2016年10月22日更新

凛々しくて可愛い人気の柴犬!柴犬って臭うの?柴犬の体臭ついて

柴犬は日本犬種の中でも最も飼育頭数の多く、テレビやインターネットでもアイドル犬がいるほど人気の高い犬種ですね。少し前までは柴犬も外で飼われている犬を多く見かけましたが、最近では室内での飼育が主流のようです。室内で飼う時に気になることの1つが犬の臭いですね。今回は柴犬の臭いについて調べてみました。

柴犬は体臭が強いの?

よく「犬臭い」といわれますが犬の臭いの強弱は犬種によるものだけでなく、犬それぞれの個体差がとても大きいようです。特に柴犬の場合は体格や毛質などにもばらつきが大きく、臭いについても臭いが強い犬とほとんど気にならない犬がいるようです。

なぜ臭いに個体差があるのでしょうか?臭いに個体差がある理由は、犬がなぜ臭うのかを理解することで分かってきます。次に犬の臭いの原因について考えみましょう。

素材_shutterstock_340066400

犬の体臭とは?

人でも犬でも臭いの原因の多くは体臭と呼ばれるものですね。体臭はフェロモンを含んだ汗と皮脂が混ざったものが酸素に触れて酸化し、雑菌が繁殖することが原因により発生するものです。

人も犬も汗を出す汗腺には2つの種類があります。1つは体温を調整するための汗を出す汗腺、もう1つは生殖のためのフェロモンが混ざった汗を出す汗腺です。犬は体温調整のための汗腺は限られた場所にしかありませんが、フェロモンを含んだ汗を出す汗腺は全身にあります。

具体的は次のようになっています。

エクリン腺

主に体温調整のための汗腺で、人の場合は全身にあるのに対して犬の場合は足の裏や鼻の頭などの限られた場所にあります。そのため犬は汗による体温調整が苦手だといわれているのです。このエクリン腺からの汗は、ポップコーンと形容されるような少し香ばしいような臭いを発します。ソファーや絨毯など犬が歩くような場所の家具が臭う原因はこのエクリン腺からの臭いによるものだといわれています。

アポクリン腺

この汗腺が臭いを発する汗腺で、人の場合は腋の下などの特定の場所にだけあるのに対して犬の場合はほぼ全身にあります。このアポクリン腺から分泌される汗にはフェロモンが含まれており、エクリン腺から分泌される汗よりも臭いの強い汗になっています。

このフェロモンを含んだ臭いの強い汗を分泌するアポクリン腺は、もう1つの臭いの原因である皮脂を分泌する皮脂腺とつながっています。

そのためアポクリン腺から分泌される汗は2つの臭いの原因である、フェロモンと皮脂が混ざった状態で分泌されることになりこの汗が酸素に触れて酸化し脂肪酸へと変化した結果、脂肪酸を好物とする雑菌が繁殖することによって強い臭いを発する体臭となるのです。

アポクリン腺から分泌される汗が脂肪酸へと変化する時、汗と皮脂の割合が皮脂の方が多いほど早く脂肪酸に変化します。そのため皮脂の分泌の多い犬ほど体臭が強く、逆に皮脂の分泌が少ない犬ほど臭いが弱いということになります。

imasia_9887586_S

臭いをケアする方法は?

臭いの強弱はありますがやはりそれぞれの犬が持っている臭いというものがあります。日々のケアを怠ってしまうと臭いは強くなる傾向があります。

自宅でできる臭いの予防としてはブラッシングとシャンプーが有効なケアだといわれています。また皮脂の分泌はエサを見直すことで抑えることができるといわれています。

ブラッシング

柴犬は硬くまっすぐな上毛と、優しい色をした綿のように密集した下毛の2重の構造をしたダブルコートという被毛をしています。

犬の被毛にはシングルコートとダブルコートの2つ種類があり、ダブルコートの犬はシングルコートの犬よりも被毛の風通しが悪いため臭いがこもりやすく、体臭が気になる犬が多いといわれています。できれば1日1回コミュニケーションを兼ねてブラッシングをして、死毛を取り除いて風通しをよくしてあげるとよいでしょう。

