2016年10月22日更新

短毛だけど意外と抜けるパグの抜け毛対策とブラッシングの方法

短毛のパグですが意外と抜け毛が多くて困っている飼い主の方多いようですね。インターネット上でも「どこからそんなに抜けたの?」といいたくなるような画像や動画が多くアップされています。今回はそんなパグの抜け毛について、どうしてそんなに抜けるの?抜け落ちを予防する方法は?などについて調べてみました。

パグの抜け毛が多いのはなぜ?

パグはスムースコートと呼ばれる短毛の毛質をしているので、毛が絡まって毛玉ができてしまったり、カットをしてスタイルをキープしなければいけないようなことはなく、被毛のケアの方法は比較的楽な犬種だといわれています。

「ケアが楽なら抜け毛の処理も簡単でしょ?」と思われがちですが、どうもそうではないようです。犬の抜け毛の量は毛の長さには関係がなく、毛の生え方によって差ができるようです。

犬の被毛には大きく分けてシングルコートとダブルコートの2つのタイプがあり、一般的にシングルコートの犬種よりもダブルコートの犬種の方が抜け毛が多いといわれています。パグはこの抜け毛が多いダブルコートタイプの被毛をしています。

具体的には次のようになります。

シングルコート

一般的にシングルコートと呼ばれる犬種は抜け毛が少ないといわれています。

シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではプードルやマルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨンなどがシングルコートの犬種となります。

ダブルコート

ダブルコートと呼ばれる犬種は春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。

ダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギーポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬種になります。

犬_パグ_素材

日々のケアで抜け毛対策

では抜け毛の対策はどのようなことをしたらよいのでしょうか?抜け毛の対策は死毛をできるだけこまめに取り除き、洋服や家具に付いたり床に抜け落ちる毛の量を少なくしてあげることが大切ですね。

そのためには日々の被毛ケアを正しくしっかりとおこなうことが必要です。ここではパグの被毛のケアの方法をご紹介します。

ブラッシング

パグは脂漏性の皮膚炎にかかりやすい犬種でもありますので、皮膚トラブルの予防のためにも、抜け毛の対策のためにもできれば毎日5分くらいはブラッシングをしてあげましょう。

また年に2回ある換毛期にはできれば1日数回こまめに死毛を取り除いてあげましょう。

パグのような短毛の犬種のブラッシングには、ラバーブラシとイノシシや豚、馬などの毛を使用して作られた獣毛ブラシが効果的です。

背中やお腹などは毛の流れに逆らうように、頭部や顔のしわの間は毛の流れに沿うように毎日5分くらいブラッシングをしてあげましょう。しわの間もしっかりとブラッシングできるように、しわをしっかりと伸ばしてブラッシングするようにします。

パグは皮膚が弱い犬も多いので、強くこすらないように注意が必要です。

素材_shutterstock_136346915

シャンプー

シャンプーですが皮膚病が気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって皮膚トラブルの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回のシャンプーが理想的なようです。

シャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れをおとしておきます。シャンプー剤は人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので、必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

シャンプーの際の道具としてスポンジを用意しておくと、顔を洗う時に目や耳に水を入れることなく、しわの間もしっかりと洗えるので便利です。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

パグは肌が弱く皮膚病になりやすいうえに、オイリーな肌質の犬や乾燥肌の犬など肌の状態に個体差が大きい犬種なので、シャンプーの頻度や使用するシャンプー剤なども肌の状態にあわせて決めてあげる必要があります。

適切な頻度やシャンプー剤が決められない場合は、かかりつけの獣医師に相談してみるとよいですね。

お気に入りの洋服で抜け毛対策

抜け落ちる毛を予防する方法として洋服を着せておくことも効果的だといわれています。抜け毛が気になってイライラしてしまったりブラッシングをしすぎて肌を傷めてしまうよりも、お気に入りの洋服を着せて楽しく抜け毛を防止するのもよい方法です。

日中はお気に入りのお出かけ着を、寝る時は着心地がよく通気性のよい部屋着を着せてあげるなど、楽しみながら着せ替えてあげるとよいですね。特に梅雨から夏にかけては体温を下げてくれるクールベストやTシャツなどを着せてあげるのは、体温調整が苦手なパグにとっては快適に暑い時期を乗り切るためにも効果的です。

気を付けなければいけないことは、洋服を着せているとどうしても服の中が蒸れてしまうことです。皮膚病の原因になってしまいますので、着せっぱなしにせずにこまめに着せ替えてあげましょう。

素材_shutterstock_293639507

掃除はサッとでストレスフリー

どんなに被毛のケアに注意をしてもお洋服を着せていても、まったく抜け落ちないようにすることは難しいものです。気になるけれど億劫なのが抜け毛の掃除ですね。「やってもやってもきりがない。」というお悩みも多く聞きます。

抜け毛の掃除はためずに気が付いた時にさっととるのがコツのようです。

気になる時に簡単に片手で操作できるハンディークリーナーなどを用意しておくとよいでしょう。フローリングの床にはウェットタイプのハンドワイパーがソファーや絨毯、洋服などには粘着ローラーがおすすめのようです。

なかには愛犬そのものの抜け毛を、粘着ローラーやハンディークリーナーで取ってしまう方もいらっしゃるようですが、やり過ぎると肌を傷めてしまいかねないので積極的にはおすすめできません。しかし愛犬が嫌がらないようなら、たまに遊び感覚でやったみるくらいならよいかもしれませんね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

愛犬をお風呂に入れたい!正しいシャワー・シャンプーの方法は?

愛犬のお風呂って結構大変ですよね。お風呂嫌いな愛犬だったらなおさらです。でもお風呂は愛犬を綺麗にするだけではなく、病気の予防、治療といった点でも大事なことなのです。 今回は愛犬のお風呂を少……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】ウエストハイランドホワイトテリアとの暮らしで注意すること

ウエストハイランドホワイトテリアの性格と性質 性格 ウエスティと呼ばれ、スコットランド発祥のテリアとして、人気のウエストハイランドホワイトテリアは、活発さと甘えん坊な二面性を持った犬……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】プードルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

毛をカットして形を作るトリミング犬種の代表格、プードル。なぜ、トリミングが必要なのか、普段どんな被毛の手入れが必要なのでしょうか?今回はプードルの被毛についてお話しします。 プードルの……

犬のトリミング

意外と抜けるビーグルの抜け毛対策とブラッシングの方法

大きな垂れ耳が特徴的なビーグル。トライカラーや珍しいところではレモンカラーの短い艶やかな被毛が美しいですね。短毛な犬は抜け毛が少ないと思う方も多いかもしれません。実際はそんなことはなくビーグ……

犬のブラッシング

自宅で出来る愛犬の手入れのポイント、動物看護士が教えます!

愛犬のシャンプーや爪切りなどの手入れは月にどのくらい行っていますか?毎回トリミングサロンにお願いしていますか?出来ればもっと頻繁にトリミングサロンにお願いしたいけど、お金のこともあるし、回数……