2016年10月1日更新

【デブとは呼ばないで!】黒猫モモちゃんダイエットを始めました。

人間のダイエットも大変ですが、猫のダイエットもつらい道のりです。でも健康の第一歩は適切な体重管理です。太りすぎにならないように適切な体重を目指しましょう。

猫のダイエットを始める前に知っておきたい事

素材frustration-1241534_640
猫が太りすぎかもしれないと思ったことはありませんか?

猫の骨格は個体差が激しく、メスで3㎏から4.5㎏、オスは4㎏から6㎏と言われていますが、当てはまらない個体も多くあります。太りやすい個体、食欲が強くずっと食べ続けてしまうなど癖や体質なども知っておかなければいけません。

そして本当に太りすぎなのか、どれくらい痩せれば適切なのか、すぐ判断できる人は多くありません。太りすぎを疑ったら獣医師へ診断してみましょう。

そして猫の食欲や体質などを説明して、適切な体重管理をしましょう。

ダイエットの道のり

今日はダイエットを始めた黒猫モモちゃんの体験談をご紹介します。これからダイエットを始める方は参考にしてください。

予兆

IMG_4619 - コピー

生後10カ月ほどのころからとにかく食べるようになり、同居猫のご飯まで食べたがりました。今まで病弱で食べる量が少なかったので微笑ましく見ていたのですが、お腹まわりの贅肉が心配になり、獣医師にかかった時に聞いてみました。

ニコニコした獣医師が「これ以上は太らせないように気を付けてくださいね」と言われ、別に太っていないんだと安心してました。そして次の月の健康診断で体重が200g増えていました。その時もニコニコした獣医師が同じく「これ以上は太らせないようにしましょうね」と言ってました。

その時にどのような食事をすればいいんでしょうと聞いたところ、食事は量を測ってあげてくださいと言われその通りにしていました。我が家は朝と夜の2回ご飯があります。すぐに完食するスタイルの食事なので、量の調整は楽でした。

ダイエットを決意

猫がちょうど1歳になるときに獣医師へ月一検診で行ったのですが、その時の体重は3200gほどでした。(体重が少なく思われますが、かなり小型の猫のためこの体重でも太めです。)2カ月で400gほど増えています。獣医師は真顔で、ダイエットしましょうね、目標は2800gほどですと言われてしまいました。

正直、成長期のころ体質の問題や薬などで思いっきり食べさせてあげられなかったので、今は食べてもいいじゃないかと思ってしまっていました。しかし、太りすぎて良いことなど一つもありません。また、体が小さいために太ったことでの足腰への負担も心配と思い、獣医さんと相談しながらダイエットを開始することにしました。

ダイエットを開始

ダイエットと言っても特別な運動などは猫には必要ありません。食事の管理を徹底するだけでした。獣医師から推薦してもらったフードを半月試してみて食いつきが良かったので、そちらを使い始めました。

突然大幅に量を減らしてしまったら、体調を崩す猫もいます。特定のフードのみしか食べない猫もいます。そこで最初は少しずつ変化させて、猫が順応するか確認してから始めました。いつもの食事に混ぜたり、量を少しずつ減らしてみました。

最初は3㎏を目指すために、規定量の38g。2回の食事なので、1回の食事は19gです。同居の猫のご飯を食べないように、見張って食べそうになったら阻止するだけです。

ダイエットの苦しさ

猫はもちろん今までより食事が減ることで、戸惑っていました。食べ終わった後、「あれ?もうない?」という顔して私を見ます。そこであげてしまえばダイエットは成功しません。気を紛らわすために、オモチャで遊んだりして食事以外の事に気を向けるようにしていました。それでも食べる事への執着がある猫なので、人間のご飯を狙ったり、部屋に入った虫を食べたり、食べさせたくない人と、食べたい猫の攻防は今も続いています。

獣医師に相談したところ、量を増やさずに食事の回数を増やすのもいいですよと言っていました。あとはひたすら人が我慢だそうです。

ダイエットの一回目の結果

なかなかうまくいかない1ヶ月が過ぎ、獣医師の診断で体重を測りました。しかし減っていない!右肩上がりになっていたのは止まりましたが、現状維持でした。獣医師には、フードを規定量あげていることを説明したところ、燃費がいいのかもしれませんね。もう少し減らしてみてくださいと言われてしまいました。

詳しく聞くと、規定量はあくまで平均値なので、その猫の体質に合わせた量ではないということでした。

私は少なすぎて栄養失調になるのではと心配していたのですが、違うんですね。規定量は平均値、適切な量というのは、うちの猫が食べ続けても太らない量と覚えて調節したいと思います。

今は規定量の38gから34gに減らしています。

一回の食事量は17g。

猫と人の攻防は続きます。

健康的なダイエットのために

IMG_4621 - コピー
黒猫モモちゃんのダイエット頑張ってください!

猫のダイエットのチェックポイント

  • 猫の適正体重を確認する。
  • 猫の適切な食事量を知る。
  • 体重を定期的に測る。
  • 少しずつ変化させる。
  • 諦めない。

猫には絶食は厳禁です。絶食でダイエットをすることはないようにしてください。また、適正体重が分からない方や、適切な食事量が分からない方は必ず獣医師へ診断を受けてください。

ペット生活ではダイエット経験談を募集しています

ダイエットの体験談をペット生活に掲載しませんか?成功の話や苦労した点、失敗してしまったことなどどんどん応募してください。

猫の写真も一緒に掲載させていただきますのでお送りください。

応募方法

  1. まずは、ペット生活LINE@アカウントをフォローしてください。
    下のボタンをクリック、またはQRコードを読み取ると簡単です♪
    友だち追加
    qr_pet-seikatsu
  2. ペット生活のアカウントに、ペットのダイエット体験談を送ってください。
  3. スマートフォン、デジタルカメラで撮影したペットの写真を投稿してください。

記載事項

以下の内容を記入の上、ペット生活LINE@アカウントにお送りください!

