2016年11月5日更新

【スペシャルキャットフードのすすめ】猫本来の食生活に近いグレインフリーフードのメリットとおすすめグレインフリーフード

猫のフードを探していると最近目につくのが「グレインフリー」という言葉。猫のフードに敏感な飼い主さんにとっては当たり前になってきた「グレインフリー」のキャットフードですが、まだまだ知らない人も多いようです。

「グレイン」とは英語で穀物のこと。「グレインフリーフード」とは穀物が入っていないフードのことを意味しますが、「そもそもなぜ、穀物が問題になるのか」と思う飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんね。今回は「グレインフリーキャットフード」についてご紹介しましょう。

「グレインフリー」はなぜ猫にとって良いの?

猫はもともと肉食動物ですので、体の維持に必要な栄養分の多くを生肉などのタンパク源から摂取しています。生命維持にはもちろん炭水化物も必要ですが、猫は炭水化物を口から摂取するのではなく、タンパク質を分解し体内で糖を生成することで補っています。当然、体の作りも人間と違って肉食仕様。猫のだ液のなかには炭水化物を消化する酵素(アミラーゼ)がありませんし、腸も雑食である人間などに比べて短くできています。このため、大量の炭水化物の消化しようとすると消化器官に大きな負担がかかってしまうのです。

しかしながらキャットフードとして出回っているフードの多くには、かさ増しのためにとうもろこし、小麦などの穀物(つまり炭水化物)が含まれています。質の良くないキャットフードの場合、タンパク質よりも穀物の方が多く含まれているという場合さえあるのです。そこで見直されているのが、猫本来の食生活に立ちかえって作られているグレインフリーフード。肉類などタンパク質をメインとし、穀物を含まないため、消化に良く、アレルギーが起きにくいというメリットが報告されています。

猫が必要とする体重1kgあたりのタンパク質は人間の5倍だと言われています。ご飯にかつおぶしのねこまんまは言語道断ですが、それと同じようにグレインが入ったキャットフードも猫の体には良くないのです。猫の健康を第一に考えるなら、グレインフリーのフードは当然の選択なのです。

グレインフリーキャットフードおすすめ①ニュートロナチュラルチョイスキャットフード穀物フリー アダルト サーモン

ニュートロナチュラルチョイスは、厳選した自然素材を使って自社工場で生産されているキャットフード。こちらの「穀物フリー」はアレルゲンになりがちな穀物を一切使用していないだけでなく、主原料のタンパク源にもアレルギーを起こしにくい原料を使用しています。

種類は「サーモン」と「ダッグ」の2種。いずれも、生の原料を使用し低温管理で素材の鮮度や美味しさを保っています。ニュートロ独自の抗酸化成分による免疫力維持、ビートパルプによる整腸効果も期待できるなど、猫の健康をトータルでサポートすることができます。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象: 成猫用
  • 内容量:500g、2kg

ニュートロナチュラルチョイスキャットフード穀物フリー アダルト サーモンはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ②ウェルネス コア 成猫用オリジナル

ウェルネス コアは自然素材を厳選したペットフード。第一原材料には骨抜き七面鳥を使用し、米や玄米などの穀物の代わりに消化の良いじゃがいもを加えました。タンパク質の量は同社の「骨抜きチキン&米」に比べて約25%多い構成となっています。高い消化率と乳酸菌の配合で消化器官の健康を守るとともに、オメガ3&6の配合で皮膚や被毛の健康もケア。マグネシウム含有量にも配慮し、猫に多いストルバイト尿石を防ぐ働きも期待できます。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象: 1歳以上
  • 内容量:400g

ウェルネス コア 成猫用オリジナルはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ③ナチュラル&デリシャス グレインフリー・キャットフード

ファミリアペットフードはイタリアで40年以上の歴史をもつペットフードメーカー。ナチュラル&デリシャスは高品質の動物性タンパク質=70%、フルーツ・ミネラル・野菜=30%、そしてグレイン0%をコンセプトにフードを作っています。

味は「チキン&ザクロ」「ワイルドボア%アップル」「ラム&ブルーベリー」「フィッシュ&オレンジ」と4種類。飽きっぽい猫の飼い主さんには嬉しいバリエーション展開です。トレーサビリティで原材料の管理を行うと同時に在庫をもたずに常に新鮮な商品を提供する姿勢には信頼がおけます。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象: 成猫用
  • 内容量:300g、1.5kg

ナチュラル&デリシャス グレインフリー・キャットフードはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ④クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード

穀類、豆、コーン、果実などの種子類を一切使用しない完全グレインフリーのキャットフード。主原料はギンヒラス、真鯛、シロギスなどの白身魚です。消化酵素、ビタミン、プロバイオテックス(乳酸菌など)、10種のアミノ酸など、加熱すると効果が半減してしまう栄養素については調理加工後に非加熱で配合することで、体の健康を効果的にサポートしています。消化器官の弱い猫にも特におすすめのフードです。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象: 幼猫から高齢猫まで
  • 内容量:900g、1.81kg、4.54kg

