2017年5月18日更新

ちょっと心配!フレンチ・ブルドッグエサの量について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペチャっとつぶれた鼻と大きな目、愛嬌のある仕草で飼い主を喜ばせてくれるフレンチ・ブルドッグ。がっしりと厳つい見た目から丈夫で強そうな印象ですが、実はブルドッグ同様に心配な病気が多いことで知られています。今回はそんなフレンチ・ブルドッグについて、エサの適量や食べさせ方などについて調べてみました。

 

フレンチ・ブルドッグのエサの適量は?

フレンチ・ブルドッグはとても食欲旺盛で、エサもよく食べてくれます。

鼻をフガフガ鳴らしながらうれしいそうに食べてくれると、欲しがるままにあげてしまいたくなってしまいますが、フレンチ・ブルドックは太りやすい体質をしているので欲しがるだけあげてしまうと肥満につながってしまいます。

また消化器官が他の犬種と比べて非常に短いため消化不良を起こしやすく、食べ過ぎると嘔吐や下痢を起こしやすい犬種でもあります。ちょっと物足りなさそうで可愛そうに思うかもしれませんが、フレンチ・ブルドックの健康を守るためには、体格に合わせたエサの適量を守ってあげることが大切なのです。

エサの適量の割り出し方には色々な方法があります。ここでは一般的によく用いられる算出方法をいくつかご紹介します。

体重から割り出す方法

おおよそ体重の2.5%の量が適量といわれています。カロリーでいうと体重1kgあたり50~110カロリーの計算になります。

ただしこれは成犬の場合の計算になるので、成長期の子犬の場合は約2倍、逆にシニア期の犬の場合は2~3割少なめに与えるとよいといわれています。

パッケージの記載量を目安にする

市販のフードの場合はパッケージに給仕量が記載されているものがほとんどになります。記載されている量を目安に運動量や太り気味であるかなどを考慮して、エサの量を決めていくとよいといわれています。

係数から計算する方法

年齢や月例、体質などの係数を使用して1日に必要なカロリーを割り出す方法です。次のような式を使用します。

  • 安静時の必要エネルギー=70×(適正体重)の0.75乗
  • 1日の必要エネルギー=安静時の必要エネルギー×ライフステージ係数

ライフステージ係数

  • 4ヶ月まで:3.0
  • 4ヶ月以降体重増加が止まるまで:2.0
  • 避妊・去勢をしている成犬:1.6
  • 避妊・去勢をしていない成犬:1.8
  • 肥満気味の場合:1.2~1.4

犬_素材dog-126165_640

個体差にあわせたエサの適量の見極めは?

フレンチ・ブルドッグは食べ過ぎると消化不良を起こしやすい犬種であることは前にも書いた通りですが、消化器官の長さや消化能力は個体差があり、同じ体格をしているからといって同じ量が適量だとは限らない難しさがあります。

個体差にあわせたエサの量の見極め方で1番よいのといわれているのが便の硬さを見る方法です。便が柔らかい状態が続く場合は与え過ぎ、逆にポロポロと硬い便が続く場合は少な過ぎだと考えられています。

丁度よい便は硬さが耳たぶくらいの柔らかさで、拾うと便のあとが少し残るくらいがよいといわれています。

便の状態は健康のバロメーターともいわれています。消化器官に心配のあるフレンチ・ブルドックの場合は特に毎日の便の状態を確認しながら、その時の体の調子に合わせてエサの量を調整してあげるとよいですね。

 

月例や年齢によるエサの与え方

月例や年齢によってもエサの与え方や適量は異なってきます。特に体を作っていく時期でもある子犬の頃のエサの与え方は重要で、成長にあわせて量や与え方を調整してあげる必要があります。

