2017年5月15日更新

フレンチ・ブルドッグにおすすめのペット保険は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

厳つい顔立ちとひょうきんな仕草で私たちを癒してくれるフレンチ・ブルドッグ。愛情深くて優しくて家庭犬として最適な性格をしているといわれています。でも少し心配なのが健康面ですね。肌が弱かったり短頭種特有の病気があったり。今回はそんなフレンチ・ブルドッグにおすすめのペット保険について調べてみました。

 

フレンチ・ブルドッグのかかりやすい病気とは?

平均寿命が10歳~12歳と他の小型犬と比べてやや短い傾向があるといわれているフレンチ・ブルドッグですが、最近では獣医療の進歩などから健康で長生きをする犬も増えてきているようです。

病気やケガの時に一刻も早く適切な治療を受けさせてあげることが、長生きの秘訣なのは確かなのですが、ペットの医療費には公的な保険がきかないため高額な支払いが必要になることも多くあります。医療費が払えるか心配で2の足を踏んでしまうようなことになっては困りますね。そんな時の備えの1つが任意のペット保険です。

最近ではペット保険の重要性が注目され、多くの保険会社が商品を出してきています。どの保険が自分の愛犬にあっているのかわからないという方も多いようですね。保険を選ぶ時にまず考えるのはどのような病気やケガの補償をしてほしいのか?どこまでの補償が必要なのか?ということです。

そのためにはまずフレンチ・ブルドッグがかかりやすい病気を理解しておく必要があります。

素材french-bulldog-1482614_1280

皮膚疾患

フレンチ・ブルドッグに多い皮膚疾患は次のように言われています。

アレルギー性皮膚炎

ハウスダストや、ダニ、花粉などのアレルゲンが肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発症する皮膚炎です。強いかゆみがあり赤みのある湿疹がひろがります。ひどくなると脱毛などの症状が現れます。根治の難しい病気で長期の通院が必用になることがあります。

脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎

マラセチア属に酵母によって引き起こされる皮膚炎の事です。犬の外耳道、肛門嚢、指の間、唇、皮膚粘膜に常駐している酵母で、はっきりとはわかっていませんが過剰な脂質の分泌や、宿主である犬の免疫力の低下などが原因で発症します。

皮膚のべとつきやフケの増加、発疹などの症状が現れます。また外耳道にも存在するので外耳炎の原因になることもあります。免疫力の低下で発症することが考えられるので、脂漏性皮膚炎を発症した場合は他の病気からの併発の可能性があり、まず基礎疾患の治療をおこなう必要があることが多い病気です。

膿皮症

皮膚の上で菌が異常繁殖することで化膿し膿を排出している状態をいいます。表皮、真皮、皮下組織のどの個所でも発症する可能性があります。90%が犬と共生しているブドウ球菌が、皮膚の細菌バランスの崩れによって引き起こす病気です。脂漏症と同様で細菌のバランスを崩す原因となった病気により併発している可能性があり、まず基礎疾患の治療をおこなう必要があることが多い病気です。

膝蓋骨脱臼

フレンチ・ブルドッグなどの小型犬に多い病気です。

後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。骨や筋肉の形成異常で起こるような場合は先天性、高いところから落ちるなどがきっかけで発症する場合は後天性といいます。

症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。

治療法としては膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を受けるのですが、あまり病気が進行してしまうと骨が変形してしまい、手術に適さない状態になってしまうことがあります。そのため早期発見、早期手術が必要になる病気です。

この病気は手術費用、通院介護の費用は高額になることが多いのですが、保険の補償対象外になっていることがある病気です。ペット保険を選ぶ際には補償内容を確認する必要があります。

眼瞼内反症

眼瞼内反症とは瞼が内側に曲がりこんだ状態になってしまう病気です。

瞼は内側と外側の靭帯のバランスによって形を保っています。眼瞼内反症はこの瞼を支えている靭帯のバランスが崩れてしまうことによって、主に下の瞼が反り返ってしまう病気です。瞼が内側に反り返る状態を眼瞼内反症、瞼が外側に反り返った状態を眼瞼外反症と呼びます。

内側に反り返った瞼は瞬きをするたびに角膜を刺激することになり、熱膜炎や角膜炎、流涙症、逆まつ毛などの症状を起こします。

遺伝が原因の場合もありますが、体重の減少や瞼の痙攣が原因になることもあります。

治療法としてはまつ毛を抜く方法もありますが、重度の場合は外科的に内反矯正手術をおこなう場合もあります。

尿道結石

膀胱などでできてしまった結石が尿道に詰まってしまう病気です。結石の種類によって様々な病名がありますが、犬の場合は細菌性の膀胱炎などの尿路感染症が原因で起こると考えられている、ストラバイト結石が多くみられるようです。

