2016年9月11日更新

そして猫はいなくなった【ねりまねこブログ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

現在、27ヶ所の現場で地域猫活動をしていますが
6年前初めて取り組んだのが公園でした。

捨て猫が多く、常にたくさんの猫がいてエサをやる人が絶えません。

通りがかりで癒される人がいる一方で、
地元住民は糞尿に困り行政に苦情しました。

厳しい文言の看板が立てられましたが、

猫好き・猫嫌いの対立が激しくなるだけで、
何の解決にもなりませんでした。

o0800053313683091267

そこで、保健所の協力と町内会の理解のもとで
私達の地域猫活動が始まりました。

保健所から指導を受けたのは
徹底した広報・啓発です。

すでにエサやりさんの中には、
大変な労力とお金を使い不妊・去勢手術をして
繁殖を止める人もいました。

しかし、そんなことは誰も知らないので

「エサやりが悪い」「エサやり禁止」
となってしまうのです。

たとえエサやりを禁止しても
影でエサをやる人は絶えないし
猫は消えて無くなりません。

むしろ、エサやりで個体管理をして
手術を行う方が成果は大きいです。

30頭の不妊・去勢手術をして、

エサやりさんにはルールとマナーを
守ってもらいました。

そして今は・・・

あれだけたくさんの猫がいたのに、一匹も見当たらない。

o0800053313683091063

6年を経過し、猫も高齢となり、減りました。

今は、エサやりの時間に数頭来ますが、
猫がたまることはなくなり近隣の苦情も
おさまりました。

o0800053313683097675

猫好きにとってはさみしいかもしれませんが、
これでいいのです。

続けてきたおかげで、地域猫活動の成果を
つくづく感じます。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