あっという間に食べちゃう!ジャック・ラッセル・テリアのエサの量について

小さな体にエネルギーいっぱいのジャック・ラッセル・テリア。よく動きそしてたっぷりと食べるのがジャック・ラッセル・テリアの流儀のようです。エサを出すとあっという間に食べて「まだ足りない。」とお皿をペロペロしちゃうことも。今回はそんなジャック・ラッセル・テリアのエサの適量などについて調べてみました。

 

ジャック・ラッセル・テリアのエサの適量は?

ジャック・ラッセル・テリアは食欲の旺盛でエサを出すと勢いよく食べてくれる犬が多いようですね。エサの食い付きがよいのは飼い主としては安心なところですが、膝蓋骨脱臼や糖尿病などの病気にかかりやすい傾向もあるので、肥満には注意をしたいところです。

まずはジャック・ラッセル・テリアのエサの適量を知っておきたいところですね。エサの適量の割り出し方には色々な方法があります。ここでは一般的によく用いられる算出方法をいくつかご紹介します。

体重から割り出す方法

おおよそ体重の2.5%の量が適量といわれています。カロリーでいうと体重1kgあたり50~110カロリーの計算になります。

ただしこれは成犬の場合の計算になるので、成長期の子犬の場合は約2倍、逆にシニア期の犬の場合は2~3割少なめに与えるとよいといわれています。

パッケージの記載量を目安にする

市販のフードの場合はパッケージに給仕量が記載されているものがほとんどになります。記載されている量を目安に運動量や太り気味であるかなどを考慮して、エサの量を決めていくとよいといわれています。

係数から計算する方法

年齢や月例、体質などの係数を使用して1日に必要なカロリーを割り出す方法です。次のような式を使用します。

  • 安静時の必要エネルギー=70×(適正体重)の0.75乗
  • 1日の必要エネルギー=安静時の必要エネルギー×ライフステージ係数

ライフステージ係数

  • 4ヶ月まで:3.0
  • 4ヶ月以降体重増加が止まるまで:2.0
  • 避妊・去勢をしている成犬:1.6
  • 避妊・去勢をしていない成犬:1.8
  • 肥満気味の場合:1.2~1.4
素材small-672794_640
 

個体差にあわせたエサの適量の見極めは?

ジャック・ラッセル・テリアは食欲も旺盛ですが、運動に対する欲求も強くかなりのかなりの運動量を必要とする犬種としても知られていますね。エサの適量の割り出しはあくまでも一般的な目安であって、犬それぞれの運動量などは加味されていません。

では個体差にあわせたエサの適量はどのように見極めたらよいでしょうか?

個体差にあわせたエサの量の見極め方で1番よいのといわれているのが便の硬さを見る方法です。便が柔らかい状態が続く場合は与え過ぎ、逆にポロポロと硬い便が続く場合は少な過ぎだと考えられています。

丁度よい便は硬さが耳たぶくらいの柔らかさで、拾うと便のあとが少し残るくらいがよいといわれています。

便の状態を確認しながらエサの量を調整してあげると、犬の今の状態にあったエサの適量を見極めることができるようです。

 

月例や年齢によるエサの与え方

ジャック・ラッセル・テリアは毛質や体の大きさなど個体差が大きな犬種で知られています。体の大きさはそれぞれの犬が持って生まれたものです。小型の犬に育ってほしいからといってエサの量を少なくしてしまうのは、その後の健康に害をおよぼすだけで、体格をコントロールするためには何の意味もありません。

特にジャック・ラッセル・テリアの場合は骨量のある筋肉の均整の取れた犬に育てるためには、成長期である9ヶ月くらいまでは十分な栄養、日光浴、適度な運動、しっかりとした睡眠が欠かせないといわれていて、肥満や体格を気にするよりもしっかりと欲しがるだけあげた方がよいといわれています。

子犬の頃の成長は個体差が大きいので一概にあてはまるものではありませんが、ジャック・ラッセル・テリアの月齢や年齢にあわせたエサの与え方は次のようにいわれています。参考にしてみてください。

2ヶ月~3ヶ月

このころに子犬を引き取った場合は、急な変化による胃腸障害を起こさないために、量や回数、食べ物の硬さなど基本的に引き取った時と同じようにして与えます。

自宅で出産した子犬の場合は、市販の離乳食やパピー用の高カロリーのフードを与えます。ドライフードの場合はお湯や犬用のミルクでふやかしてあげるようにしましょう。

食事の回数は3回~4回が目安になります。

4ヶ月~8ヶ月

ドライフードの場合は便の様子を見ながら少しずつ硬い状態で食べられるようにしていきましょう。おやつもこの時期から開始します。

食事の回数は2回が目安になります。

9ヶ月ころ

成犬として体ができてきて体重の増加がおさまってきます。成犬用のフードに変えていく時期ですが、いきなり変えてしまうと胃腸障害につながってしまいます。もともと食べているフードに少しずつ混ぜて慣らしていくとよいでしょう。