結石で尿管が詰まってしまうのでおしっこが出にくくなり、重症化すると急性腎不全や尿毒症を起こすこともあります。

治療は内科的におこなわれる場合と外科的におこなわれる場合があり、投薬や処方食などを使用し結石を溶かして小さくしていく場合は長期に通院が、外科的に結石を除去する場合は高額な手術費が必要になります。また症状によっては抗生剤などの投薬や点滴治療がおこなわれる場合もあります。

犬_素材dog-126164_640

フレンチ・ブルドッグにおすすめの保険は?

フレンチ・ブルドッグは皮膚病などの長期の通院が必要な病気や、外科的な手術が必要になる病気など備えておきたいケースが多くある犬種です。その点を踏まえて考えると次のようなことを考慮して保険を選ぶとよいようです

  • 膝蓋骨脱臼、骨折、白内障などの高額治療が補償内容に入っているもの
  • 1回の事故(傷病)に対しての上限がないものもしくは補償が十分なもの
  • 回数制限よりも1日の支払額に注目して、手術・入院補償の手厚いもの

考慮すべき点ふまえてフレンチ・ブルドッグにおすすめの保険を考えてみました。

アニコム損害保険(株)

ペット向け保険の業界大手の実績があり、動物病院との提携件数も多くお会計の窓口でペット保険証を提示するだけで保険を使うことができるのが特徴です。

プランは2つのプランが用意されており、かかった医療費の70%を保険で負担してくれる「ふぁみりぃ70%プラン」と、50%を負担してくれる「ふぁみりぃ50%プラン」になります。

ただし通院・入院の利用回数に制限があるので、長期通院の場合には利用の仕方を考えて使用する必要があります。

GIガーデン少額短期保険・いぬとねこの保険

年間補償額はプランによって決まっていますが、支払い回数の制限や1日当たりの限度額などの制限がないのが特徴です。谷型保険料体系という独特の保険料計算をおこなうので、0歳から3歳までは保険料が下がっていき、3歳から加齢による保険料加算がはじまるのも特徴的です。

プランは保険料はやや高くなりますが入院、通院、手術のすべてを補償してくれ賠償責任特約の付帯も可能な「プラチナ90%プラン」「プラチナ70%プラン」「プラチナ50%プラン」、通院に特化した補償内容で賠償責任特約の付帯も可能な「ゴールド90%プラン」「ゴールド70%プラン」「ゴールド50%プラン」、手術のみを補償する「パール70%プラン(使用回数に制限有)」の7つのプランがあります。それぞれの%は医療費の負担%をあらわしていて、90%プランを選択した場合は医療費の90%を保険で負担してくれます。

ペット&ファミリー少額短期保険(株)

太陽生命や大同生命などのT&Dグループが手掛けているペット保険なので安心感があり、1日あたりの支払限度額、支払い回数に制限がないのが特徴です。

4つのプランが用意されており1日あたりの免責金がなく保険料と補償内容のバランスが取れている「ペット保険げんきナンバーわんプラン70」「ペット保険げんきナンバーわんプラン50」、「ペット保険げんきナンバーわん」よりもやや安い保険料で、1日あたりの免責金額が3,000円とまりますが、「股関節脱臼、膝関節脱臼、膝蓋骨脱臼、病理組織学検査料が補償される「ペット保険げんきナンバーわんSlimプラン70」「ペット保険げんきナンバーわんSlimプラン50」があります。

犬_素材dog-1224267_640

 

フレンチ・ブルドッグの場合は具体的に考えておくことが重要!

今回ご紹介した保険は心配な病気の治療ケースがさまざまなフレンチ・ブルドッグの場合は、長期の通院や高額な手術費などバランスよく補償してくれる保険がよいとの考えから選ばせていただきました。

保険に対する考え方は人それぞれだと思います。

今回おすすめした保険のように保険料もそこそこかかるけれど全般的にバランスよく補償してくれる保険がよいのか、それとも年齢にあわせてもっともかかりやすい病気に着目して備えるのかでも違ってきますし、いっそう保険に頼らずに自分たちで積み立てておく方が安心だという考えだってあるでしょう。

まず自分たちが愛犬のどんな時に、何をどれだけ補償して欲しいのかを具体的にしておくことが重要ですね。その上で保険に入るのか自分たちで備えておくのか、保険に入るならどのような補償が必要なのかを検討すると、納得のできる備えをすることができるのではないでしょうか。