2017年5月17日更新

【動物看護師が解説】パピヨンにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

近所の散歩をしている犬を見ると、よく見かけるパピヨン。身体が非常に細く小さい個体もいれば、被毛が豊富に生えていて体がガッシリして見える個体もいるでしょう。鼻が長くキツネのような顔をしていたり、反対に鼻が短めでタヌキのような顔をしていたり、飼い主さんによって顔の好みが大きく分かれるのも、この犬種の面白いところであります。

耳の後ろや四肢の裏、尾に長い被毛が生えていて、日々のケアが大変そうに思われがちですが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

トリミングは基本的にしない

パピヨンは、たち耳の後ろに生えている被毛(飾り毛)が蝶が羽を広げたような形に似ていることから、”パピヨン”と名付けられた犬種で、その飾り毛をわざわざ切り落とすことはしません。身体全体も必要以上に被毛が伸び続けることはないので、普段から定期的に全身トリミングをしているという飼い主さんは少ないでしょう。ただし、暑い夏場は丸刈りや短めにそろえるサマーカットをすることは多くあります。

個体にもよりますが、毛量が多い個体が多いので、抜け毛の掃除やブラッシングの手間を省くために、一年中トリミングする家庭も中にはあるでしょう。どちらであっても、間違いではないので飼い主さんがお世話をしやすいと感じる方を選択するのが良いでしょう。

ブラッシングはできれば毎日してほしい

パピヨンは毛量も多く、被毛が柔らかく絡みやすいので毎日のブラッシング欠かせません

ブラッシングをすることによって抜け毛を取り除くこともできるので、家の中の掃除を楽にするためにはブラッシングが重要な作業になるでしょう。パピヨンはダブルコート(上毛と下毛がある犬種)で、冬は特に下毛が豊富になるので、トリミングサロンでカットをするというよりは、下毛を少なくしてもらう(レーキング)ために通う必要がありそうです。

耳の後ろの毛はとくに、シャンプーをしてしばらく経つと皮脂で毛束になってしまうので、少しでも見た目をよくするためにもブラッシングやコーミングは欠かせない作業になります。毎日全身はできなくても、1日1部分を丹念にブラッシングしてあげるというやり方でも構いません。

毎日ケアしなければならないと神経質にならず、今日はこのくらいでいっか、と少し肩の力を抜きながらケアをしてあげてください。ただし、だからといって全くケアしないのはNGです。3日に一度でもいいので、きちんとブラッシングをしてあげましょう。

 

活発で明るい性格

パピヨンはとにかく人懐こく、トリミングサロンに連れて行っても良い子に作業させてくれるので可愛がられることも多いでしょう。

中には、神経質で飼い主さん以外には全く触らせない個体もいますので、サロンに連れて行くのが億劫になってしまうこともあるかもしれませんが、換毛期の時期だけでもトリミングサロンに連れて行き、下毛の除去作業をしてもらうとだいぶ飼い主さんの負担も軽くなりますよ。

自宅で頻繁にケアをできない場合は、トリミングサロンにすべて任せても構いません。ただし、その場合は必ず2、3週間に1回はシャンプーなどに連れて行ってあげてくださいね。

 
 

関連カテゴリ