2016年10月14日更新

【動物看護師が解説】柴犬にトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

和犬の中で1番馴染みがあるのは柴犬ですね。外でも、室内でも買いやすい体格と、飼い主さんにしか懐かない従順さが人気の理由であり、お年寄りから若い人まで幅広く愛されている犬種です。柴犬は毛が短く、カットをするイメージはないと思いますが、実際はどうなのでしょうか?

 

トリミングは必要ない

柴犬は短いまま被毛の成長が止まるので、わざわざ刈り取ったり、ハサミで切ったりする必要はありません。その代わり、ブラッシングは必須です。柴犬の被毛はダブルコートといわれる上毛と下毛を持つ犬種であるため、冬場は下毛を豊富に蓄え、春から夏にかけて蓄えた下毛を抜き落とします。これを換毛期と呼び、柴犬の換毛期は他の犬種と比べ物にならないほどの抜け毛が出ます。放っておくと、抜けた下毛が浮き出てきてボコボコと穴が開いたように見えて、まるで皮膚病か何かにかかったかと思うほどの見た目になるので、そうならないためにも定期的なブラッシングが必要です。

サロンに行くのであれば、レーキングを

柴犬を外飼いしている飼い主さんも多く、ブラッシングもシャンプーもほとんどしないというご家庭もあるでしょう。今までそうしてきたのであれば、今からトリミングサロンに行けるように努力する必要はありませんが、サロンに行けるのであれば換毛期の前後にレーキングという下毛除去に通うのが良いでしょう。レーキングに行けば、完全ではありませんが、多量の抜け毛に悩まされることはなくなるでしょう。

サロンに連れていけるような性格でなければ、家で地道に少しずつブラッシングしていきましょう。おとなしい個体なら良いですが、気性が荒く飼い主さんでも身体中安易に触らせないようであれば無理に行う必要はありません。

 

性格や生活環境で対応は変わる

室内飼いで大人しい性格であればサロンにお願いすることができるかもしれませんが、外飼いで人間と接する機会が少なく慣れていなければ無理に連れて行かなくて大丈夫です。換毛期は少し大変かもしれませんが、ブラッシングをしなければ抜け落ちないわけではないので、気長に自然に全て抜け落ちるのを待っていても大丈夫です。柴犬は神経質で飼い主以外には心を許さない個体が多いので、ブラッシングが必須の犬種ではありますが、お互いにストレスになるようであれば行う必要はありません。換毛期終盤になると、毛先を少し摘んだだけでゴッソリ抜け落ちるので、触れるときにちょこちょこ引っ張って抜いてしまっても大丈夫です。愛犬の性格などをよく考えて、それぞれにあった対応をしましょう。

【柴犬の関連記事】

柴犬の飼い方、柴犬との暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】

 
 

関連カテゴリ