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフードはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑤アカナ パシフィカキャット

アカナ パシフィカキャットはカナダ北西太平洋産の新鮮で質の高いサーモン、ニシン、カレイなどを贅沢に使用したカナダらしいペットフード。ノースバンクーバーで水揚げされた魚は氷漬けの新鮮な状態でアカナの工場に運ばれ、保存料を一切使用せずに加工しています。低炭水化物にするため、穀類やじゃがいもは一切使用せず、代わりに赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、イエローピース、ひよこ豆などを使用しています。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象: 幼猫~高齢猫
  • 内容量:340g

アカナ パシフィカキャットはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑥ハッピーキャット ラ・キュイジーヌ

食べ物に敏感な猫のために安全で美味しいフードを開発したいという思いで作られたドイツのブランド。人間の食用に適したヒューマングレイドの肉や魚を使用したグルテンフリー&グレインフリーのプレミアムフードです。味の種類にはオーガニックチキンを主原料にした「ビオゲフルーゲル」、鴨が主原料の「エンテ」、チキンとシーフィッシュが主原料の「シーフィッシュ」、ラビット&ビーフが主原料の「カニンヘン」などがあり、猫の嗜好性も充分配慮されています。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象: 成猫~高齢猫
  • 内容量:300g、1.8kg

ハッピーキャット ラ・キュイジーヌはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑦カナガンキャットフード

イギリス発のプレミアムキャットフード。イギリス産の平飼いのチキンを60%以上使用。さらに食物繊維を含むサツマイモ、ミネラルを多く含む海藻、ビタミンCを豊富に含み尿路結石を防ぐクランベリー、免疫力を高めるマリーゴールドなどの野菜やハーブを約30%使用しています。もちろん不要な人工添加物などは一切使用していません。

ドライフードのほかにチキンとサーモンの旨みが詰まったウェットフード(缶)もあり、こちらもグレインフリーです。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:子猫~高齢猫
  • 内容量:1.5kg(ドライ)、75g (ウェット)

カナガンキャットフード(ドライ)はこちらへ

カナガンキャットフード(ウェット)はこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑧オリジン キャット&キティ

放し飼いされた鶏肉や七面鳥肉、卵、地元カナダの新鮮なサーモンなどを原材料にして作られたキャットフード。肉類に関しては自然の環境で食べるのと同様の配分で正肉、臓器、軟骨などを配合し、猫本来の食生活に近づけるホールプレイの考え方をコンセプトにしています。

穀類は一切使用せず、赤レンズ豆、日干しアルファルファ、乾燥昆布、かぼちゃ、リンゴ、梨、カモミールなど多彩な野菜&果物を配合した低炭水化物のフードです。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:子猫~成猫
  • 内容量:340g、2.27kg、6.8kg

オリジン キャット&キティはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑨アートゥー キャットフード

動物性タンパク質をチキンに限定し、全体の85%の割合で使用しているキャットフード。残りの15%には「スーパー8」をキーワードに、8種の野菜(サツマイモ、エンドウなど)、8種の果物(リンゴ、クランベリーなど)、8種のハーブ(シナモン、オレガノ、セージなど)、8種の植物由来成分&スパイス(セイヨウイラクサ、海藻など)を配合しています。グレインフリー、グルテンフリーでじゃがいもなども使用していません。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:成猫
  • 内容量:200g

アートゥー キャットフードはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑩ファンタジーワールド オーブンベイクフリー

フレッシュな骨なしチキンとホワイトフィッシュを主原料とし、かぼちゃピューレ、クランベリー、ブルーベリー、ニンジン、りんごなど、さまざまな野菜を配合したグレイン&グルテンフリーのキャットフード。原材料すべてをパンをこねるように合わせてからオーブンで焼くことにより、粒が堅くならないよう配慮した製法がユニークです。オメガ3&6、グルコサミン、コンドロイチンなど皮膚、被毛、関節の健康をサポートする成分も配合されています。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:成猫~高齢猫
  • 内容量:100g

ファンタジーワールド オーブンベイクフリーはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑪ヤラー オーガニックキャットフードグレインフリー

ヤラーのキャットフードは、オランダの「Skal」と、スウェーデンの「KRAV」の2つの機関から安全な食品としての認証を受けた、正真正銘のオーガニックキャットフード。フードに穀物、添加物、合成保存料、着色料を使用していないだけでなく、有機飼育された畜産と有機野菜を使った安全なフードです。味はフィッシュとチキンの2種類があります。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:子猫~成猫
  • 内容量:300g、800g、3kg

