2016年12月6日更新

【動物看護師が解説】プードルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

毛をカットして形を作るトリミング犬種の代表格、プードル。なぜ、トリミングが必要なのか、普段どんな被毛の手入れが必要なのでしょうか?今回はプードルの被毛についてお話しします。

プードルの被毛の特徴は?

プードルの被毛といえば、特徴的な”巻き毛”ですよね。巻き毛であることで、シャンプーしたてや、トリミング直後は手触りがよく、ボリュームもあり、とても可愛く見えるものですが、実は何の手入れをしないでいると大変なことになってしまう原因でもあるのです。

また、シングルコート(上毛のみ)で激しい換毛期がないため、抜け毛が一年中少なく済み、家の掃除もとても楽になります。

毛色は様々

プードルというと、最初に思い浮かぶ毛色は何色でしょうか?茶色や白が一般的と思いますが、他にもシルバーや黒などの毛色も存在します。(正式には、アプリコット、レッドなどと呼び名があります)

濃い茶色や黒などの、色の濃い犬種であればあまり気になることはありませんが、白などの淡い色のプードルは、涙やけと呼ばれる涙の線のようなものに注意する必要があります。目頭から口角に向かって出来る黒い線のことを言いますが、1番に目に入る顔の中心部分にできてしまうため、涙を拭き取る、色がついてしまったらその毛をカットして取り除くなどのこまめなケアが必要になります。

トリミングの必要性は?

プードルにトリミングは不可欠です。

若い頃から、老犬になるまでトリミングをしなくてはなりません。なぜなら、プードルの被毛は放っておけば永遠に伸び続けるので、放置すると毛は伸び放題になり、巻き毛が絡まり、全身が毛玉のようになってしまいます

トリミングはお金がかかることではありますが、節約のために毎回限界と思われるところまで伸ばすのは良いとは言えません。個体によっては、脂性体質である場合がありますので毛の密度が高くなると皮膚炎を起こす可能性もあります。プードルを買うのであれば、継続的かつ、短期間でのトリミングができる経済力がなければ買うことは難しいでしょう。

日頃の手入れは?

定期的にトリミングに通っていたとしても、日頃から自宅でブラッシングをする必要があります。

人間がパーマをかけた際、濡らすと巻きが強くなり、乾かすと少し巻きが弱くなりますよね。それと同じで、プードルの被毛も湿気や雨、自身の脂などでどんどん巻きが強くなっていきます。

そのまま放置すると毛束になり、ワックスで固めたような巻き毛になってしまいます。この状態だと毛玉ができやすく、良い状態とは言えません。こうならないためには、毎日一部分ずつでも良いのでブラッシングをして、巻きを伸ばし、絡まるのを防ぐ必要があります。

細かいケアが必要

プードルは丸々していてとても可愛い犬種ではありますが、被毛に関しては細かいケアが日頃から必要になります。ブラッシングなどの手間が苦にならず、トリミングにかける経済力があれば、非常に飼いやすくしつけやすい犬種であるといえるでしょう。まだ買おうか悩んでいる方は、今一度プードルの被毛の手入れが継続してできるかどうか考えてみて下さいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

ちょっぴり脂性?ヨークシャー・テリアのシャンプー方法

ヨークシャー・テリアの最大の魅力!それは7色に変化するといわれる絹のように長く美しい被毛ですね。ヨークシャー・テリアの絹のような毛艶は皮脂の分泌によるものです。そのためしっかりと手入れをして……

犬のシャンプー

たまにはプロの手でお手入れさせたい。「ドッグサロン」の選び方

昔にはなかったペットサービスのひとつがドックサロンでしょう。ドッグサロンとは早い話、犬の美容室でシャンプー、トリミング、ブラッシング、爪切り、耳そうじなどを飼い主に代わって行ってくれるところ……

【お掃除簡単!】愛犬・愛猫の抜け毛対策おすすめ10選

家に犬や猫がいると、換毛期は特にですが、日常的にも抜け毛対策が大変です。服やじゅうたん、その他の床の上、布団……いろいろなところに抜け毛が付いて、困った経験がある方は多いのではないでしょうか……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】フレンチブルドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大きな耳と真っ直ぐ長く伸びた四肢が特徴のフレンチブルドッグ。短頭種の中では鼻が高い方と言われていて、顔のシワも少なく、パグなど特有のイビキのような息遣いも少ないとされています。非常に利口で人……

犬のトリミング

プードルのブラッシング方法と注意点。毎日のケアで清潔を保つ!