  1. お名前(ペンネーム)
  2. お住まい(都道府県)
  3. ペットの種類
  4. ペットの名前
  5. ダイエットの内容

お送りいただいた方の体験談を抽選で掲載させていただきます。

その他

参加の際は、利用規約もご確認の上、ご参加ください。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

最近の猫の40%が肥満!メタボ猫になってしまう5つの原因とは

2010年の飼い猫の調査によると、最近の犬猫の40%は肥満だという結果があり、その数は年々増加傾向にあるそうです。 デブにゃんこは確かに可愛く微笑ましいと思いますが、猫の健康を考えたら……

猫の肥満

猫の食生活を管理するために知っておきたい!キャットフードの種類や原材料について。

猫の食生活、ほとんどの飼い主さんは市販のドライフードや缶詰を毎日の食事として与えているのだと思いますが、その内容やそれぞれのメリット・デメリットはご存知でしょうか? キャットフードやお……

猫の食習慣チェック

猫が健康に生きていくために必要な栄養とは?飼い主なら知っておきたい猫栄養学について。

多くの飼い主さんは猫の毎日の食事にキャットフードを使っていると思いますので、猫の栄養学について知識がなくても特に問題はないでしょう。 しかしながら、猫が高齢になったり、病気になったりす……

猫の手作りご飯

「S.G.J.プロダクツ」のキャットフードとは?

「S.G.J.プロダクツ」は猫の自然食になるべく近いキャットフードを作るため、オーストラリアの食材だけを厳選し一貫した管理のもとに日本の猫達にフードを届けているメーカー。原産国不明の食材や合……

猫の食習慣チェック

プレミアム・ニュートリション・フード 「ピュリナワン」のキャットフードとは?

キャットフードを選ぶ時、愛猫が勢いよく食べてくれる〝食いつきの良いフード″を選んでしまうという飼い主さんは少なくないのではないでしょうか。やはりガツガツ食べてくれると嬉しいですし、何より健康……

キャットフード

猫の食事回数はどれが正解?悩める飼い主さんに答えが見つかるアドバイス!

猫の食事回数、飼い主のみなさんはどうしてますか? 1日2、3回?もっと頻繁に?猫の食事回数について悩む飼い主さんは意外と多いのです。この記事では猫の食事回数を決める時に役に立つ情報をお……

猫の食習慣チェック

大人気!グレインフリーキャットフードが猫の健康に良い3つの理由とは?

最近人気のグレインフリーのキャットフード。グレインフリーキャットフードとは穀物類を使用していないキャットフードのことで、穀物を使用しないことで猫の健康に良い影響があると言われています。 ……

猫の食習慣チェック

【デブとは呼ばないで!】黒猫モモちゃんダイエットを始めました。

人間のダイエットも大変ですが、猫のダイエットもつらい道のりです。でも健康の第一歩は適切な体重管理です。太りすぎにならないように適切な体重を目指しましょう。 猫のダイエットを始める前に知……

猫のダイエット

肥満は万病の元!愛猫にオススメのダイエット法

ネットやテレビで誰もが一度は見たことがあるおデブ猫ですが、お宅の愛猫はどうですか。 あそこまで丸まるとおデブでなくても、そこそこおデブやポチャコなんてことはないでしょうか。 本来……

猫の肥満

【動物看護師が解説!】愛猫のダイエットを成功させるコツ

丸々とした猫って可愛いですよね。お腹もぷよぷよで、触っていても、見ているだけでも癒されます。しかし、体への負担は大丈夫なのでしょうか?「丸くて可愛いからいいの!」ではすまされない猫の肥満。ダ……

猫のダイエット

【獣医師が解説!】肥満や痩せ過ぎの指標BMIって犬猫にもある?

健康維持を考える上で、肥満や痩せ過ぎを予防することはとても大切です。肥満や痩せ過ぎの程度を知るために人では『BMI』という指標が使われていることは知っている人も多いのではないでしょうか。 ……

犬の体

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】ダイエット中の猫のおねだりをかわすにはどうすればいい?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!ダイエット中の猫のおねだりをかわすにはどうすればいい? ……

猫のダイエット

【ネコのダイエット】愛猫をデブニャンにしない!飼い主のNGな習慣とは

「飼い主が肥満だとペットも太りやすい傾向がある」とどこかで読んだ気がしますが、愛猫カイトは3,8キロという標準体型を維持しています。 私の息子も160cmで43キロという「女子の敵!」……

猫のダイエット

画期的★猫の歯磨き+飼い主がダイエット出来るおもちゃを作ってみた!

皆様、何度かブログでも紹介していますが、ワタクシの趣味は「猫のおもちゃ作り」。普通の猫じゃらしはモチロンのこと、「天井から吊るす猫じゃらし」や「壁掛けキャッチミーイフユーキャン」などを作って……

猫の歯のお手入れ

【スペシャルキャットフードのすすめ】ダイエット専用フードが良い理由とおすすめキャットフードブランド

室内飼いの猫が多くなり長寿になって嬉しい反面、運動不足で体重オーバーになる猫も増えてきています。肥満になると猫はさまざまな病気に罹りやすくなりますので、早目のダイエットが必要です。そんな時、……

ニュース