2016年11月18日更新

【動物看護師が解説】ジャックラッセルテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

テリア種は気が強く、自尊心も強いので、きちんとしつけなければ共存が難しくなるほどです。ジャックラッセルテリアは特にその血を強く感じさせる犬種と言えるでしょう。愛らしい顔つきからは考えられないほど、パワフルで活発な犬で、毛質は数種類に分類されています。それぞれどんな手入れが必要なのでしょうか?

毛質は三種類

ジャックラッセルの毛質は、短毛のスムース、少しウェーブがかった長毛のラフ、スムースとラフの両方が混ざったようなブロークンの三種類に分けられます。模様も様々あり、個体ごとに個性的な毛質や模様をしています。本来ジャックラッセルの毛質はこの三種類とされていますが、ここに分類されないような被毛をもつ個体もいます。

スムースの場合

スムースは短毛なので、トリミングもブラッシングも必要ありません。定期的にシャンプーをし、耳や爪の手入れをする以外は特に手間のかかるようなことはありません。

夏も暑苦しく思うほどの毛量はないので、サマーカットをする必要はありません。しかし、冬毛から夏毛に生え変わる時期は非常に多くの抜け毛が出るので、この時期はブラッシングをして床に落ちる前にブラシで取ってしまうと掃除が楽でよいでしょう。

ラフの場合

ラフの場合は、本来であればテリアらしい固くしっかりとした被毛を保つために、ストリッピングという被毛を根元から抜く作業を行います。この作業を定期的かつ継続的に行うことで固い毛質を保ちますが、多くの家庭犬はこの作業は行わずバリカンやハサミで生活しやすいようにカットしてしまいます。もちろんカットなどもしなくても、生活の邪魔になるほどの長さにはならないので、ありのままの姿にしておくのも良いでしょう。ドッグショーに出場する犬は決められた作業を定期的に行う必要がありますが、家庭犬の場合は飼い主さんの好きなようにトリミングして構いません。

ラフは被毛に長さがあるので、ブラッシングは頻繁に行った方が良いでしょう。特にいつもバリカンでトリミングしているような個体は、毛質がふわふわした柔らかい毛になっている場合があります。このような毛が一番毛玉になりやすいので、愛犬がこれに当てはまると感じるのであれば、ブラッシングは毎日行ったほうが良いです。スムースと同じように、換毛期は非常に多くの抜け毛が出るので、抜け毛を減らすためにもブラッシングは頻繁に行いましょう。

ブロークンの場合

ブロークンもラフと同じように、伸び切った被毛はストリッピングで取り除き、固いしっかりとした被毛を保ちます。長い被毛の割合にもよりますが、抜け毛対策のためにも、ブラッシングは頻繁に行った方が良いでしょう。

トリミングのしつけはしっかりと

スムース以外は一生トリミングと付き合う可能性があるので、仔犬のうちからしっかりとしたしつけを行いましょう。ジャックラッセルと共存するためにはしつけが最も重要であり、ここを失敗すると一緒に生活するのが苦痛となることもあるでしょう。まずは飼い主さんがしっかりと筋を通し、良いことと悪いことを明白にしてください。今回だけは、ここでは、などの状況に応じて善悪が変わるのは、犬にとっては理解できないので、ダメなものはダメと何としてでも曲げないようにしましょう。

また、ジャックラッセルはとても力が強く、顎の力も強いので、噛まれたり暴れられたりしたら、ひとたまりもありません。悪いことを叩く、蹴るなどの暴力ともとれる行為で教え込むと、反抗された時に大怪我をしますので、良いことをしたら報酬を与えて、褒めて育てるようにしましょう。体力が非常にある犬なので、毎日は難しくても、週末などの休みの日に広い公園などに連れて行って思いきり遊ばせるとストレス発散になり、自宅でのいたずらなども少なくなるかもしれません。

被毛などの手入れよりもしつけに非常に手間がかかる犬種ではありますが、きちんとしつけができて、信頼関係が築けると、毎日高めのテンションで飼い主さんを楽しませてくれることでしょう。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

プラッキングとペットカットの違いは?テリア種のトリミング方法について

放っておくとどんどん被毛が伸びるトリミング犬種。定期的なトリミングでカットしたり、被毛を整えたりする事が必要です。 そんな中、テリア種に限らず、シュナウザーやワイヤーダックスなど、「プ……

犬のブラッシング

【ペットシッターが解説】アメリカンコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

アメリカンコッカースパニエルの性格と性質 性格 アメリカンコッカースパニエルといえば、ディズニー映画の「わんわん物語」で有名になった犬種です。穏やかでありながら、いつも陽気な笑顔を見……

犬のブラッシング

これでバッチリ!プードルのお手入れの仕方

トリマーさんがプードルの毛のお手入れをしてくれるから、飼い主さん自身は何もしなくて良いと思っていませんか? プードルのかわいさを保つためには、毎日の飼い主さんのお手入れが必要なんです。 ……

犬のシャンプー

たまにはプロの手でお手入れさせたい。「ドッグサロン」の選び方

昔にはなかったペットサービスのひとつがドックサロンでしょう。ドッグサロンとは早い話、犬の美容室でシャンプー、トリミング、ブラッシング、爪切り、耳そうじなどを飼い主に代わって行ってくれるところ……

犬のブラッシング

【動物看護士直伝】子犬のシャンプーはいつから?シャンプーを嫌いにさせないコツは?

犬にとってシャンプーは、一生つきまとうケアの一つです。子犬の時期にシャンプーを嫌いにさせてしまうと、成犬になっても嫌がり、手に負えなくなってしまうことがあります。 シャンプー=楽しいこ……

子犬のお手入れ

【ペットシッターが解説】ボーダーコリーとの暮らしで注意すること

ボーダーコリーの性格と性質 性格 ボーダーコリーは、人にも犬にフレンドリーでその賢さからも人気の犬種です。もともと、有名な牧羊犬の犬種ということもあり、その運動能力と体力、パワーには……

犬のシャンプー

愛犬をお風呂に入れたい!正しいシャワー・シャンプーの方法は?

愛犬のお風呂って結構大変ですよね。お風呂嫌いな愛犬だったらなおさらです。でもお風呂は愛犬を綺麗にするだけではなく、病気の予防、治療といった点でも大事なことなのです。 今回は愛犬のお風呂を少……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ラブラドールレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

盲導犬など、人を手助けする非常に頭の良い犬種で有名な、ラブラドール。子犬の頃はやんちゃでいたずら好きであるものの、きちんとしつけをすれば善悪を記憶し理解する、人間と共存するにはとても相性の良……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ジャックラッセルテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

テリア種は気が強く、自尊心も強いので、きちんとしつけなければ共存が難しくなるほどです。ジャックラッセルテリアは特にその血を強く感じさせる犬種と言えるでしょう。愛らしい顔つきからは考えられない……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】フレンチブルドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大きな耳と真っ直ぐ長く伸びた四肢が特徴のフレンチブルドッグ。短頭種の中では鼻が高い方と言われていて、顔のシワも少なく、パグなど特有のイビキのような息遣いも少ないとされています。非常に利口で人……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが……

犬のシャンプー

犬の毛を剃るとどうなる?犬のサマーカット・夏のトリミングについて

夏は暑くて、むしむししますよね。私たち人間は、夏になると気候に合わせて洋服を変えたりプールに行ったり、ヘアーを短くカットしたりできますが、犬はそのような事ができません。 犬も暑い!と思……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】ボーダーコリーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

頭が非常によく、繊細な精神の持ち主なので飼い主さんと強固な信頼関係を持つボーダーコリー。初心者ではしつけが難しいと言われるほど、隙がなく、判断力があるので、飼い主さんも犬を飼うことについてそ……

犬のブラッシング

【ペットシッターが解説】フレンチブルドッグとの暮らしで注意すること

フレンチブルドッグの性格と性質 性格 フレンチブルドッグは、明るく陽気な性格の持ち主です。その表情は、いつもにこにこしながら、家族の一員であることを楽しむかのようです。遊ぶことや、家……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】プードルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

毛をカットして形を作るトリミング犬種の代表格、プードル。なぜ、トリミングが必要なのか、普段どんな被毛の手入れが必要なのでしょうか?今回はプードルの被毛についてお話しします。 プードルの……

犬のブラッシング

風呂嫌いでも簡単! 獣医に聞いた、犬・猫を自宅で簡単にお風呂に入れるコツ

SNSや共有サイトで、気持ちよさそうにお風呂に入る犬や猫の動画が出回っていますが、獣医師で動物病院Rire(リール。東京都渋谷区)の橋本理沙院長は、「お風呂嫌いの犬や猫は少なくありません。で……

猫のシャンプー

【ペットシッターが解説】シェトランド・シープドッグとの暮らしで注意すること

シェトランド・シープドッグの性格と性質 性格 シェルティーの愛称で親しまれているシェトランド・シープドッグは、明るくて優しい性格を持っています。さらに非常に賢いのでしつけもしやすいと……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ミニチュアピンシャーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

小さい体ながら、筋肉質でキリッとした顔が特徴のミニチュアピンシャー。まるでドーベルマンを思わせるかのようなその姿は、大型犬を飼うことのできない飼い主さんにとっては、非常に魅力的な犬種です。性……

犬のブラッシング

犬の濡れた体を乾かすコツ!シャワー後のドライとブラッシングの手順・コツ・注意点について

ドライヤーを使って、シャンプー後の愛犬の濡れた体を乾かす事はもちろん、散歩中の急な雨で濡れてしまった時などは手早く乾かしたいですね。 ドライは、愛犬の体に負担がかかる作業なので、出来る……

犬のトリミング

犬のトリミングをする理由と、自宅で出来るトリミング方法

犬を飼われている方にお聞きします。自宅で飼われている犬のトリミングはしていますか?行なっている方は、どれくらいの頻度で行なっていますか? そんな犬のトリミングについて、飼い主が自ら行な……

犬のブラッシング