成長の度合いは犬それぞれに個体差があるので体の大きさや、便の状態を見ながら決めていく必要がありますが、一般的にいわれているのは次のとおりになります。

2ヶ月~3ヶ月

このころに子犬を引き取った場合は、急な変化による胃腸障害を起こさないために、量や回数、食べ物の硬さなど基本的に引き取った時と同じようにして与えます。

自宅で出産した子犬の場合は、市販の離乳食やパピー用の高カロリーのフードを与えます。ドライフードの場合はお湯や犬用のミルクでふやかしてあげるようにしましょう。

食事の回数は3回~4回が目安になります。

4ヶ月~7ヶ月

ドライフードの場合は便の様子を見ながら少しずつ硬い状態で食べられるようにしていきましょう。おやつもこの時期から開始します。

食事の回数は2回が目安になります。

犬_素材dog-1224267_640

8ヶ月ころ

成犬として体ができてきて体重の増加がおさまってきます。成犬用のフードに変えていく時期ですが、いきなり変えてしまうと胃腸障害につながってしまいます。もともと食べているフードに少しずつ混ぜて慣らしていくとよいでしょう。

便の状態が変わらないようなら1週間くらいを目安に切り替えていくとよいようです。

食事の回数は2回が目安になります。

9ヶ月~7歳

できるだけ体重の増減のない状態を保つような食事を心がけます。成犬用のフードを与えていても体重が増えて行ってしまうような場合は、食事量を減らすかダイエット用のローカロリーの物に切り替えましょう。

その際はできればかかりつけの獣医師に相談し、適したフードをアドバイスしてもらうとよいですね。

食事の回数は2回が目安になります。

8歳以降

シニア期に入ってきて消化機能や噛む力が衰えてきます。ドライフードの場合はふやかすなどして柔らかい状態の物を与えるようにしましょう。フードは高タンパク低カロリーのシニア用のフードに切り替えていくとよいでしょう。

食事の回数は2回~3回が目安ですが、歯が抜けたりして1回に多くの量を食べることが難しい場合は、1回の食事量を減らして回数を増やしてあげるようにしましょう。

アレルギーに注意!

フレンチ・ブルドッグのエサの与え方で注意が必要なことは、消化不良や肥満の他に食物アレルギーの問題があります。

フレンチ・ブルドッグはアレルギー性の皮膚炎にかかりやすい犬種だといわれています。食べ物によるアレルギー性皮膚炎の症状は耳や目の周り、唇、わきの下、後ろ足のつけ根などにかゆみをともなう赤い発疹ができます。

食物アレルギーの原因の1つはタンパク質だといわれています。また犬はもともと穀物を消化することが難しいといわれており、消化器官の短いフレンチ・ブルドッグの場合は消化不良やアレルギーの原因になってしまうことがあるようです。

アレルギーを起こしているアレルゲンの特定は、動物病院でアレルギー検査を受けなければはっきりとはわかりませんが、エサの量を調整しても便の状態がゆるかったり嘔吐をするような場合は、予め消化・分解されたたんぱく質を使用したフードやグレインフリーといわれる穀物を除いて作られたフードに切り替えてみるのもよいでしょう。

また発疹が出ていたり、やたらと痒がるなどのアレルギー性の皮膚炎が疑われる症状が現れている場合は、早めにかかりつけの獣医師に相談するようにしましょう。

imasia_11102818_S

食事は運動の後で

フレンチ・ブルドッグは食べたエサを形が残ったまま吐き出してしまうことが多い犬種としても知られています。吐き出しの原因は水の飲み過ぎであったり、アレルギーや軟口蓋過長症などの病気が原因であったりと様々ですが、食後すぐに激しい運動をしたような場合にも多くなる傾向があるようです。

フレンチ・ブルドッグは鼻がつぶれた骨格で、息苦しそうな呼吸をすることはご存じのとおりです。もともと気管が細いところにお腹がいっぱいな状態が加わるのですから、激しい運動をすれば呼吸が追い付かなくなり気持ちが悪くなってしまうのは明らかですね。

フレンチ・ブルドッグの場合はエサは散歩の後で、エサを食べた後はできるだけ30分~1時間は安静な時間をとってあげるようにしてあげるとよいでしょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード