2016年11月30日更新

【動物看護師が解説】ミニチュアピンシャーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

小さい体ながら、筋肉質でキリッとした顔が特徴のミニチュアピンシャー。まるでドーベルマンを思わせるかのようなその姿は、大型犬を飼うことのできない飼い主さんにとっては、非常に魅力的な犬種です。性格も従順で、勇敢、個体によっては寂しがりで臆病なこともありますが、そんな拍子抜けするような弱々しい姿も可愛らしく感じるでしょう。ミニチュアピンシャーを飼うには、トリミングや自宅での被毛のケアはどのくらい必要なのでしょうか?

トリミングは必要ない

ミニチュアピンシャーは、被毛が短く、それ以上伸びることはないためトリミングは必要ありません。むしろ冬場は寒々しく思えるほど毛量が少ないので、夏場であってもサマーカットなどをする必要はありません。一年を通してトリミングにお世話になることは、健康である限りないでしょう。

毛量が少ないので、抜け毛もほぼないと思われがちですが、短い毛がハラハラとよく落ちます。抜け毛を処理するためにブラッシングなどをするほどではありませんが、床に抜け落ちる量はなかなかなので部屋の掃除の手間はかかることは覚悟しておきましょう。

冬場は洋服で防寒を

ミニチュアピンシャーは、筋肉質でたくましい個体もいれば、細々として軟弱そうな個体もいます。生活環境により、筋肉がつきやすかったりそうでなかったり、差があるのは当たり前のことです。しかし、筋肉があまりついていないのも悪いことではありませんが、その場合冬場はかなり寒がることがあるでしょう。外出をするとブルブルと震えて可哀想になるくらい、寒がる個体もいるので、防寒用の洋服を最低1着は用意しておきましょう

普段から洋服に着慣れていなくて嫌がるのであれば無理に着せることはありませんが、着ても気にならずに歩いたりできるのであれば是非着せてあげてください。

シャンプーは定期的に

トリミングをしないとなると、シャンプーも怠りがちですが、シャンプーだけは月に1度程度、定期的に行いましょう

目視では汚れていなくても、実は皮脂や排泄物で汚れています。汚れをそのままにしておくと、皮膚炎の原因にもなりますので、忘れずに定期的に行ってください。中には脂性肌や乾燥肌がいて、頻度はそれぞれ違くなってくると思いますが、愛犬がどんな肌でどれくらいの頻度でシャンプーを行えばよいのかわからない場合は、かかりつけの動物病院かトリミングサロンで相談をしてみましょう。夏と冬で、効能の違うシャンプーを使ったり、皮膚をすこやかに保つためのヒントが受け取れるはずです。

大人しい性格であれば、自宅でもシャンプーができると思いますが、それでも3ヶ月に1度程度はきちんとプロに皮膚を見てもらうことをお勧めします。飼い主さんでは気づかなかった皮膚の病変や、その他の疾患が見つかることもありますので、是非時々トリミングサロンや動物病院に連れて行ってみて下さいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

たまにはプロの手でお手入れさせたい。「ドッグサロン」の選び方

昔にはなかったペットサービスのひとつがドックサロンでしょう。ドッグサロンとは早い話、犬の美容室でシャンプー、トリミング、ブラッシング、爪切り、耳そうじなどを飼い主に代わって行ってくれるところ……

犬のシャンプー

愛犬をお風呂に入れたい!正しいシャワー・シャンプーの方法は?

愛犬のお風呂って結構大変ですよね。お風呂嫌いな愛犬だったらなおさらです。でもお風呂は愛犬を綺麗にするだけではなく、病気の予防、治療といった点でも大事なことなのです。 今回は愛犬のお風呂を少……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ラブラドールレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

盲導犬など、人を手助けする非常に頭の良い犬種で有名な、ラブラドール。子犬の頃はやんちゃでいたずら好きであるものの、きちんとしつけをすれば善悪を記憶し理解する、人間と共存するにはとても相性の良……

犬のトリミング

【ペットシッターが解説】ボーダーコリーとの暮らしで注意すること

ボーダーコリーの性格と性質 性格 ボーダーコリーは、人にも犬にフレンドリーでその賢さからも人気の犬種です。もともと、有名な牧羊犬の犬種ということもあり、その運動能力と体力、パワーには……

犬のブラッシング

【動物看護士が解説】老犬でも毛並みを元気に見せる方法

人間が高齢になってくると、髪の毛が痩せ、白髪が増えてくることと一緒で、犬も高齢になると被毛が枯れたような印象になってしまいます。顔は白髪交じりになり、眼はくぼんで潤いが少なくなり・・・。 ……

