2016年9月4日更新

【minne作家インタビュー】猫のしっぽを有効活用♪猫の輪ゴムホルダー作家さんにインタビュー!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

マグネット付きでキッチンで大活躍間違いなしの猫の輪ゴムホルダーが「minne」で人気の作家mokkoubouu-mさんにインタビューしました!

 

作品作りを始めたきっかけ・時期は?


もともとはイラストやグラフィックデザインの仕事をしていましたが、立体の作品に興味があったことと、木が大好きで、使い捨てでなく、愛着を持って長く使っていただける生活雑貨を作りたいという思いから、4年ほど前に木工作家に転身しました。

最初の3年間は、近所にあった工房に勤めながら木工修行。高知県に移住して、自分の工房『木工房U-m』を立ち上げてからは1年半ほどになります。

作品に込めた想いや、こだわり、作品に対する愛情は?


子供の頃から猫が大好きで、いつも身近に接していました。

猫は可愛いだけではなく、ちょっと神秘的で、だけどとぼけた感じが魅力的。そんな魅力を表現したくて、表情やポーズなどにこだわりました。尻尾を高く上げたポーズは、猫ちゃんがご機嫌で、甘えてすり寄ってくるときの仕草を表現しました。

そして、あまり役に立ってはくれない現実の猫に代わって、ほんの少しだけお役に立てる機能を搭載しました。4本の足に強力なネオジウム磁石を仕込んでありますので、冷蔵庫や玄関ドアにくっつけて、輪ゴムやちょっとした袋、おうちの鍵などを掛けておくフックとしてご使用いただけます。

使用した木材はブラックウォルナット。家具などにも使われる高級材です。色味や木目が多彩ですので、黒猫、サビ猫、縞猫など、世界に一つだけの猫ちゃんが出来あがります。

キッチンや玄関、職場などでおそばに置いていただいて、毎日の暮らしをほんの少し楽しくするお手伝いをさせていただけたら嬉しく思います。

 

制作秘話を教えてください!


苦労する点は、4本の足に穴を開けて磁石を仕込むのですが、足の位置からはみ出さないように穴を開けるのが難しいです。ときどき失敗して、足からずれた位置に穴を開けてしまいます。

そういった失敗作も仕上げて、お客様にはお出しできないので自宅で使っています。今現在、そんな子が3匹おります。

こだわっている点は、木材に型紙を置く際に、木の模様が猫の模様として魅力的に仕上がる部分を使うようにしています。仕上げてオイルを塗ると、木目が美しく際立つので、毎回感動してしまいます。作品を作るうえでの至福の瞬間です。

その他おすすめ作品を教えてください!

ハリネズミの卓上カレンダー

実際にハリネズミを飼っていらっしゃるお客様から好評をいただいています。
よろしくお願いいたします。

作家プロフィール

●23歳より、フリーランスでイラストレーターの仕事を始める。
●28歳頃、デザイン事務所に就職し、ポスターやチラシのデザイン制作を手がける。
●41歳頃、木工店に就職、商品開発やデザイン制作のかたわら、糸鋸やサンダーなどを使った木工修行にいそしむ。
●自分の工房を立ち上げるため、家族で高知県に移住。豊かな自然と人の優しさに癒されながら作品を作り、現在に至る。

★作品詳細はこちら【猫のマグネット輪ゴムホルダー

まだまだ猫作品が見たい方へ

取材協力いただいたハンドメイドマーケット「minne」には、今回ご紹介した作品以外にもたくさんの猫作品が販売されているので、気になった方はのぞいてみてください♪

 
 

関連カテゴリ