便の状態が変わらないようなら1週間くらいを目安に切り替えていくとよいようです。

食事の回数は2回が目安になります。

10ヶ月~18ヶ月ころ

ジャック・ラッセル・テリアの場合は18ヶ月(1歳半)くらいまでは緩やかに成長を続けるので、犬の体の状態や便の状態を観察しながらエサの量や内容を変えていくとよいようです。

食事の回数は2回が目安になります。

18ヶ月~7歳

できるだけ体重の増減のない状態を保つような食事に気を心がけます。成犬用のフードを与えていても体重が増えて行ってしまうような場合は、食事量を減らすかダイエット用のローカロリーの物に切り替えましょう。

その際はできればかかりつけの獣医師に相談し、適したフードをアドバイスしてもらうとよいですね。

食事の回数は2回が目安になります。

8歳以降

シニア期に入ってきて消化機能や噛む力が衰えてきます。ドライフードの場合はふやかすなどして柔らかい状態の物を与えるようにしましょう。フードは高タンパク低カロリーのシニア用のフードに切り替えていくとよいでしょう。

食事の回数は2回~3回が目安ですが、歯が抜けたりして1回に多くの量を食べることが難しい場合は、1回の食事量を減らして回数を増やしてあげるようにしましょう。

素材_shutterstock_318952265
 

成犬になってからのエサの適量の見極めは?

成犬のエサの適量は体重や体型がその犬の骨格に適した状態を維持できる量が適量となります。そのためエサの適量を見極めるためには、愛犬の体重や体型が骨格に適したものであるかを見極める必要があります。

しかし体の大きさに個体差の大きいジャック・ラッセル・テリアのような犬種の場合は、標準体重を目安に肥満であるかを判断するのは無理があります。ではどのように見極めたらよいでしょうか?その1つの方法として目と手で骨格に適した体型をしているかを見極める、ボディーコンディションスコアというものがあります。

ボディーコンディションスコアの手順は次のとおりになります。

ボディーコンディションスコア

肋骨を触る

軽く胸に手を添えて力を入れずに肋骨の上を上下にずらしながら触ってみます。

  • 痩せ過ぎ:触らなくても肋骨が浮いて見える・触るとすぐに肋骨にあたる
  • 太り過ぎ:指先に力を入れないと肋骨を触ることができない

ウエストラインの確認

背中を上から見た時に後ろ足の少し前にあるウエストラインがどのように見えるかで判断します。

  • 適正:背中を上から見た時に少しくびれて見える
  • 太り過ぎ:くびれがなく長方形に近い体型に見える

背骨の確認

背骨のラインを手で触って確認をします。

  • 痩せ過ぎ:背骨の1つ1つがわかる
  • 適正:背骨のラインが触れる
  • 太り過ぎ:触っても背骨の場所がわからない

ジャック・ラッセル・テリアの場合はボディーコンディションスコアをチェックし、適正な体格を保てている状態のエサの量が成犬になってからのエサの適量ということになります。

早食いには要注意!

ジャック・ラッセル・テリアはエサを飲み込むように早く食べてしまう傾向がある犬種だといわれています。

エサを早く食べてしまうと満腹感を得ることができず、食べ過ぎになってしまう傾向があります。また噛まずに飲み込むように食べた後で水をがぶ飲みしてしまうと、胃の中でエサが膨張し吐き戻しの原因になることもあります。

早食いを防止するには水分が十分にあるエサを食べさせるのがよいといわれています。ドライフードの場合は水や犬用のミルクでふやかして与えたり、ウェットタイプの缶詰を混ぜて与えるとよいようです。

picnic

エサより美味しいものは禁物!

とても賢いジャック・ラッセル・テリアは、美味しいものを知ってしまうとドッグフードを食べなくなってしまうことがあるようです。

特に人の食べているようなものは犬用のものよりも味付けが濃くできているため、犬にとっては美味しく感じるようで、1度食べさせてしまうと犬用のものを食べなくなってしまうことが多いようですね。

犬に塩分は不必要だというのは間違いのようですが、だからといって体の大きさが違う人と犬が同じ塩分量でよいというわけではありません。犬には犬の適量の塩分量があり、犬用のフードやおやつには過剰にならないようにコントロールされた塩分が添加されています。人のものではなく犬用の物を食べさせてあげることは、愛犬の健康を維持するためには大切なことなのです。

もしも人の物を食べてしまってエサを食べなくなってしまったような場合は、自分のエサを食べるまではおやつもできるだけ控えて、根気強く他の物を与えないように頑張りましょう。少し可愛そうな気がするかもしれませんが、長い目で見たら愛犬の健康のためになるので一緒に頑張ってあげましょう。

ただし胃液を吐いたりぐったりとしても食べないような場合は、かかりつけの獣医師に相談してみるとよいですね。

関連記事