2017年5月17日更新

【動物看護師が解説】パピヨンにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

近所の散歩をしている犬を見ると、よく見かけるパピヨン。身体が非常に細く小さい個体もいれば、被毛が豊富に生えていて体がガッシリして見える個体もいるでしょう。鼻が長くキツネのような顔をしていたり、反対に鼻が短めでタヌキのような顔をしていたり、飼い主さんによって顔の好みが大きく分かれるのも、この犬種の面白いところであります。

耳の後ろや四肢の裏、尾に長い被毛が生えていて、日々のケアが大変そうに思われがちですが、実際のところはどうなのでしょうか?

トリミングは基本的にしない

パピヨンは、たち耳の後ろに生えている被毛(飾り毛)が蝶が羽を広げたような形に似ていることから、”パピヨン”と名付けられた犬種で、その飾り毛をわざわざ切り落とすことはしません。身体全体も必要以上に被毛が伸び続けることはないので、普段から定期的に全身トリミングをしているという飼い主さんは少ないでしょう。ただし、暑い夏場は丸刈りや短めにそろえるサマーカットをすることは多くあります。

個体にもよりますが、毛量が多い個体が多いので、抜け毛の掃除やブラッシングの手間を省くために、一年中トリミングする家庭も中にはあるでしょう。どちらであっても、間違いではないので飼い主さんがお世話をしやすいと感じる方を選択するのが良いでしょう。

ブラッシングはできれば毎日してほしい

パピヨンは毛量も多く、被毛が柔らかく絡みやすいので毎日のブラッシング欠かせません

ブラッシングをすることによって抜け毛を取り除くこともできるので、家の中の掃除を楽にするためにはブラッシングが重要な作業になるでしょう。パピヨンはダブルコート(上毛と下毛がある犬種)で、冬は特に下毛が豊富になるので、トリミングサロンでカットをするというよりは、下毛を少なくしてもらう(レーキング)ために通う必要がありそうです。

耳の後ろの毛はとくに、シャンプーをしてしばらく経つと皮脂で毛束になってしまうので、少しでも見た目をよくするためにもブラッシングやコーミングは欠かせない作業になります。毎日全身はできなくても、1日1部分を丹念にブラッシングしてあげるというやり方でも構いません。

毎日ケアしなければならないと神経質にならず、今日はこのくらいでいっか、と少し肩の力を抜きながらケアをしてあげてください。ただし、だからといって全くケアしないのはNGです。3日に一度でもいいので、きちんとブラッシングをしてあげましょう。

活発で明るい性格

パピヨンはとにかく人懐こく、トリミングサロンに連れて行っても良い子に作業させてくれるので可愛がられることも多いでしょう。

中には、神経質で飼い主さん以外には全く触らせない個体もいますので、サロンに連れて行くのが億劫になってしまうこともあるかもしれませんが、換毛期の時期だけでもトリミングサロンに連れて行き、下毛の除去作業をしてもらうとだいぶ飼い主さんの負担も軽くなりますよ。

自宅で頻繁にケアをできない場合は、トリミングサロンにすべて任せても構いません。ただし、その場合は必ず2、3週間に1回はシャンプーなどに連れて行ってあげてくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

賢くてちょっぴり気まぐれなパピヨンのしつけについて

小型犬ではトイ・プードルに次いで、全犬種でも8番目に知能が高いといわれているパピヨン。訓練次第では服従訓練で好成績を収める犬もいるほど。賢く飼い主の言葉をよく理解する反面、気まぐれな1面もあ……

パピヨン

備えが肝心!パピヨンにおすすめのペット保険は?

可愛い愛犬とのお別れの時なんて、犬が好きな人なら誰だって考えたくないものですね。でも犬も生き物です。ケガをすることもあれば病気になることもあります。万が一の時に経済的なことで治療をためらうよ……

パピヨン

アジリティーだってOK!活発なパピヨンと一緒にドッグランへ行くには?

エレガントな見た目と華奢な体つきから上品にお澄まししているようなイメージのパピヨン。実はフリスビーでもアジリティーだってこなしちゃう賢く活発な犬種なのです。パピヨンを飼うなら一緒にドッグスポ……

パピヨン

気になる犬の体臭!パピヨンの臭いについてのまとめ

長い飾り毛の付いた蝶のような立耳が特徴のパピヨン。ツンと澄ましたような表情がなんとも言えず可愛らしいものですね。でも飼ってみたら「臭いが・・・。」なんてことになったら困ってしまいます。犬の臭……

パピヨン

パピヨンの里親になるには?パピヨンの里親を募集するには?

大きな耳から生えた長くてふわふわの被毛、まるで大きなリボンを頭にのせたような姿のパピヨン。少し臆病なところもありますが、人懐っこく遊び好き。そんなパピヨンの里親になる方法や、里親になるための……

パピヨン

お洒落な洋服も似あっちゃう!パピヨンに洋服は必要?

