2017年5月17日更新

【動物看護師が解説】ビーグルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

まさに犬、といったビーグルのその容姿は、キャラクターになったり、犬が出演する映画などで必ず目にすることでしょう。人懐こく、温厚なその性格は、初心者でも扱いやすく人気の犬種です。体も比較的頑丈で、小さすぎも大きすぎもしない体格なので小さいお子さんがいる家庭でも安心して飼えますね。被毛はそれほど長くなく、手間がかからないように見えますが、実際はどうなのでしょうか?

 

トリミングは必要ない

ビーグルは短毛で、生活の邪魔になるほど被毛が伸びるわけではないので、トリミングの必要はありません。夏でも暑苦しく感じるほどの毛量はないので、サマーカットを行う必要はありません。

しかし、中には全身丸刈りにしたり、バリカンで長さを揃えたりする飼い主さんもいるので、トリミングは絶対にしてはいけないわけではありません。飼い主さんと愛犬が気持ちよく過ごすためであれば、トリミングをするという選択をしても間違いではありません。

一年に一度激しい抜け毛が

ビーグルは、上毛と下毛を持つダブルコートなので、冬には下毛を密集させ、夏にはその下毛を取り除きます。この時に激しい抜け毛があり、動いたり、身震いするだけで床に非常に多くの抜け毛が落ちるので、飼い主さんにとっては大変な時期となるでしょう。

最近では、レーキングと呼ばれる特殊な器具を使って、下毛のみを除去する作業をトリミングサロンで受けることができます。これを行うと、抜け毛の量もぐっと減るので飼い主さんも非常に楽になります。春から夏にかけてが1番抜け毛が多い時期になりますので、この期間にレーキングをしに定期的にトリミングサロンに通うのも良いかもしれません。

 

ブラッシングも有効

わざわざトリミングサロンへレーキングしに行くのが億劫だという方や、トリミングサロンに行き慣れておらず愛犬に多大なストレスがかかる、噛んだり怒ったりする可能性がある場合は、自宅でブラッシングをすれば、完璧とまではいきませんが何もしないよりは幾分マシになります。レーキングも行ったからといって抜け毛がゼロになるわけではないので、ブラッシングと同じような効果だと考えておくと良いでしょう。

抜け毛が激しくなる時期は、サッと背中にブラシを通すだけでもかなり毛が取れますので、春から夏にかけての時期だけでも毎日、もしくは2、3日に一度ブラッシングをして抜け毛を取り除く習慣をつけてみてくださいね。

 
 

関連カテゴリ