毎日のお手入れを欠かさずに プードルはカールが可愛い毛並みの犬ですが、プードルにとってブラッシングは、皮膚を清潔に保ち、美しいコートを維持するために必要不可欠なものです。 正しい知識と技……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】アメリカンコッカースパニエルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

活発で人懐こく、我が強い部分もありながらも、その可愛らしさで憎みきれない小悪魔的な性格のアメリカンコッカー。大きな垂れた瞳に、長い耳、ウェーブがかった金色の被毛は一度見たら虜になってしまうで……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】ジャックラッセルテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

テリア種は気が強く、自尊心も強いので、きちんとしつけなければ共存が難しくなるほどです。ジャックラッセルテリアは特にその血を強く感じさせる犬種と言えるでしょう。愛らしい顔つきからは考えられない……

犬のトリミング

犬の入浴、正しくできてますか?正しいお風呂の頻度や方法は?

人間の入浴方法をイメージしながら愛犬の入浴を行うと、上手くいかないことが多くなってしまいます。私たちは、人間に合った形で入浴を行っているので、犬も同様の入浴方法を用いて入浴させれば良いという……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ヨークシャーテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

小型ながら活発で遊び好きな明るい性格であるヨークシャーテリア(以下、ヨーキー)。人懐こく、運動量は少なくて済むことから室内飼いには最適で人気な犬種でもあります。最近は短く被毛をカットしている……

犬のトリミング

この夏は「レイキング」を取り入れて、犬も飼い主もすっきりしよう!犬のレイキングについて

みなさんは「レイキング」という言葉を聞いたことがありますか? これはドッグサロンなどにあるメニューで、カットとは異なるものです。 愛犬の暑さ対策、抜け毛対策にもってこいのメニュー……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】チワワにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

とあるCMで爆発的に人気が出たチワワ。その人気ぶりは現在も続いていて、成犬になっても持ち上げるのが大変なほど大きくはならず、体も小さく運動量が少なくて済む個体もいるため、散歩の手間が省けて室……

犬のトリミング

柴犬の飼い方、柴犬との暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】

柴犬の性格と性質 性格 柴犬は、日本犬を代表する犬種です。まさに、その性格も日本犬ならではの、忠実さ、従順さ、勇敢な態度、自信を持った行動をしています。忠実さと勇敢さを持っていますの……

犬の毛のお手入れ

現役トリマーが教える犬用シャンプーの選び方<基礎編>

髪のパサつき、静電気が気になる今の季節。犬のためにも毛質に合ったヘアケア商品を選んであげたいものです。 そこで今回は、シャンプーやコンディショナー、スムーサーなど、たくさんの商品を取り扱う……

犬のシャンプー

プラッキングとペットカットの違いは?テリア種のトリミング方法について

放っておくとどんどん被毛が伸びるトリミング犬種。定期的なトリミングでカットしたり、被毛を整えたりする事が必要です。 そんな中、テリア種に限らず、シュナウザーやワイヤーダックスなど、「プ……

犬のブラッシング

【ペットシッターが解説】ヨークシャーテリアとの暮らしで注意すること

ヨークシャーテリアの性格と性質 性格 ヨークシャーテリアは、家族に甘えることが上手で、遊ぶことも大好きです。またテリア犬の為、体は小柄でありながらも、活発に運動することが大好きで……

犬の歯のチェック