2016年11月26日更新

【動物看護師が解説】ボーダーコリーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

頭が非常によく、繊細な精神の持ち主なので飼い主さんと強固な信頼関係を持つボーダーコリー。初心者ではしつけが難しいと言われるほど、隙がなく、判断力があるので、飼い主さんも犬を飼うことについてそれなりの自信が無ければ、上手に共存することは難しいでしょう。そんなボーダーコリーは、被毛のケアはどのくらい必要になってくるのでしょうか。

被毛の種類は2種類

ボーダーコリーの被毛は、短毛のスムースタイプ、長毛でウェーブがかかったラフタイプの2種類に分けられます。スムースタイプはトリミングやブラッシングは必要ありませんが、ラフタイプの場合は定期的な手入れが必要になります。また、上毛と下毛をもつダブルコートなので、抜け毛が激しくなる換毛期にはブラッシングが必須となります。

基本的にはトリミングは必要ない

ラフタイプの場合であっても、トリミングは必要ありません。しかし、換毛期の抜け毛対策や、夏の暑さ対策で、全身丸刈りにしたり短く整えたりする飼い主さんもいるので、絶対にトリミングをしてはいけない犬種というわけではありません。特に換毛期はトリミングしておいたほうがブラッシングの手間も省け、非常に楽になるでしょう。

1つ頭に入れておくべきなのは、ボーダーコリーやシェルティーなどの一部の犬種は、一度バリカンを入れてしまうと毛質が細くて柔らかい毛に変わってしまったり、元どおりに生えるまでにかなりの時間がかかったり、ひどい場合は新しい毛が生えてこなくなったりすることがあるので、よく考えてからトリミングをしましょう。残念ながら、やってみないと結果がわからないのでプロに見てもらっても判断は難しいでしょう。対策としては、いきなり全身の毛を刈り取るのではなく、お腹の毛だけなど目立たないところをトリミングして、毛の生えや伸びが遅かったりするようであれば注意が必要です。

レーキングで掃除も楽に

サマーカットはしたくないけれど、ブラッシングを毎日やるのも大変…、と感じている飼い主さんは、トリミングサロンでレーキングという作業をしてもらうのが良いでしょう。

レーキングは、上毛を傷つけずに下毛を除去することができるので、換毛期の抜け毛が少なくなります。完璧とまではいきませんが、やるとやらないとでは大きな差があります。換毛期の間だけでもレーキングに通えば、掃除や被毛のケアも省けて、非常に楽になるでしょう。もちろん自宅で毎日根気よくブラッシングをすれば、お金もかからずレーキングと同じ効果を得ることができるので、ブラッシングが酷でなければ愛犬とのスキンシップのついでに行ってみてくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

プードルのブラッシング方法と注意点。毎日のケアで清潔を保つ!

毎日のお手入れを欠かさずに プードルはカールが可愛い毛並みの犬ですが、プードルにとってブラッシングは、皮膚を清潔に保ち、美しいコートを維持するために必要不可欠なものです。 正しい知識と技……

犬のトリミング

現役トリマーが教える犬用シャンプーの選び方<基礎編>

髪のパサつき、静電気が気になる今の季節。犬のためにも毛質に合ったヘアケア商品を選んであげたいものです。 そこで今回は、シャンプーやコンディショナー、スムーサーなど、たくさんの商品を取り扱う……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが……

犬のシャンプー

【初めて犬を飼う方必見!】おすすめの犬用シャンプー10選

犬の場合、汗腺の違い(アポクリン腺とエクリン腺の多さの違い)、体毛の量や種類の違い(トップコート、アンダーコートや一つの毛穴からの毛の生え方など)、皮膚の厚さ、肌のデリケートさ(phなど)、……

犬のシャンプー

これでバッチリ!プードルのお手入れの仕方

トリマーさんがプードルの毛のお手入れをしてくれるから、飼い主さん自身は何もしなくて良いと思っていませんか? プードルのかわいさを保つためには、毎日の飼い主さんのお手入れが必要なんです。 ……

犬のトリミング

【動物看護士が解説】老犬でも毛並みを元気に見せる方法

人間が高齢になってくると、髪の毛が痩せ、白髪が増えてくることと一緒で、犬も高齢になると被毛が枯れたような印象になってしまいます。顔は白髪交じりになり、眼はくぼんで潤いが少なくなり・・・。 ……

犬のブラッシング

自宅でできる犬用のトリミング便利グッズ おすすめ10選

トリマーさんのいるトリミングサロンや動物病院でトリミングをしてもらうというのもいいのですが、簡単な部分や日頃のお手入れには自宅でできることをしてあげたいですね。 また、トリミングに使う……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ラブラドールレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

盲導犬など、人を手助けする非常に頭の良い犬種で有名な、ラブラドール。子犬の頃はやんちゃでいたずら好きであるものの、きちんとしつけをすれば善悪を記憶し理解する、人間と共存するにはとても相性の良……

犬のシャンプー

【動物看護士直伝】子犬のシャンプーはいつから?シャンプーを嫌いにさせないコツは?

犬にとってシャンプーは、一生つきまとうケアの一つです。子犬の時期にシャンプーを嫌いにさせてしまうと、成犬になっても嫌がり、手に負えなくなってしまうことがあります。 シャンプー=楽しいこ……

犬のシャンプー

現役トリマーが教える犬用シャンプーの選び方 <上級編>

前回、犬用シャンプー選び方<基礎編>では、トリートメントインシャンプーを中心に、お手軽なシャンプーを紹介しました。 続く今回の上級編では、もう少し仕上がりにこだわりたい人のために、トリミン……

犬のシャンプー

犬の毛を剃るとどうなる?犬のサマーカット・夏のトリミングについて

夏は暑くて、むしむししますよね。私たち人間は、夏になると気候に合わせて洋服を変えたりプールに行ったり、ヘアーを短くカットしたりできますが、犬はそのような事ができません。 犬も暑い!と思……

犬のシャンプー

【お掃除簡単!】愛犬・愛猫の抜け毛対策おすすめ10選

家に犬や猫がいると、換毛期は特にですが、日常的にも抜け毛対策が大変です。服やじゅうたん、その他の床の上、布団……いろいろなところに抜け毛が付いて、困った経験がある方は多いのではないでしょうか……

犬のシャンプー

この夏は「レイキング」を取り入れて、犬も飼い主もすっきりしよう!犬のレイキングについて

みなさんは「レイキング」という言葉を聞いたことがありますか? これはドッグサロンなどにあるメニューで、カットとは異なるものです。 愛犬の暑さ対策、抜け毛対策にもってこいのメニュー……

犬のブラッシング

パグのチャームポイント!顔のしわを綺麗に保つシャンプー方法

パグといえば顔に刻まれた深いしわですね。ちょっと困ったような顔にも、おどけているような顔にも見える、表情豊かなしわくちゃ顔は何といってもパグのチャームポイントです!そんなチャームポイントのし……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ジャックラッセルテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

テリア種は気が強く、自尊心も強いので、きちんとしつけなければ共存が難しくなるほどです。ジャックラッセルテリアは特にその血を強く感じさせる犬種と言えるでしょう。愛らしい顔つきからは考えられない……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】アメリカンコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

アメリカンコッカースパニエルの性格と性質 性格 アメリカンコッカースパニエルといえば、ディズニー映画の「わんわん物語」で有名になった犬種です。穏やかでありながら、いつも陽気な笑顔を見……

犬のブラッシング

犬の入浴、正しくできてますか?正しいお風呂の頻度や方法は?

人間の入浴方法をイメージしながら愛犬の入浴を行うと、上手くいかないことが多くなってしまいます。私たちは、人間に合った形で入浴を行っているので、犬も同様の入浴方法を用いて入浴させれば良いという……

犬のトリミング

愛犬の”臭い”を解消しよう!

これからの時期、湿度も高くなってくると犬の“臭い”が家にこもりがちになりますね。愛犬の“臭い”は日常のちょっとの工夫で解消できるのをご存知ですか? そこで今回は愛犬の“臭い”を解消する……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】フレンチブルドッグとの暮らしで注意すること

フレンチブルドッグの性格と性質 性格 フレンチブルドッグは、明るく陽気な性格の持ち主です。その表情は、いつもにこにこしながら、家族の一員であることを楽しむかのようです。遊ぶことや、家……

犬のトリミング

シャンプー、爪切り、トリミング…自宅でできる犬の手入れのポイント【動物看護士が解説】

愛犬のシャンプーや爪切りなどの手入れは月にどのくらい行っていますか?毎回トリミングサロンにお願いしていますか?出来ればもっと頻繁にトリミングサロンにお願いしたいけど、お金のこともあるし、回数……

犬のブラッシング