また春から夏にかけてと秋から冬にかけての換毛期には大量の抜け毛が出ます。1日何回かに分けてこまめにブラッシングをして抜け毛の予防をするとともに、被毛の中の風通しをよくしてあげて臭いの予防もしてあげましょう。

柴犬のブラシングはまずスリッカーブラシで全身を死毛や抜け毛を取り取り除いていきます。特にブラッシングしにくい耳や足のつけ根は、肌を傷つけないピンブラシを使用して毛の流れに逆らってブラッシングしてあげるとよいようです。

最後にコームを使用して梳き残しがないか確認しながら被毛の艶をあげて仕上げます。

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回のシャンプーが理想的なようです。

柴犬の毛はとても撥水性に富んでいて、ただ水をかけるだけでは皮膚まで濡らすことは難しいようです。シャンプーの際には肌までしっかりと水が届くように、シャワーヘッドを体に付けるようにして流していくか、手でしっかりと毛をかき分けて洗うようにしてあげましょう。

食事の見直し

臭いの強弱の原因になる皮脂ですが、脂質やたんぱく質の多い食事を続けると分泌が増加する傾向があるようです。特に動物性の脂肪は皮脂の分泌を盛んにしてしまうようで、動物性脂肪が多く含まれたフードやおやつをあげていると分泌が促進されてしまうようです。

他の犬よりも臭いが強いなと感じた時は、食事やおやつの内容を動物性の脂質とタンパク質の少ない物へ切り替えていくとよいでしょう。

注意しておきたい柴犬の臭い

体臭以外にも犬の臭いの原因になるものがいくつかあります。なかには臭いがするまま放置しておくと、病気につながってしまう臭いもありますので注意が必要です。

柴犬で気を付けておきたい臭いをご紹介します。

耳の臭い

立耳の柴犬の場合は垂れ耳の犬種よりも耳は汚れにくいといわれていますが、それでも「耳が臭い」「耳垢が出る」などのお悩みを持っている飼い主の方も多いようです。犬の耳が臭う原因は黒くベタッとした耳啞です。この耳垢が溜まった状態を放置しておくと雑菌が繁殖し外耳炎になる可能性があります。

耳掃除の頻度は臭いの気にならない状態であれば週に1回~2回の頻度でよいといわれています。耳の中の皮膚はとてもデリケートなので、あまりやり過ぎるとかえって傷つけてしましまい逆効果になってしまうこともあるようです。

耳の外側が汚れている場合は耳そうじ専用のウェットティッシュなどのケア商品を使って耳の汚れを拭いてあげます。綿棒などを使用しなければ取れないような場所が汚れている場合は、無理の拭き取ることはせずにイヤーローションを使用して耳垢を浮かせて取ります。

ただあまり奥の汚れは無理に取ると鼓膜を傷めてしまう可能性があります。汚れがひどい場合や耳の奥が汚れているような場合は、獣医師やトリマーなど専門の知識のある方にお掃除をお願いするのがよいでしょう。

定期的に耳の掃除をしているのに耳からの悪臭がおさまらない場合は、外耳炎などの耳の病気を発症している可能性があります。できるだけ早めに獣医師の診察を受けるとよいですね。

目やに涙やけの臭い

目の周りにいつも目やにや涙やけがあるとその部分の皮膚や被毛が濡れた状態が続いてしまい、そこに雑菌が繁殖し臭いを放つことがあります。長毛種の犬種の場合は毛が目に入りやすく、涙やけを起こす犬が多いようです。

できれば1日数回目の周りをチェックして、気になる場合は優しく拭いてあげるとよいでしょう。

歯周病などによる口臭

特に老齢になるにつれて気になってくる口臭ですが、原因は歯についた歯垢です。歯垢は歯についた食べかすに菌が付着し繁殖したもので、この歯垢が石灰化したものが歯石になります。この歯垢から歯石ができることを繰り返すことによって、歯茎や歯自体に菌が繁殖し炎症などをおこすのが歯周病です。

