2017年5月18日更新

愛嬌たっぷり!フレンチ・ブルドッグのしつけについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペチャっとつぶれた鼻と離れ気味の大きな眼、口を大きく開けてパンティングをしている顔はまるでニッコリと笑っているようですね。愛嬌たっぷりで飼い主に対して深い愛情を示してくれるフレンチ・ブルドッグ。コンパニオンドッグとしても最適な犬種です。今回はそんなフレンチ・ブルドッグのしつけについて調べてみました。

 

フレンチ・ブルドッグの性格は?

コンパニオンドッグとしても最適だといわれているフレンチ・ブルドッグは陽気でおおらかな性格の持ち主だといわれています。好奇心旺盛で新しいことに向かっていく度胸もあるので、いつでも楽しいことを探して挑戦しているようなところがあります。

人や他の動物に対してとても友好的で愛情深く優しい性格をしているので、小さなお子さんからご高齢の方まで幅広く絆を深めることができ、家族構成を選ぶことなくよいパートナーとなってくれます。

感情表現が豊かで人のような仕草をしてみせたり、飼い主の注目を集めたくていつも視界に入ろうとして来たり、愛嬌のあるところも魅力の1つです。

学習能力も高く飼い主からの要求を理解する能力に長けており、記憶能力も高いのでしつけも入りやすい犬種だといわれています。しつけの時に注意したいところは、やや頑固でできないことを諦めるのが苦手なことですね。

犬_素材dog-126165_640

遊びながら楽しくしつけがぴったり!

飼い主に対して愛情深いフレンチ・ブルドッグは、飼い主を喜ばせることが大好きです。しつけでもその性格をいかして、教えたことができた時は「すごいね!」「よくできたね!」とややオーバーリアクション気味で褒めてあげると自信が出てやる気が上がるようです。

また飼い主が楽しくしつけをおこなうことが大切なようで、神経質にくどくどと同じことを教えるよりも、おもちゃなどを使用して遊びやゲームの要素を取り入れたしつけの方が効果的なようです。

逆に悪いことを教えるために叱るような場合は、悪いことをしたその場で短く「いけない」や「No」と叱ってあげましょう。長く叱ったり、強い口調や体罰を与えるようなことをすると頑固な面が表に出てきてしまい、しつけに対して消極的な態度をとるようになってしまうことがあるので注意が必要です。

興奮してしまってなかなか悪いことをしたことがわからないような時は、強く叱るよりも静かに目をあわせずに無視をすることが1番効果的なようです。

 

家でのルールを決めておきましょう

2ヶ月くらいの子犬を引き取った場合はまだ本格的なしつけは難しいといわれていますが、しつけが難しい月齢の小さな子犬でも、迎え入れたその時から家族としての生活はスタートします。子犬の生活環境や犬と生活するうえでの家族のルールは、子犬を迎え入れる前にあらかじめ決めておくよいですね。

まず犬を迎え入れる前に家の状況を考えて、トイレの場所やケージの場所など犬の生活スペースを決めておきましょう。

次に犬と生活するための家族のルールを決めます。食事の時のルール、寝る時のルール、留守番をさせる時のルール、散歩の時のルールなど具体的に犬がしていいことと悪いことを家族で統一しておくとよいでしょう。

ただし犬の行動や個性を見ながら必要なルールを追加できるように、あまり細かいルールにはせず、絶対に守らせたいことだけを決めておくようにしましょう。

犬に対する接し方では特に叱り方、褒め方を家族で統一しておくとよいですね。おやつを与えて褒める人と言葉や態度で褒める人が一緒にいると、犬はそれだけで人に順列を付けてしまいがちです。

素材gerda-1248421_640

最初の関門トイレトレーニング

子犬を迎えて1番最初の関門はトイレのトレーニングですよね。

子犬を受け渡された時にまずトイレトレーニングの状況を確認しておきましょう。ケージの中に敷き詰めた新聞紙の上に自由にさせていたような場合は、迎え入れてから1からのトレーニングになりますので、1ヶ月~2ヶ月は失敗をすることもあると覚悟しておく方がよいですね。