エレガントな飾り毛のついた蝶々のような耳と、背中に背負ったリスのような尻尾が上品なパピヨン。パピヨンはどんな洋服もお洒落に着こなしてしまう犬の中のファッションリーダーのような存在ですね。でも……

犬の服

パピヨン の価格は?購入する方法・里親になる方法は?

まるでリボンのような大きな耳と、美しい飾り毛が気品の高さを感じさせるパピヨン。ちょっぴり警戒心が強いところもありますが、トイ・サイズの犬のなかでは人懐っこく飼い主に従順な犬です。そんなパピヨ……

パピヨン

【動物看護師が解説】パピヨンにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

近所の散歩をしている犬を見ると、よく見かけるパピヨン。身体が非常に細く小さい個体もいれば、被毛が豊富に生えていて体がガッシリして見える個体もいるでしょう。鼻が長くキツネのような顔をしていたり……

パピヨン

蝶々のようなお耳が可愛いパピヨンの飼いやすさについて

蝶々が羽を開いて頭に止まっているようなエレガントな姿が特徴のパピヨン。見た目の上品さと小柄で華奢な体つきなどから室内で飼いやすい犬種として名前があがることも多いですね。ちょっと気ままなで小悪……

パピヨン

美しい飾り毛を綺麗に保ちたい!パピヨンのシャンプー方法

パピヨンといったらなんといっても蝶々のような大きな立耳と、耳や尻尾に生えた長く柔らかな美しい飾り毛ですよね。パピヨンの飾り毛はもつれやすく切れやすい毛質をしているため、長さを保って綺麗にして……

パピヨン

華奢で小柄なパピヨンには首輪がいいの?ハーネスがいいの?

柔らかく長い被毛と美しい飾り毛が特徴的なパピヨン。パピヨンのお散歩デビューの頃になると気になるのは首輪?それともハーネス?ということではないでしょうか。「可愛い首輪を付けてあげたい。」「でも……

パピヨン

パピヨンの病気〜獣医師が解説するパピヨンのかかりやすい病気〜

フランス語で「蝶」という意味を持つパピヨン。美しい毛で飾られた耳が蝶のようであることから名付けられ、その名の通りの優美な姿で昔から愛されてきました。豊かな被毛で覆われた体はとても華奢なので、……

パピヨン

ブリーダーからパピヨンを迎える時の選び方・メリット

華奢〜で耳が蝶・・・おフランスのかほりがたっぷりのパピヨンですが、その優雅な出で立ち通り、ヨーロッパ貴族に愛された犬なのでした。中には神経質なパピヨンもいますが、基本的には外見だけではなく性……

パピヨン

【ペットシッターが解説】パピヨンとの暮らしで注意すること

パピヨンの性格と性質 性格 パピヨンはヨーロッパの貴婦人が大切にしていたという歴史を持っており、その優雅な姿がとても人気の犬種です。もちろん、性格も友好的でとても賢いので、家族の態度……

パピヨン

耳だけじゃない!色彩豊富なカラーも魅力なパピヨンのカラーについて

パピヨンといえば蝶々の羽のような美しい耳!でもパピヨンの魅力は耳だけじゃありません。上品なカラーも魅力の1つですね。パピヨンのカラーは実はとてもバリエーションが豊富なことをご存知ですか?成長……

パピヨン

思った以上の運動量にびっくり!パピヨンの散歩についてのまとめ

蝶が羽を広げたような大きな耳にエレガントな飾り毛が綺麗なパピヨン。華奢な見た目から室内でのんびりと過ごしていそうな印象ですが、実はとっても活発で遊び好きな犬が多いようです。そのギャップもまた……

パピヨン

パピヨンの性格や飼う時の注意点をまとめました!

起源はトイスパニエルの変種といわれていて、大きな耳は昔は垂れているのが一般的だったそうです。変異で立ち耳が誕生したことにより、たち耳のチワワやヨーロッパ大陸の北方スピッツ犬種と交配させ改良を……

パピヨン

パピヨンの寿命ってどのくらい?長く元気でいるためにはどうしたらよい?

大きな蝶々のような耳と長い飾り毛が特徴的なパピヨン。フランスの貴族たちの間で長い間寵愛を受けてきた気品あふれる犬です。近年犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいると……

パピヨン

オヤツばかりでエサを食べない・パピヨンのエサの量について

パピヨンのエサで検索をすると「おやつは食べるけど、エサをなかなか食べてくれなくて。」というお悩みをよくみかけます。なかには「エサにはまるで執着がなくて、どうやって食べさせたらいいの?」という……

パピヨン

パピヨンの平均体重や、年齢による食事の目安

小さくて線が細くつぶらな瞳が可愛いパピヨン。とても人懐こく従順な事から、家庭犬として人気がありますよね!それに、なんと言っても名前の語源にもなった「蝶」のような耳が特徴的です。 まるで……

パピヨン