2017年5月18日更新

意外と多いフレンチ・ブルドッグ抜け毛の対策とブラッシングの方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

フレンチ・ブルドッグの抜け毛と聞いて「短いしそんなに気にならないでしょう?」と思う方が多いのではないでしょうか?実は意外と抜け毛の対策に頭を痛めている飼い主の方が多い犬種なのです。短いからこそ掃除がしにくいというお悩みもあるようですね。今回はそんなフレンチ・ブルドッグの抜け毛について調べてみました。

 

フレンチ・ブルドッグの抜け毛が多いのはなぜ?

フレンチ・ブルドッグは短い被毛をしているのでカットの必要はありませんが、抜け毛が多い毛質をしています。それはなぜなのでしょうか?

犬の被毛には大きく分けてシングルコートとダブルコートの2つのタイプがあり、一般的にシングルコートの犬種よりもダブルコートの犬種の方が抜け毛が多いといわれています。フレンチ・ブルドッグはこの抜け毛が多いダブルコートタイプの被毛をしています。

具体的には次のようになります。

シングルコート

一般的にシングルコートと呼ばれる犬種は抜け毛が少ないといわれています。

シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではプードルやマルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨンなどがシングルコートの犬種となります。

素材dog-115078_640

ダブルコート

ダブルコートと呼ばれる犬種は春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。

ダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギー、ポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬種になります。

日々のケアで抜け毛対策

抜け毛の多いフレンチ・ブルドッグにとって抜け毛の対策は不可欠なものですね。抜け毛の対策は抜け落ちる前に死毛を取り除いてあげることが大切です。そのためにはブラッシングなど日々の被毛のケアを正しくおこなうことが有効的なようです。

ブラッシング

フレンチ・ブルドッグは脂漏性の皮膚炎にかかりやすい犬種でもありますので、皮膚トラブルの予防のためにも、抜け毛の対策のためにもできれば毎日5分くらいはブラッシングをしてあげましょう。

また年に2回ある換毛期にはできれば1日数回こまめに死毛を取り除いてあげましょう。

フレンチ・ブルドッグのような短毛の犬種のブラッシングには、ラバーブラシとイノシシや豚、馬などの毛を使用して作られた獣毛ブラシが効果的です。

背中やお腹などは毛の流れに逆らうように、頭部や顔をしわの間は毛の流れに沿うように毎日5分くらいブラッシングをしてあげましょう。フレンチ・ブルドッグは皮膚が弱い犬も多いので、強くこすらないように注意が必要です。

素材french-bulldog-1104365_640

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回のシャンプーが理想的なようです。

シャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れをおとしておきます。シャンプー剤は人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので、必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

シャンプーの際の道具としてスポンジを用意しておくと、顔を洗う時に鼻や目、耳に水を入れることなく、しわの間もしっかりと洗えるので便利です。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

フレンチ・ブルドッグは肌が弱く皮膚病になりやすいうえに、オイリーな肌質の犬や乾燥肌の犬など肌の状態に個体差が大きい犬種なので、シャンプーの頻度や使用するシャンプー剤なども肌の状態にあわせて決めてあげる必要があります。

適切な頻度やシャンプー剤が決められない場合は、かかりつけの獣医師に相談してみるとよいですね。

 

洋服を着せるのも効果あり

毎日しっかりブラッシングをして、定期的にシャンプーをしてもなかなか毛の抜け落ちを防ぐことはできません。どうしても家具や服に抜け落ちた毛が付いてしまうものですよね。

毛の抜け落ちを予防するには洋服を着せるのも効果的です。日中はお気に入りのお出かけ着を、寝る時は着心地がよく通気性のよい部屋着を着せてあげるのもよいですね。ただし着せっぱなしはやめましょう。どうしても洋服を着せていると服の中が蒸れてしまうので、皮膚病の原因になってしまいます。

犬_素材

サッと片づけられる掃除道具でイライラ解消!

毎日長い時間をさいて抜け毛の掃除をしていては、「あぁ。また抜け毛の掃除だ。」と段々億劫になってしまいますね。かといって掃除をしないで見ないふりをすれば、今度は「あそこにもここにも抜け毛が・・・。」と気になりだしてイライラしてしまうものです。ストレスから可愛い愛犬に八つ当たりなんて悪循環になりかねません。

抜け毛の掃除はためずに気が付いた時にさっととるのがコツのようです。

気になる時に簡単に片手で操作できるハンディークリーナーなどを用意しておくとよいでしょう。フローリングの床にはウェットタイプのハンドワイパーがソファーや絨毯、洋服などには粘着ローラーがおすすめのようです。

なかには愛犬そのものの抜け毛を、粘着ローラーやハンディークリーナーで取ってしまう方もいらっしゃるようですが、やり過ぎると肌を傷めてしまいかねないので積極的にはおすすめできません。しかし愛犬が嫌がらないようなら、たまに遊び感覚でやったみるくらいならよいかもしれませんね。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード