たくさん抜ける!ジャック・ラッセル・テリアのブラッシング方法について

小型で元気いっぱい!お茶目な表情が人を虜にするジャック・ラッセル・テリア。日本でも人気の犬種ですね。でも室内で飼うには抜け毛が大変という話しもちらほらと聞きます。今回はなぜ抜け毛が多いのか?抜け落ちが気にならなくなる方法は?などジャック・ラッセル・テリアの抜け毛について調べてみました。

 

ジャック・ラッセル・テリアの抜け毛はなぜ多いの?

ジャック・ラッセル・テリアは抜け毛が多い犬としてよく知られていますね。犬の抜け毛の量は犬の毛質と関わりがあるようです。

犬の被毛にはシングルコートとダブルコートの2つのタイプがあります。具体的には次のようになっています。

シングルコート

一般的にシングルコートと呼ばれる犬種は抜け毛が少ないといわれています。

シングルコートの犬種は温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではプードルやマルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨンなどがシングルコートの犬種となります。

ダブルコート

ダブルコートと呼ばれる犬種は春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。

ダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギー、ポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬になります。

ジャック・ラッセル・テリアは抜け毛の多いダブルコートの犬種のため、日々の抜け毛はもちろん特に換毛期には大量の抜け毛が発生します。ジャック・ラッセル・テリアを飼う時は抜け毛があることを理解した上で、抜け毛の対策について考えておくとよいですね。

素材dog-1285647_640
 

被毛のタイプによっても抜け毛の量は違う?

ジャック・ラッセル・テリアにはスムースコート、ラフコート、ブロークンコートの3つのコートタイプがあります。それぞれに毛質が異なるため、抜け毛の量も違ってきます。

スムースコート

ジャック・ラッセル・テリアの中でもっとも短毛な被毛の種類で、艶やかなすべすべとした肌触りをしています。短毛なので毛が抜けないと思われがちですが、3つのタイプの中でもっとも抜け毛が多いタイプでもあります。

スムースコートの被毛は固く短いので家具や洋服に刺さってしまいなかなか抜けず、掃除や洗濯が大変になってしまうようです。また換毛期には体を振るとパラパラと毛が抜け落ちるようで、「何度掃除機をかけてもすぐに抜け毛が・・。」というお悩みもあるようです。

ラフコート

3つのタイプの中でもっとも長い毛質をしています。見た目は固そうでモジャモジャとしていますが、見た目よりもサラッとした毛質をしていています。

スムースコートに比べると抜け落ちる毛は少ないようですが、定期的に死毛を取り除いて新しい毛への生え変わりを促進するとともに、肌を健康に保つために被毛の中を風通しがよい状態にしてあげる必要があるようです。

ブロークンコート

スムースコートとラフコートのちょうど中間的な長さと毛質をしているタイプです。もともとジャック・ラッセル・テリアは体の大きさや毛質に個体差が大きい犬種ですが、ブロークンコートの場合は、スムースコートに近い犬からラフコートに近い犬までさまざまで、毛質も柔らかい犬から固い犬までいるようです。

ラフコート同様スムースコートよりも抜け落ちる毛は少ないようですが、定期的に死毛を取り除いて新しい毛への生え変わりを促進するとともに、肌を健康に保つために被毛の中を風通しがよい状態にしてあげる必要があるようです。

 

ジャック・ラッセル・テリアの抜け毛対策は?

ジャック・ラッセル・テリアを飼う時は抜け毛の対策は不可欠になようですね。特にスムースコートのジャック・ラッセル・テリアは1年と通して抜け毛があるので、飼う前に抜け毛の対策は考えておく必要がありそうです。ではどのような対策があるでしょうか?次のようなことが考えられます。

  • 抜け落ちる毛をできるだけ少なくする
  • 抜け毛を付きにくくする
  • 抜けた毛をすぐに片づけられるようにする

それぞれの方法を具体的にみていきましょう。

抜け落ちる毛を少なくする方法

ブラッシング

ジャック・ラッセル・テリアの場合はコートタイプによってブラッシングの方法が異なります。

スムースコート

固く短い毛質をしているスムースコートのブラッシングは、ハリがありしっかりブラッシングできるラバーブラシや亀の子たわしなどを使って死毛を取り除いてあげるとよいようです。被毛がしっかりと取り除けたら、最後に獣毛ブラシを使用して毛の艶をあげて仕上げます。

3タイプの中でもっとも抜け毛が多いスムースコートの場合は、ハリのある艶やかな被毛の状態を保つためにはできれば毎日しっかりとブラッシングをすることが望ましいようです。

ラフタコート・ブロークンコート

ラフコートとブロークンコートのブラッシングは、まずスリッカーブラシで全身の死毛や抜け毛を取り除いていきます。特にブラッシングしにくい耳や足のつけ根はスリッカーブラシのピンで肌を傷つけないように注意しながら梳いていきましょう。

最後にコームを使用して梳き残しがないか確認しながら被毛の艶をあげて仕上げます。

Dog taking a bath in a bathtub

シャンプー

犬のシャンプーは回数が多すぎても少なすぎても逆効果になってしまいます。おおよそ月に1回~2回のシャンプーが理想的だといわれています。

人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

スポンジを用意しておくと顔を洗う時に目や耳に水を入れることなく顔を洗うことができるので便利です。

またシャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れをおとしておきましょう。ブラッシングをおこなわずにシャンプーをしてしまうと、汚れた死毛が絡まりフェルトのような状態になってしまいます。しっかりと毛を梳いてからシャンプーをするようにしましょう。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

洋服を着せる

毛の抜け落ちを予防するには洋服を着せるのも効果的です。日中はお気に入りのお出かけ着を、寝る時は着心地がよく通気性のよい部屋着を着せてあげるのもよいですね。

ただし着せっぱなしはやめましょう。どうしても洋服を着せていると服の中が蒸れてしまうので、皮膚病の原因になってしまいます。

抜け毛を付きにくくする方法

抜け毛で1番気になるのはソファーなどの布製の家具や洋服に、抜け落ちた毛が付いてしまったときですよね。特に起毛しているような布の場合は、抜け毛が絡んでしまってなかなか取れにくくお掃除も大変です。

家具の場合は、抜け毛の付きやすい布を使った家具には滑りのよい布でカバーをしておいたり、カーペットなどは毛足の短いものに取り換えておくなどの工夫をするとよいですね。

洋服の場合は普段に着る洋服をできるだけ抜け毛が付いても目立たない色や、抜け毛の付きにくい素材の物を選ぶようにする、外行きの服を着ている場合はできるだけ抱っこをしない、抱っこをする時はエプロンなどを着用するなどの対策をしてみてはいかがでしょうか?

抱っこではなく膝にのせるような場合は、専用のラグを膝に敷いてからのせるようにすると、毛が洋服に付くことを防ぐことができます。

抜けた毛をすぐに片づけられるようにする方法

どんなに対策をして注意をしていても、抜け毛のあるジャック・ラッセル・テリアのような犬種を飼う場合は、抜け毛が家具や床に落ちてしまうものです。

毎日長い時間をさいて抜け毛の掃除をするのはとても大変です。抜け毛の掃除はためずに気が付いた時にさっととるのがコツです。

気になる時に簡単に片手で操作できるハンディークリーナーなどを用意しておくとよいでしょう。フローリングの床にはウェットタイプのハンドワイパーがソファーや絨毯などには粘着ローラーが効果的なようです。

また家具の配置を掃除がしやすいように変えておくのもよい方法ですね。

素材_shutterstock_132261977
 

ラフコートとブロークンコートにはストリッピングが必要?

ラフコートやブロークンコートの被毛をジャック・ラッセル・テリアらしい艶のあるやや固めの毛質に維持していくためには、ストリッピングというお手入れをおこなう必要があります。

ストリッピングとは古い被毛や死毛となった毛を、ストリッピングナイフなどの専用の道具を使用して抜いていくトリミング技法です。古くなった被毛を抜くことで新しい強い被毛が生えてくることを促進するとともに、肌を丈夫にする効果があるといわれています。

ドッグショーなどに出陳する場合は固く艶のある被毛を保つ必要があるので、換毛期の前などにストリッピングをおこなう必要がありますが、家庭犬として自宅で飼う場合には柔らかい毛質でもよいと考えるならば、毎日スリッカーブラシなどを使用して死毛を取り除いてあげれば、無理におこなう必要はないようです。

最近ではテリアらしい毛質を保ちたいと考える方が多くなり、自宅でストリッピングをおこなう方も増えてきているようですが、正しい方法でおこなわないと犬に苦痛を与えるだけで肌を傷めてしまい逆効果になってしまう場合もあります。

ストリッピングはプロのトリマーの方でも、正しい方法でおこなえる方が少ないといわれている技法なのです。「被毛の質を保つためにストリッピングを」とお考えならば、できればテリアのトリミングに慣れているトリマーの方を探してお願いするのがよいでしょう。

もしも自宅でおこなう場合は愛犬のためにも、1度しっかりと正しい手順を教えていただいてからおこなうようにしましょう。

関連記事