2016年8月25日更新

【獣医師が解説】生後1ヶ月までの子猫で動物病院の受診が必要となる症状一覧

子猫を保護したら、まずはできればその足で、それが難しくてもその日のうちには動物病院を受診して、必要な検査や処置を受けなくてはなりません。その後、自宅で子猫を育てているうちに、子猫の様子がおかしい、いつもと違うと感じることがでてくるかもしれません。

子猫の状態がおかしいと感じたら、できるだけはやく動物病院を受診することが勧められます。しかし、実際にどのような症状のときに受診した方がよいのか、悩んでしまうこともあるでしょう。ここでは、子猫を連れて動物病院を受診した方がよい状態について、「大至急(一刻を争う事態)」、「できるだけ早く(できればその日のうちに、遅くても24時間以内には)」の2つにわけてまとめてみます。

大至急(一刻を争う事態)

救急車 獣医師

子猫の状態が深刻である可能性が高く、子猫の命をまもるために大至急動物病院を受診した方がよい状態です。最寄りの動物病院が休診時間や休診日にあたって受診が難しいような場合、他の動物病院を探すか、可能であれば救急動物病院を受診することをお勧めします。動物病院が急患へと対応する準備をしておくことができるように、子猫の状況と到着までにかかる時間を事前に動物病院へ伝えておくとよいでしょう。

  • ぐったりしている
  • 全く動こうとしない
  • 呼吸が弱々しい
  • 意識が朦朧としている
  • 保温しているにも関わらず、体温が上がらない
  • 舌の色が白っぽい
  • 舌の色が紫色っぽい
  • 口を開けて苦しそうな呼吸をしている
  • どこからか出血している
  • 嘔吐や下痢が続いている
  • 排尿しない
  • 痙攣している

できるだけ早く(できれば数時間のうち、もしくはその日のうちに。遅くても24時間以内には)

獣医師 注意

一刻を争う事態とまではいえなくても、子猫に何かしらの健康問題がある可能性が高い状態です。可能であれば数時間のうち、もしくはその日のうちに、遅くとも24時間以内には動物病院を受診しておきたい状況といえます。以下に挙げたような状態であっても、時間の経過とともに子猫の状態が悪化していくこともあります。

子猫の様子をこまめに観察してあげて、できるだけ早く動物病院を受診してください。特に、子猫が半日以上何も口にしていないような場合は、時間が経てば経つほど子猫の状態が悪化していくことが考えられます。動く元気があった子猫であっても、数時間のうちに子猫の様子が深刻な状態になることもありますので、可能な限り早く動物病院を受診することをお勧めします。

  • 半日何も口にしていない(ただし、子猫に動き回る元気はある)
  • ミルクを飲まない
  • 子猫の体重が増加していない
  • 下痢をした
  • 便に血が混ざっていた
  • 嘔吐した
  • 寄生虫を見つけた
  • うまく排泄させられない
  • 体を痒がる
  • 目や鼻、耳を痒がる
  • 耳垢が極端に多い
  • 目やにや鼻水、くしゃみ、咳が急に増えた
  • 目が開かない
  • 便秘が続いてお腹が張っている
  • ミルクを飲まなくなった、飲む量が極端に少なくなった

子猫は突然体調不良を起こすことも。こまめなチェックをこころがけて。

素材kitten-100691_640
子猫を育てている中で、子猫にいつもと違う様子が見られたり、子猫に元気がない、何かおかしいと感じたりしたら、できるだけ早く動物病院での診察を受けましょう。順調に育っていると思っていた子猫であっても、ある日突然、体調不良を起こすこともあります。また、体力や免疫力に余裕のない子猫の場合、様子を見ているうちに子猫の状態が急変してしまうこともあります。こまめに子猫の様子をチェックするようにして、状態がどんどん悪くなる前に必ず動物病院に連れて行ってあげてください。また、今回挙げた症状以外にも、子猫の症状について気になることがあるようならば、決してそのままにせず、動物病院を受診することをお勧めします。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫に嫌われるのにはワケがある?猫に嫌われる6つの行動とは?

