耳のチワワやヨーロッパ大陸の北方スピッツ犬種と交配させ改良を……

パピヨン

パピヨンの病気〜獣医師が解説するパピヨンのかかりやすい病気〜

フランス語で「蝶」という意味を持つパピヨン。美しい毛で飾られた耳が蝶のようであることから名付けられ、その名の通りの優美な姿で昔から愛されてきました。豊かな被毛で覆われた体はとても華奢なので、……

パピヨン

パピヨンの里親になるには?パピヨンの里親を募集するには?

大きな耳から生えた長くてふわふわの被毛、まるで大きなリボンを頭にのせたような姿のパピヨン。少し臆病なところもありますが、人懐っこく遊び好き。そんなパピヨンの里親になる方法や、里親になるための……

パピヨン

思った以上の運動量にびっくり!パピヨンの散歩についてのまとめ

蝶が羽を広げたような大きな耳にエレガントな飾り毛が綺麗なパピヨン。華奢な見た目から室内でのんびりと過ごしていそうな印象ですが、実はとっても活発で遊び好きな犬が多いようです。そのギャップもまた……

パピヨン

気になる犬の体臭!パピヨンの臭いについてのまとめ

長い飾り毛の付いた蝶のような立耳が特徴のパピヨン。ツンと澄ましたような表情がなんとも言えず可愛らしいものですね。でも飼ってみたら「臭いが・・・。」なんてことになったら困ってしまいます。犬の臭……

パピヨン

アジリティーだってOK!活発なパピヨンと一緒にドッグランへ行くには?

エレガントな見た目と華奢な体つきから上品にお澄まししているようなイメージのパピヨン。実はフリスビーでもアジリティーだってこなしちゃう賢く活発な犬種なのです。パピヨンを飼うなら一緒にドッグスポ……

パピヨン

パピヨンのおすすめブログ 6選

16世紀のヨーロッパで人気だったパピヨン。かのマリーアントワネットも寵愛したとか。パピヨンと言えばバタフライ・イヤーと呼ばれる大きな耳が特徴的ですね。耳が蝶のように見える事から、フランス語で……

パピヨン

お洒落な洋服も似あっちゃう!パピヨンに洋服は必要?

エレガントな飾り毛のついた蝶々のような耳と、背中に背負ったリスのような尻尾が上品なパピヨン。パピヨンはどんな洋服もお洒落に着こなしてしまう犬の中のファッションリーダーのような存在ですね。でも……

パピヨン

美しい飾り毛を綺麗に保ちたい!パピヨンのシャンプー方法

パピヨンといったらなんといっても蝶々のような大きな立耳と、耳や尻尾に生えた長く柔らかな美しい飾り毛ですよね。パピヨンの飾り毛はもつれやすく切れやすい毛質をしているため、長さを保って綺麗にして……

パピヨン

蝶々のようなお耳が可愛いパピヨンの飼いやすさについて

蝶々が羽を開いて頭に止まっているようなエレガントな姿が特徴のパピヨン。見た目の上品さと小柄で華奢な体つきなどから室内で飼いやすい犬種として名前があがることも多いですね。ちょっと気ままなで小悪……

パピヨン

オヤツばかりでエサを食べない・パピヨンのエサの量について

パピヨンのエサで検索をすると「おやつは食べるけど、エサをなかなか食べてくれなくて。」というお悩みをよくみかけます。なかには「エサにはまるで執着がなくて、どうやって食べさせたらいいの?」という……

パピヨン

【動物看護師が解説】パピヨンにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

近所の散歩をしている犬を見ると、よく見かけるパピヨン。身体が非常に細く小さい個体もいれば、被毛が豊富に生えていて体がガッシリして見える個体もいるでしょう。鼻が長くキツネのような顔をしていたり……

パピヨン

備えが肝心!パピヨンにおすすめのペット保険は?

可愛い愛犬とのお別れの時なんて、犬が好きな人なら誰だって考えたくないものですね。でも犬も生き物です。ケガをすることもあれば病気になることもあります。万が一の時に経済的なことで治療をためらうよ……

パピヨン

華奢で小柄なパピヨンには首輪がいいの?ハーネスがいいの?

柔らかく長い被毛と美しい飾り毛が特徴的なパピヨン。パピヨンのお散歩デビューの頃になると気になるのは首輪?それともハーネス?ということではないでしょうか。「可愛い首輪を付けてあげたい。」「でも……

パピヨン

耳だけじゃない!色彩豊富なカラーも魅力なパピヨンのカラーについて

パピヨンといえば蝶々の羽のような美しい耳!でもパピヨンの魅力は耳だけじゃありません。上品なカラーも魅力の1つですね。パピヨンのカラーは実はとてもバリエーションが豊富なことをご存知ですか?成長……

パピヨン