ヤラー オーガニックキャットフードグレインフリーはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑫ナウフレッシュ アダルトキャット

タンパク源に乾燥肉粉や副産物を一切使わず、生のターキー、ダッグ、サーモンなどを使用しているキャットフード。豊富な栄養を含んだフィトケミカル、えんどう豆、じゃがいも、りんごなどの野菜&果物を配合し猫の健康をサポートします。90℃の低温でじっくり時間をかけて調理することで、原材料に含まれる栄養素をなるべく多く残すよう工夫しているのも特徴です。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:成猫
  • 内容量:227g、454g、1.81kg、3.63kg

ナウフレッシュ アダルトキャットはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑬ナチュラルバランス グリーンピー&ダック

人が食べられるヒューマングレイドのダックのみを使い、炭水化物の中でも消化の良いグリーンピーと組み合わせたアレルギー対応フード。アレルギーを引き起こす可能性の高い白米、小麦、トウモロコシなどの穀類は一切使用していません。また、良質なオメガ3&6を配合して水溶性ビタミンの吸収を促すとともに、皮膚や被毛の健康もサポートしています。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:子猫~高齢猫
  • 内容量:227g、454g、1.81kg、3.63kg

ナチュラルバランス グリーンピー&ダックはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑭フリントリバーランチ グレインフリーキャット&キトゥン

新鮮なチキンと風味豊かな白身魚など良質なタンパク質を使用することで余分な脂肪を減らし、筋肉質な猫らしい体と適正体重の維持を狙ったグレインフリーフードです。ヒューマングレイドの原材料を使用し、オーブンでじっくり焼くことで嗜好性の高い猫でも満足できる味に仕上がっています。尿のpH値を最適な状態にする働きのあるクランベリーや、消化・ヘアボールの排出に効果的なチコリルート、猫の尿臭を抑えるユッカシジゲラエキスなども配合して、猫の健康をトータルでサポートしてくれます。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:子猫~高齢猫
  • 内容量:800g、1.6kg

フリントリバーランチ グレインフリーキャット&キトゥンはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑮アディクション グレインフリーキャットフード

天然のサーモンやフリーレンジ肉(土壌汚染などの心配がないニュージーランドの牧場で放し飼いされた動物の肉)を主原料に作られたニュージーランド発のキャットフード。タンパク源には人工のホルモン剤やステロイドを使用せずに育てたベニソンを使っていますので安心です。クランベリーやブルーベリーを配合することにより、猫の弱点である泌尿器系にも配慮しています。味は「ビバ・ラ・ベニソン」と「サーモン」があります。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:成猫
  • 内容量:450g、1.8kg、9kg

アディクション グレインフリーキャットフードはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑯ワイソン オプチマル バイタリティ

高タンパク、低炭水化物のグレインフリーキャットフード。糖を穏やかに吸収するよう工夫されています。酵素や乳酸菌の量を通常の2倍配合していますので、腸内環境を健康に保つことができるのも特徴です。仔猫用、高齢猫用もあります。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:成猫
  • 内容量:450g、2.27kg、9.08kg

ワイソン オプチマル バイタリティはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑰アニモンダ フォムファインステン デラックス アダルトグレインフリー

ヒューマングレードの原材料にこだわり、添加物、合成保存料、合成着色料を一切使用していないアニモンダのキャットフード。バリエーションが多く、ライナップも豊富なアニモンダですが、その中でも最上位に位置するのが、フォムファインステン デラックスです。フォムファインステン・シリーズの中ではグレインフリーのフードは「アダルドグレインフリー」の1点だけですので、よくチェックして選ぶようにしてください。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:成猫用
  • 内容量:250g

アニモンダ フォムファインステン デラックス アダルトグレインフリーはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑱オソピュア アーテミスキャットフード フィーラインサーモン&ガルバンゾー

肉食である猫の消化機能を考えて作られたグレインフリーキャットフード。脂肪の質やアミノ酸バランスが良く、消化吸収の良いサーモンをメインに、ビタミンB1、カルシウム、カリウム、食物繊維などが豊富なガルバンゾー(ひよこ豆)を配合しています。特にガルバンゾーに含まれる食物繊維は、他の原材料に含まれる食物繊維に比べて血中脂肪を抑える働きに優れ、腸内で有害物質や糖質の吸収を妨げ、排泄させる作用があると言われています。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:子猫~高齢猫
  • 内容量:900g、2.3kg、6.3kg

オソピュア アーテミスキャットフード フィーラインサーモン&ガルバンゾーはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑲フィーラインキャビア キャットフードチキン&サーモン グレインフリーキャットディナー

