2016年12月3日更新

【動物看護師が解説】ミニチュアシュナウザーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

数年前のあるドラマに出演したことをきっかけに、人気が急上昇したシュナウザー。頭の良い犬種なので、しつけもしやすく、温厚な性格で初心者の飼い主さんにもオススメです。プードルのように様々なカットスタイルを楽しめることも人気の理由の1つで、個性的な、自分の愛犬ならではのスタイルを作り出すことができます。では、トリミングはどれくらいの頻度で必要で、自宅でのケアはどれくらい必要なのでしょうか?

トリミングは必須、様々なカットスタイルも

シュナウザーは、被毛が長く伸び続けるため定期的なトリミングが必要な犬種です。

シュナウザーには、シュナウザー特有のカットスタイルがあり、現在では基本的なものを土台に様々な個性的なスタイルを希望する飼い主さんも増えてきています。シュナウザーの毛質は柔らかすぎず、硬すぎもしない毛質なのでボリュームも出やすくカットが自在に楽しめます。

長く伸ばせばボリュームダウンしてエレガントなイメージになり、短く切ればボリュームが出て活発で可愛らしいイメージに仕上がります。基本的には体の上半分はバリカンで刈るスタイルが多いですが、モヒカンのように背筋の部分に毛を残したりするスタイルも人気があります。

スタイルによっては日々のケアが必要なことも

どんなカットスタイルにするかにもよりますが、多くの飼い主さんは体の下の部分(四肢やお腹)の毛を長く残し、ブーツカットのようにすそ広がりにカットしたり、しずく型にカットしたりするため、足元には長い毛が残ることになります。長い毛が残るということは、毛もつれや毛玉ができる可能性がでてくるため、自宅でのブラッシングが必要になります。

お腹や足先は排泄や散歩で汚れる部分なので、ブラッシングせずに放置すると皮膚炎を起こすこともあります。汚れを落とす意味でも毎日のブラッシングは欠かさないようにしましょう。

顔周りのケアも忘れずに

シュナウザーは眉上や、口周りの毛を残すのが基本的な形で、残した毛を丸みをもたせてカットさせるのが現在流行っているスタイルです。可愛らしくとても人気があるのですが、目周りはきちんとケアをしないと目の病気にかかる恐れがあり、口周りも食事の際に必ず汚れるので、この部分もブラッシングや場合によっては濡れタオルなどの清拭も必要になってくるでしょう。

目元のブラッシングをするときは、必ずクシのような先の鋭くないブラシを使い、額から鼻の方向のみで動かすようにしましょう。ブラシで目を傷つけないように注意が必要です。

従順でかしこく、ケアもしやすい

シュナウザーは賢い個体が多いので、暴れまわって自宅でケアできないということはあまりないのではないでしょうか。あまりブラッシングが好きでないのであれば、1日1部分ずつでも構いませんので、おやつなどで気を引きながら慣れさせてあげましょう。そうしていくうちに、ブラッシングが好きになってくれるはずです。

毛玉ができやすい毛質なので、是非毎日の生活の中にブラッシングを取り入れてみてくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【動物看護師が解説】フレンチブルドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大きな耳と真っ直ぐ長く伸びた四肢が特徴のフレンチブルドッグ。短頭種の中では鼻が高い方と言われていて、顔のシワも少なく、パグなど特有のイビキのような息遣いも少ないとされています。非常に利口で人……

犬のブラッシング

プードルのブラッシング方法と注意点。毎日のケアで清潔を保つ!

毎日のお手入れを欠かさずに プードルはカールが可愛い毛並みの犬ですが、プードルにとってブラッシングは、皮膚を清潔に保ち、美しいコートを維持するために必要不可欠なものです。 正しい知識と技……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】プードルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

毛をカットして形を作るトリミング犬種の代表格、プードル。なぜ、トリミングが必要なのか、普段どんな被毛の手入れが必要なのでしょうか?今回はプードルの被毛についてお話しします。 プードルの……

犬のシャンプー

【初めて犬を飼う方必見!】おすすめの犬用シャンプー10選

犬の場合、汗腺の違い(アポクリン腺とエクリン腺の多さの違い)、体毛の量や種類の違い(トップコート、アンダーコートや一つの毛穴からの毛の生え方など)、皮膚の厚さ、肌のデリケートさ(phなど)、……

犬のシャンプー

【動物看護士が解説】シニア犬でも毛並みを元気に見せる方法

人間が高齢になってくると、髪の毛が痩せ、白髪が増えてくることと一緒で、犬も高齢になると被毛が枯れたような印象になってしまいます。顔は白髪交じりになり、眼はくぼんで潤いが少なくなり・・・。 ……

犬のシャンプー