猫はもともと警戒心の強い動物です。飼い主さんに慣れれば甘えん坊な一面も見せてくれますが、知らない他人はもちろんのこと、飼い主さん家族の中にも苦手な相手がいたりします。「家の猫がなかなか懐いて……

猫の雑学

猫が初めて家に来た!猫を家に迎え入れる時に知っておきたい5つのこと

ペットショップで購入したり人から譲り受けたりして猫が初めて家に来る日…新しい猫の飼い主さんとしては嬉しさと不安が半分半分なのではないでしょうか。猫は新しい飼い主さんや家に慣れるのに時間がかか……

初めて猫を飼う心構え

さすが猫さま(笑)!!猫を飼う心構え『猫の十戒』がツンデレすぎる

『犬の十戒』という犬から飼い主さんへの10のお願い文は有名ですよね。じつは『猫の十戒』もあることをご存知でしょうか?? ★犬の十戒はコチラ【犬の飼い主さんに一度は読んでほしい「犬の十戒」。……

猫の雑学

猫って何でこんなに可愛いの?猫を飼っている人にしかわからない「猫のあるある 」12選

猫は気まぐれで甘えん坊なのに気位が高い動物。そんな猫と暮らしている不思議なこと、面白いことがたくさんあります。今回は、猫の飼い主さんなら誰もが思い当たる猫あるあるをまとめてみました。 ……

猫の雑学

【獣医師が解説】子猫を保護した時の注意2 人に伝染る病気に注意

子猫を保護した時、気になることのひとつが感染症ですね。子猫がもつ病原体の中には、時に人の体に害を及ぼすものもあります。子猫と家族が健康に暮らしていくにはきちんとした感染症対策が必要です。今回……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】子猫の授乳をする時の注意点

生まれて間もない子猫を保護したら、その日から子猫への授乳を行なうことが必要です。生まれて間もない子猫への授乳を適切に行なうことは、子猫の命を守るためにとても大切なことなのです。ここでは、保護……

初めて猫を飼う心構え

ペットを飼う前に知っておきたい。一日のタイムスケジュール、今とどう変わる?

ペットを飼ったことがない人は、飼っている人が一日をどれくらいをペットのお世話に費やしているか、分からないですよね。一日中お世話に費やしている方もいますが、そういった方は少数で、皆様時間を工夫……

犬のニュース

獣医師が教える! 子猫を飼いはじめたときにまずするべき行動

友人が、ひょんなことから生まれたての猫を育てることになったとかで、「まだ目の開かない子猫、思いっきりかわいい!」と魅了されながらも、「でも、どう扱っていいのか分からない」とおろおろしています……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】生後間もない猫を保護をしたら

生後間もない猫を保護したときに、最初にしなくてはならないこととは、どのようなことでしょうか。子猫が元気に鳴いている場合もあれば、ぐったりしている場合もあるでしょう。いずれにしても、生まれて間……

初めて猫を飼う心構え

【動物看護師が徹底解説!】初めての動物病院。マナーは?お金は?

家に子犬や子猫を迎え入れて、初めての動物病院。以前にも飼ったことがあるのであれば心配はいりませんが、まったくの初心者の飼い主さんにとっては動物病院へ行くのも緊張してしまいますよね。どんな準備……

初めて犬を飼う心構え

【獣医師が解説】猫を拾ったらなるべく早く獣医師へ診断しましょう。

母猫の育児放棄や病気など何らかの事情で母猫のいない子猫を保護したら、まずは動物病院を受診してください。動物病院を受診し、必要な検査や処置を受けることで子猫の生存率は上がるのです。今回は、保護……

初めて猫を飼う心構え

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】キャットフードは何を選べばいい?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!猫のフードはどうやって選べばいいですか? 猫飼いの人に……

猫のニュース

病気だと思って動物病院に駆け込んだら…(笑)犬や猫の飼い主さんの勘違いエピソード!

初めて犬や猫と暮らす飼い主さんは心配なことがたくさん!!ご飯はこれでいいのか?トイレのしつけは大丈夫か?接し方は間違っていないか?など分からないことだらけで不安になることが多いのではないでし……

猫を飼う前にまず猫カフェで猫について学んでみてはいかがでしょうか

どんな猫が我が家に向いているのか ちょっと前までは、捨て猫や野良猫と出会う機会がよくありましたが、今ではその出会い方そのものが少なくなりつつあります。 猫を飼ってるお宅からの「子……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】子猫の住環境。生後1カ月までの子猫の場合。

子猫を保護したら、子猫が穏やかに暮らし、健やかに成長できるような住環境を整えましょう。適切な住環境を整えることは、子猫だけでなく、子猫を保護した人やその家族の健康や安全を守るためにもとても大……

初めて猫を飼う心構え