猫の予防医学に基づいて開発されたアルカリ性キャットフード。猫の好きなチキンとサーモンの組み合わせが主原料のグレインフリーキャットフードです。サーモンはもともと白身魚ですがエビなどを食することでアスタキサンチンを体内に豊富に取り入れるため、ピンク色をしています。そんな栄養豊富なサーモンを使用することで抗酸化作用が高く、免疫力維持にも効果があるフードになりました。瞬間加熱製法で栄養分が失われないよう工夫されている点や、成長ホルモンなどが使われていないヒューマングレイドの肉類を使用している点も特徴です。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:子猫~成猫(妊娠・授乳期の母猫を含む)
  • 内容量:800g、2kg

フィーラインキャビア キャットフードチキン&サーモン グレインフリーキャットディナーはこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ⑳ゴー! フィット+フリー グレインフリー

高品質なタンパク源である肉類を主原料に野菜、果物、オメガオイルなどを配合して作られる「ゴー!」のフードの中でも、もっとも肉の含有量が多いのがフィット&フリーシリーズ。グレインフリーであるだけでなく、プレバイオティクスとプロバイオティクスの配合で腸内環境を整える働きもあります。同じフィット+フリーブランドで缶入りのウェットタイプもグレインフリーです。

  • フードタイプ: ドライ、ウェット
  • 対象:子猫~高齢猫
  • 内容量:227g、1.81kg、3.63kg(ドライ)、156g(ウェット)

ゴー! フィット+フリー グレインフリー(ドライ)はこちらへ

ゴー! フィット+フリー グレインフリー(ウェット)はこちらへ

グレインフリーキャットフードおすすめ㉑ジーウィーピーク キャットフード

100%天然のラム、ベニソンなどニュージーランド産の生の肉を使い、エアドライ製法でドライフードにすることで野性での食生活に近いフードを実現しました。肉や魚の割合が90%を超え、消化率も約95%とトップクラス。猫の消化器官への負担が少ないだけでなく、少量でも充分に栄養補給することができます。バリエーションはNZグラスフェッドビーフ、ベニソン&フィッシュ、ベニソン、ラムの4種類があります。ドライフードのほかにグレインフリーのウェット缶もあり、こちらも素材の肉をそのまま活かしたレシピになっています。

  • フードタイプ: ドライ
  • 対象:
  • 内容量:400g(ドライ)、80g、170g(ウェット)

ジーウィーピーク キャットフード(ドライ)はこちらへ

ジーウィーピーク キャットフード(ウェット)はこちらへ

猫の健康に気を遣うならグレインフリーフードは必須です

人間の残り物を食べていた時代から一転して「栄養バランスを考えるならキャットフード」と言われるようになり、今ではほとんどの飼い主さんが市販のキャットフードを与えています。しかしながら、キャットフードのブランドが増え、海外ブランドも数多く輸入されるようになって、キャットフードも内容や質が問われるようになってきました。

キャットフードは値段も内容もさまざまですが、猫の健康を考えるならグレインフリーはひとつの目安と言えるでしょう。室内飼いの猫は自分で食べ物を選ぶことはできません。飼い主さんは猫の代わりに健康に良いフードを選ぶ責任があるのです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいねをしよう!

関連記事

小さなファクトリーで丁寧に作る。「犬猫自然食本舗」のキャットフード

大切な愛猫に手作りや手作りに近いフードをあげたい…いま、多くの飼い主さんがペットのごはんを見直し始めています。しかしながら、毎日忙しい生活を送る飼い主さんにとって完全手作り食は負担が少なくあ……

猫の食習慣チェック

ドイツの厳しいペットフード基準をクリアした「アニモンダ」のキャットフード

「アニモンダ」はドイツでハムやソーセージを製造するストックマイヤー社の子会社が生産するペットフードブランドです。「ペットは家族の一員である」という理念のもと人間が食べられる高品質な食材を原料……

猫にキャットフードを与える

【獣医師監修】猫に牛乳を飲ませても良い?猫に牛乳をオススメできない理由とは?

猫が牛乳を飲む…よく見る当たり前の光景ですが、最近耳にするのが「猫に牛乳は良くない」という説。栄養豊富で消化にも良さそうな牛乳がなぜ猫に良くないのでしょうか?今回は猫に牛乳を飲ませない方が良……

猫に必要な栄養

【獣医師監修】猫はやっぱり草が好き?猫が猫草を好む理由と与える時の注意とは?

猫に食事とは別に猫草を与えることが習慣になっているという飼い主さんも多いのではないでしょうか?観葉植物を食べられてしまって、猫草を用意するようになったという方もいるかもしれません。 そ……

猫の手作りご飯

自分で作れなくてもOK。手作りキャットフードを定期購入できる「ネコロジースタイル」

ここ数年で広がりつつあるのがペットフードの手作り。飼い主さん自らが原料を吟味できる上、愛猫の好みが分かるようになれば猫が喜ぶごはんを作ってあげることができる点が評価されています。しかしながら……

猫の手作りご飯