歯周病を予防するには毎日のデンタルケアで歯垢をためないことが大切です。そのためにはできるだけ小さな頃から歯磨きのトレーニングをし、歯磨きに苦手意識をなくしておくとよいですね。またデンタルガムなどを使用するのもよい方法でしょう。

それでもなかなか完全に防ぐことは難しいものです。少しでも異臭を感じたら早めに獣医師に口腔内チェックをしてもらうとよいでしょう。

肛門腺からの臭い

犬が自分の臭いを付けるための臭いを貯めておく袋を肛門腺といいます。肛門腺は字のごとく犬の肛門付近にあり、排泄と一緒に臭いを排出する仕組みになっています。

ただうまく排出されていないような場合、お尻のあたりから強い臭いを放ち始め、放っておくと破裂してしまうこともあります。肛門腺はトリミングの際や動物病院などで絞ってもらうことができますので、定期的に絞ってもらい臭いの軽減につなげるとよいでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アレルギー性皮膚炎には要注意!

柴犬は原因として遺伝的な要因も考えられるのではないかといわれるほど、「犬アトピー性皮膚炎」にかかりやすい犬種だといわれています。「犬アトピー性皮膚炎」は再発率が高く難治性の皮膚病だといわれていて、長期での投薬が必要になり再発を繰り返すと徐々に重症化する傾向のある難しい病気です。

アレルギーを起こす原因としては食べ物によるもの、ノミやダニなどの寄生虫、ハウスダストや花粉などの環境的な要因が考えられ、それらのアレルゲン(アレルギーを起こす元となる物質)が肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで皮膚病が発症します。

症状としては痒がって手足を噛んだり、足でかくと大量のフケが出たりするようになります。重症化していくと脱毛を起こしたり、患部が赤黒くなり皮膚が分厚くなってしまうこともあるようです。

治療方法はアレルゲンによって異なりますが、早期の発見で重症化する前に治療を始めることが大切なようです。いつもと同じケアをしているのに臭いが強くなったり、フケが多くなるなどの症状がみられたら、早めに動物病院へ相談してみるのとよいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいねをしよう!

関連記事

【ペットのためのお役立ちグッズ】あると便利な洗濯、消臭グッズ編

ペットと暮らしていると洗濯物に毛が絡みついていたり、ニオイが気になったり…そんな時にあると便利なお役立ちグッズをご紹介します!! 洗濯グッズ 換毛期になると特に大変なのがペットの毛!……

猫の消臭・衛生グッズ

凛々しくて可愛い人気の柴犬!柴犬って臭うの?柴犬の体臭ついて

柴犬は日本犬種の中でも最も飼育頭数の多く、テレビやインターネットでもアイドル犬がいるほど人気の高い犬種ですね。少し前までは柴犬も外で飼われている犬を多く見かけましたが、最近では室内での飼育が……

犬の消臭・衛生グッズ

ペットを飼っていない人が感じている「ペットが迷惑」な4つの理由

ペットは飼い主さんにとっては心を癒してくれる無二の存在。ペットというより家族の一員です。しかしながらペットを飼っていない人の中には他人の飼っているペットを迷惑だと感じている人も少なくありませ……

犬のしつけ

愛犬の爪のお手入れは大丈夫ですか?犬の爪の切り方について

飼い主が犬に行うメンテナンスの中に「爪のお手入れ」があります。犬は元々足先や尻尾の先など、体の先端を触られることに慣れていません。 上手にトレーニングしておかないと、爪を切るときも嫌が……

犬の爪のお手入れ

散歩などの外出時に必須の愛犬の防寒ウェアおすすめ10選をご紹介

犬も猫も、冬は寒さ対策が必要です。特に犬の場合、散歩などで外出することも多いため、 より普段から防寒してあげることが大切となります。今回は、愛犬のための防寒ウェアをセレクトしてみました。 ……

犬に関する冬の注意