1からトレーニングする場合は、まず家の中のトイレの位置を決めて、動かさないことが重要です。できないからといってあちこちに動かしてしまうと、逆に子犬が混乱してしまいます。1度決めた場所で根気強く教えてあげましょう。フレンチ・ブルドッグはきれい好きな犬種なので、寝る場所とトイレの場所はしっかりと離れていることを好みます。そのことを頭に置いてトイレの場所を決めてあげましょう。

トイレの位置が決まったら子犬の様子をよく観察して、お尻を下げたり臭いを嗅ぎながらクルクル回るなどトイレの兆候がみられたら、トイレの方へ連れて行ってあげて「ワン・ツゥ」と繰り返し優しく声をかけながらするように促します。できたらしっかりと褒めてあげましょう。

失敗しても叱らずに目をあわせたり声をかけずに、静かに失敗したおしっこやウンチを片付けます。トイレには入っていたけど場所が外れてしまったような場合は、失敗ではないので褒めてあげましょう。その時に叱ったり無視したりすると、失敗したと勘違いしてトイレではしてはいけないと思ってしまいます。

おしっこをしたトイレシーツはすぐに捨てずに、次のおしっこがうまくできるまでそのままにして臭いを残しておきます。失敗をしなくなったらおしっこをしたその場で片づけてしまっても大丈夫です。

逆にある程度できるようになっていた場合は、今までトレーニングをしていた環境にできるだけ似たトイレの環境を作ってあげるとスムーズです。受け渡しの際によく聞いておきましょう。また臭いの付いたトイレシーツやマットなどがいただける場合は、いただいて新しいトイレに敷いてあげると、自分の臭いに安心して新しい家に馴染みやすいですし、トイレも成功しやすくなります。

トイレトレーニングはもっとも忍耐力のいる作業です。飼い主が焦ってしまうことが1番失敗につながってしまうので、気長に根気強く教えてあげましょう。

食糞はやめさせる必要がある?

自分のウンチを食べてしまう食糞の癖ですが、子犬のころの食糞行動は本能に根差した自然な行動なので、時期がくればおさまるといわれています。その理由としては好奇心旺盛な子犬の時期には、目の前に落ちている変なにおいのする見たことのないものを口に入れてしまうことは冒険の一環であって、月例があがるにつれて他に興味のあるものが増えてくると自然とおさまるということのようです。

でも衛生面などを考えるとやめてほしいと思うのが飼い主の思いですよね。食糞をやめさせるにはどのような方法があるのでしょうか?

食糞を止めさせるためには、子犬の様子をよく観察しウンチをしている時をおさえることが大切です。ウンチをしたら大好きなおやつをあげて、ウンチを食べる前に片づけることを繰り返すことで、ウンチをしたらおやつを待つようになり食糞がおさまるといわれています。

また寝る場所とトイレが近すぎることが原因で食糞をしてしまうこともあるようですね。あまりおさまらない時はハウスの位置を見直してみるのもよいのではないでしょうか。

imasia_11828749_S

リーダーには絶対服従!

フレンチ・ブルドッグはワンパーソン・ドッグだといわれています。自分が絶対の信頼を寄せることができるリーダーとの1対1の信頼関係を大切にする犬種で、リーダーとの信頼関係を築くことで精神的にも落ち着いた生活を送れるようになるようです。

愛情深く優しい性格のフレンチ・ブルドッグなので、家族全員と友好的に楽しく接してくれますが、自分のリーダーと決めるのは家族の中でも1人で、選ばれると少し特別な対応をしてくれるようです。

他の家族にはちょっと申し訳ない気もしますが、愛嬌たっぷりのフレンチ・ブルドッグにリーダーとして特別な表情を見せてもらえるのは、飼い主冥利につきますね。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード