2016年11月19日更新

【動物看護師が解説】キャバリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大人しく、優しい性格のキャバリアは、小さな子供のいる家庭から、老夫婦まで、かなり幅広い世代で愛されている犬種です。個体によっては、活発で遊び好きなこともありますが、ほとんどは1日をゆったり過ごし、飼い主さんの側を離れない、とても従順な犬です。体の被毛はすっきりして見えるものの、耳や尾の毛は豊富で、トリミングや自宅でのケアはどのように行えばよいのでしょうか。

トリミングは必要ない

キャバリアは被毛が長く伸びる犬種ではないので、本来であればトリミングは必要ありません。

しかし、耳の毛が長すぎて食事の際に邪魔になったり、四肢の裏に生えている飾り毛が邪魔だったり、生活しにくくなっている場合は、毛先を整えたり、短く切ってしまっても構いません。個体によっては、体の毛もかなり伸び、カールがかっている被毛を持つこともあるので、見栄えを良くするためにトリミングをすることもあるようです。

本来トリミングをしない犬種だからといって、ハサミやバリカンを使用してはいけないわけではありません。飼い主さんや愛犬が生活しやすいようになれば、トリミングするしないを自由に選択して構いません。

耳が分厚いので定期的なケアを

キャバリアは元々耳の皮膚が分厚く、重い耳をしています。そのため、耳の中は蒸れやすく、一度炎症を起こすとなかなか治らなくなってしまいます。湿気が多い状態だと細菌なども繁殖しやすく汚れやすくなるので、3日に一度程度は耳の穴の周りを濡れたコットンで優しく拭くなど、清潔を保つためのケアが必要になるでしょう。

梅雨や夏は特に湿気が多いので、いつも以上に注意が必要です。耳を拭く際は、綿棒は使わず、清潔なコットンに水や耳洗浄液を付けて、指に巻いて、耳の穴を拭うように拭きましょう。黒や茶色の汚れがついていなければ、行わなくても大丈夫ですが、匂いを嗅いでみて臭いを感じるようであれば汚れが目に見えなくても、ふき取ると良いでしょう。

綿棒を使って耳の穴の奥まで掃除しようとすると、耳の中を傷付ける恐れや、耳垢を奥に押し込めてしまう可能性もあるので、自宅で自己判断で行うのはやめましょう。耳の周りを拭いても耳を痒がったり、臭う場合は、かかりつけの動物病院へ連れて行き、耳の中を見てもらうと良いでしょう。

ブラッシングは頻繁に

被毛はそれほど長くなく、毛玉になるほどではありませんが、週に2、3回は自宅でブラッシングをすると良いでしょう。個体によっては毛玉になるほどの長さと毛量があることがありますから、そういった場合はできれば毎日ブラッシングをしましょう。脇の下やお腹、内股、耳の後ろは特に毛玉が出来やすい部分なので、その部分だけでも毎日ブラシを通してチェックするようにしましょう。

キャバリアは上毛と下毛を持つダブルコートなので、冬は下毛を密集させ、春から夏にかけてその下毛を抜き落とします。これを換毛期と呼びますが、この時期はどんな毛の長さ、毛量であっても、毎日ブラッシングしましょう。換毛期は非常に多くの抜け毛が出るので、愛犬が動くたび、身体を身震いする度に、掃除が必要になるほどになるでしょう。少しでも抜け毛を減らすためにも、ブラッシングをしてある程度除去してしまえば、そういった状況を回避することができます。

毎日ブラッシングをするのが億劫な場合は、トリミングサロンに行ってレーキングという下毛除去作業をしてもらうのも良いでしょう。ブラッシングよりも多くの抜け毛を除去できて、スッキリした姿で帰ってきます。お金はかかってしまいますが、時々プロの眼で愛犬を見てもらうと、普段気付かなかった体の変化などを指摘してもらう機会になりますので、オススメですよ。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【動物看護師が解説】プードルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

毛をカットして形を作るトリミング犬種の代表格、プードル。なぜ、トリミングが必要なのか、普段どんな被毛の手入れが必要なのでしょうか?今回はプードルの被毛についてお話しします。 プードルの……

犬のブラッシング

人間用のシャンプーは使える?ドッグマッサージセラピストが解説する愛犬の皮膚とシャンプー

花が咲き始め新緑も生き生きと葉を広げポカポカな季節になりました。 動物たちにとっても心地よい季節、愛犬と一緒にお出かけする方も多いのではないでしょうか。 お外で遊んだり、川やうみで泳いだ……

犬のシャンプー

犬を自宅でグルーミング! グルーミングに必要なものとその選び方

グルーミングとは、愛犬の被毛、爪、目、耳、歯など、体全体のお手入れの総称です。 具体的には、ブラッシング(ブラシを使う)、コーミング(クシを使う)、シャンプー・リンス(入浴)、爪切り、……

犬の毛のお手入れ

たまにはプロの手でお手入れさせたい。「ドッグサロン」の選び方

昔にはなかったペットサービスのひとつがドックサロンでしょう。ドッグサロンとは早い話、犬の美容室でシャンプー、トリミング、ブラッシング、爪切り、耳そうじなどを飼い主に代わって行ってくれるところ……

犬のブラッシング

愛犬をお風呂に入れたい!正しいシャワー・シャンプーの方法は?

愛犬のお風呂って結構大変ですよね。お風呂嫌いな愛犬だったらなおさらです。でもお風呂は愛犬を綺麗にするだけではなく、病気の予防、治療といった点でも大事なことなのです。 今回は愛犬のお風呂を少……

犬のシャンプー

愛犬の”臭い”を解消しよう!

これからの時期、湿度も高くなってくると犬の“臭い”が家にこもりがちになりますね。愛犬の“臭い”は日常のちょっとの工夫で解消できるのをご存知ですか? そこで今回は愛犬の“臭い”を解消する……

犬のトイレグッズ

【ペットシッターが解説】ウエストハイランドホワイトテリアとの暮らしで注意すること

ウエストハイランドホワイトテリアの性格と性質 性格 ウエスティと呼ばれ、スコットランド発祥のテリアとして、人気のウエストハイランドホワイトテリアは、活発さと甘えん坊な二面性を持った犬……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】イングリッシュコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

イングリッシュコッカースパニエルの性格と性質 性格 イングリッシュコッカースパニエルは、いつも明るい笑顔で家族をなごましてくれる優しさを持っています。また、とても利口で家族に対して忠……

犬の歯の磨き方

【ペットシッターが解説】ラブラドールレトリバーとの暮らしで注意すること

ラブラドールレトリバーの性格と性質 性格 ラブラドールレトリバーは、とにかく賢くて、その優しさと従順な性格が人気の大型犬です。その賢さは、盲導犬などの仕事ぶりを見ていても分かりますが……

風呂嫌いでも簡単! 獣医に聞いた、犬・猫を自宅で簡単にお風呂に入れるコツ

SNSや共有サイトで、気持ちよさそうにお風呂に入る犬や猫の動画が出回っていますが、獣医師で動物病院Rire(リール。東京都渋谷区)の橋本理沙院長は、「お風呂嫌いの犬や猫は少なくありません。で……

猫のシャンプー

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】シェトランド・シープドッグとの暮らしで注意すること

シェトランド・シープドッグの性格と性質 性格 シェルティーの愛称で親しまれているシェトランド・シープドッグは、明るくて優しい性格を持っています。さらに非常に賢いのでしつけもしやすいと……

犬のしつけの基礎

【動物看護師が解説】アメリカンコッカースパニエルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

活発で人懐こく、我が強い部分もありながらも、その可愛らしさで憎みきれない小悪魔的な性格のアメリカンコッカー。大きな垂れた瞳に、長い耳、ウェーブがかった金色の被毛は一度見たら虜になってしまうで……

犬のトリミング

現役トリマーが教える犬用シャンプーの選び方 <上級編>

前回、犬用シャンプー選び方<基礎編>では、トリートメントインシャンプーを中心に、お手軽なシャンプーを紹介しました。 続く今回の上級編では、もう少し仕上がりにこだわりたい人のために、トリミン……

犬のシャンプー

【お掃除簡単!】愛犬・愛猫の抜け毛対策おすすめ10選

家に犬や猫がいると、換毛期は特にですが、日常的にも抜け毛対策が大変です。服やじゅうたん、その他の床の上、布団……いろいろなところに抜け毛が付いて、困った経験がある方は多いのではないでしょうか……

犬のトリミング

この夏は「レイキング」を取り入れて、犬も飼い主もすっきりしよう!犬のレイキングについて

みなさんは「レイキング」という言葉を聞いたことがありますか? これはドッグサロンなどにあるメニューで、カットとは異なるものです。 愛犬の暑さ対策、抜け毛対策にもってこいのメニュー……

犬のトリミング

プラッキングとペットカットの違いは?テリア種のトリミング方法について

放っておくとどんどん被毛が伸びるトリミング犬種。定期的なトリミングでカットしたり、被毛を整えたりする事が必要です。 そんな中、テリア種に限らず、シュナウザーやワイヤーダックスなど、「プ……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】ラブラドールレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

盲導犬など、人を手助けする非常に頭の良い犬種で有名な、ラブラドール。子犬の頃はやんちゃでいたずら好きであるものの、きちんとしつけをすれば善悪を記憶し理解する、人間と共存するにはとても相性の良……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】アメリカンコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

アメリカンコッカースパニエルの性格と性質 性格 アメリカンコッカースパニエルといえば、ディズニー映画の「わんわん物語」で有名になった犬種です。穏やかでありながら、いつも陽気な笑顔を見……

犬のシャンプー

これでバッチリ!プードルのお手入れの仕方

トリマーさんがプードルの毛のお手入れをしてくれるから、飼い主さん自身は何もしなくて良いと思っていませんか? プードルのかわいさを保つためには、毎日の飼い主さんのお手入れが必要なんです。 ……

犬のトリミング