犬のシャンプー

犬のトリミングをする理由と、自宅で出来るトリミング方法

犬を飼われている方にお聞きします。自宅で飼われている犬のトリミングはしていますか?行なっている方は、どれくらいの頻度で行なっていますか? そんな犬のトリミングについて、飼い主が自ら行な……

犬のトリミング

シャンプー、爪切り、トリミング…自宅でできる犬の手入れのポイント【動物看護士が解説】

愛犬のシャンプーや爪切りなどの手入れは月にどのくらい行っていますか?毎回トリミングサロンにお願いしていますか?出来ればもっと頻繁にトリミングサロンにお願いしたいけど、お金のこともあるし、回数……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】フレンチブルドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大きな耳と真っ直ぐ長く伸びた四肢が特徴のフレンチブルドッグ。短頭種の中では鼻が高い方と言われていて、顔のシワも少なく、パグなど特有のイビキのような息遣いも少ないとされています。非常に利口で人……

犬のブラッシング

プラッキングとペットカットの違いは?テリア種のトリミング方法について

放っておくとどんどん被毛が伸びるトリミング犬種。定期的なトリミングでカットしたり、被毛を整えたりする事が必要です。 そんな中、テリア種に限らず、シュナウザーやワイヤーダックスなど、「プ……

犬のトリミング

現役トリマーが教える犬用シャンプーの選び方 <上級編>

前回、犬用シャンプー選び方<基礎編>では、トリートメントインシャンプーを中心に、お手軽なシャンプーを紹介しました。 続く今回の上級編では、もう少し仕上がりにこだわりたい人のために、トリミン……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ボーダーコリーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

頭が非常によく、繊細な精神の持ち主なので飼い主さんと強固な信頼関係を持つボーダーコリー。初心者ではしつけが難しいと言われるほど、隙がなく、判断力があるので、飼い主さんも犬を飼うことについてそ……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】アメリカンコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

アメリカンコッカースパニエルの性格と性質 性格 アメリカンコッカースパニエルといえば、ディズニー映画の「わんわん物語」で有名になった犬種です。穏やかでありながら、いつも陽気な笑顔を見……

アメリカン・コッカー・スパニエル

犬を自宅でグルーミング! グルーミングに必要なものとその選び方

グルーミングとは、愛犬の被毛、爪、目、耳、歯など、体全体のお手入れの総称です。 具体的には、ブラッシング(ブラシを使う)、コーミング(クシを使う)、シャンプー・リンス(入浴)、爪切り、……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】ラブラドールレトリバーとの暮らしで注意すること

ラブラドールレトリバーの性格と性質 性格 ラブラドールレトリバーは、とにかく賢くて、その優しさと従順な性格が人気の大型犬です。その賢さは、盲導犬などの仕事ぶりを見ていても分かりますが……

【お掃除簡単!】愛犬・愛猫の抜け毛対策おすすめ10選

家に犬や猫がいると、換毛期は特にですが、日常的にも抜け毛対策が大変です。服やじゅうたん、その他の床の上、布団……いろいろなところに抜け毛が付いて、困った経験がある方は多いのではないでしょうか……

犬のトリミング

人間用のシャンプーは使える?ドッグマッサージセラピストが解説する愛犬の皮膚とシャンプー

花が咲き始め新緑も生き生きと葉を広げポカポカな季節になりました。 動物たちにとっても心地よい季節、愛犬と一緒にお出かけする方も多いのではないでしょうか。 お外で遊んだり、川やうみで泳いだ……

犬のシャンプー

【動物看護士直伝】子犬のシャンプーはいつから?シャンプーを嫌いにさせないコツは?

犬にとってシャンプーは、一生つきまとうケアの一つです。子犬の時期にシャンプーを嫌いにさせてしまうと、成犬になっても嫌がり、手に負えなくなってしまうことがあります。 シャンプー=楽しいこ……

犬のシャンプー

現役トリマーが教える犬用シャンプーの選び方<基礎編>

髪のパサつき、静電気が気になる今の季節。犬のためにも毛質に合ったヘアケア商品を選んであげたいものです。 そこで今回は、シャンプーやコンディショナー、スムーサーなど、たくさんの商品を取り扱う……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】アメリカンコッカースパニエルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

活発で人懐こく、我が強い部分もありながらも、その可愛らしさで憎みきれない小悪魔的な性格のアメリカンコッカー。大きな垂れた瞳に、長い耳、ウェーブがかった金色の被毛は一度見たら虜になってしまうで……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが……

犬のシャンプー