2017年5月15日更新

元気いっぱい!ジャック・ラッセル・テリアにおすすめのペット保険は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

元気でエネルギッシュなジャック・ラッセル・テリア。体が丈夫なことでも知られていますが、肌が弱かったり元気なあまりケガをしたりと心配なこともありますね。ペットの万が一に備えるにはペット保険に入るのも有効な方法です。今回はジャック・ラッセル・テリアにおすすめのペット保険などについて調べてみました。

 

ジャック・ラッセル・テリアのかかりやすい病気とは?

保険のことを考える時に1番大切なことは、どのようなことに備えたらよいかを理解しておくことですね。丈夫で元気が取り柄のジャック・ラッセル・テリアの場合はどのような万が一が考えられるのでしょうか?

まずはジャック・ラッセル・テリアのかかりやすい病気について考えてみましょう。

皮膚疾患

ジャック・ラッセル・テリアは肌が弱い犬が多いといわれています。ジャック・ラッセル・テリアのかかりやすい皮膚病は次のようにいわれています。

アレルギー性皮膚炎

ハウスダストや、ダニ、花粉などのアレルゲンが肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発症する皮膚炎です。強いかゆみがあり赤みのある湿疹がひろがります。ひどくなると脱毛などの症状が現れます。根治の難しい病気で長期の通院が必用になることがあります。

脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎

マラセチア属の酵母によって引き起こされる皮膚炎の事です。犬の外耳道、肛門嚢、指の間、唇、皮膚粘膜に常駐している酵母で、はっきりとはわかっていませんが過剰な脂質の分泌や、宿主である犬の免疫力の低下などが原因で発症します。

皮膚のべとつきやフケの増加、発疹などの症状が現れます。また外耳道にも存在するので外耳炎の原因になることもあります。

免疫力の低下で発症することが考えられるので、脂漏性皮膚炎を発症した場合は他の病気からの併発の可能性があり、まず基礎疾患の治療をおこなう必要があることが多い病気です。

膝蓋骨脱臼

後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。骨や筋肉の形成異常で起こるような場合は先天性、高いところから落ちるなどがきっかけで発症する場合は後天性といいます。

症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。

治療法としては膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を受けるのですが、あまり病気が進行してしまうと骨が変形してしまい、手術に適さない状態になってしまうことがあります。そのため早期発見、早期手術が必要になる病気です。

この病気は手術費用、通院介護の費用は高額になることが多いのですが、保険の補償対象外になっていることがある病気です。ペット保険を選ぶ際には補償内容を確認する必要があります。

犬_素材dog-173006_640

レッグ・ペルテス病

大腿骨頭への血行が阻害され、骨頭が壊死してしまう病気です。主な症状は足を引きずる、足に力が入らないなどで、徐々に悪化していく場合と、急に現れる場合があります。多くは片足に起こりますがまれに両足に起こることがあります。

小型犬に多く見られる病気で、成長期の3ヶ月~13か月の間に発症することが多いようです。

遺伝が関係しているとも考えられますが原因が不明の病気で、軽度の場合は運動制限や鎮痛剤の投与などで症状を抑え病気の進行を止めますが、止まらない場合は外科的な手術が必要になります。

この病気も膝蓋骨脱臼と同様に手術費用、通院介護の費用は高額になることが多いのですが、保険の補償対象外になっていることがある病気です。ペット保険を選ぶ際には補償内容を確認する必要があります。

糖尿病

ホルモンの1種であるインスリンの不足によって血中のブドウ糖が多くなってしまう病気です。インスリンは膵臓から分泌されるホルモンですが、脾臓の機能が壊れたことによってインスリンを分泌できなくなった状態を「Ⅰ型糖尿病」、膵臓の機能は保たれているのに他の理由で分泌されない状態のものを「Ⅱ型糖尿病」といわれ、犬に場合はほぼⅠ型の糖尿病が多いようです。

水を大量に飲む、食べる量が増えたのに体重が減少する、おしっこの回数が増える、腹部が膨れるなどが初期の症状としてあげられますが、症状が進むと体のあちこちで病気が併発してしまいます。

治療方法はインスリンの投与と食事療法しかなく、生涯にわたっての通院が必要になる病気です。

白内障

眼球内にある水晶体が白く濁った状態になる病気です。水晶体の濁りによって光が遮られ灰色から黒の点が現れます。症状としては瞳孔の奥が白く変色して見える、家具などにぶつかりやすくなるなどです。遺伝など先天的な要因で引き起こされることもありますが、糖尿病、低カルシウム血症、ぶどう膜炎などから併発している可能性もあります。

Jack Russell puppy with toilet paper

ジャック・ラッセル・テリアにおすすめの保険は?

ジャック・ラッセル・テリアの場合は比較的丈夫で長生きの傾向がある犬種なので、加齢による保険料の増加と補償のバランスがよい保険がおすすめです。また膝蓋骨脱臼やレッグ・ペルテス病など高額の治療費が必要なのに保険の補償対象外になっている病気にも気を付けたいところです。

その点を踏まえて考えると次のようなことを考慮して保険を選ぶとよいようです

  • 膝蓋骨脱臼、レッグ・ペルテス、白内障などの高額治療が補償内容に入っているもの
  • 皮膚病などの長期通院の必要な病気に備え、通院の補償日数や回数が十分もしくは制限なしのもの
  • 比較的丈夫で長生きな傾向があるので、加齢による保険料の増加と補償のバランスのよいもの

考慮すべき点ふまえてジャック・ラッセル・テリアにおすすめの保険を考えてみました。

アニコム損害保険(株)

ペット向け保険の業界大手の実績があり、動物病院との提携件数も多くお会計の窓口でペット保険証を提示するだけで保険を使うことができるのが特徴です。

プランは2つのプランが用意されており、かかった医療費の70%を保険で負担してくれる「ふぁみりぃ70%プラン」と、50%を負担してくれる「ふぁみりぃ50%プラン」になります。

ただし通院・入院の利用回数に制限があるので、長期通院の場合には利用の仕方を考えて使用する必要があります。

アイペット損害保険会社

アニコムと同様に提携の動物病院で加入者カードをみせるだけで保険を使うことができます。

保険料はやや高くなりますが通院から入院・手術までを幅広く補償してくれる「ペット保険うちの子」の50%補償プランと70%補償プラン、手ごろな保険料で高額になりがちな手術の費用に特化した「ペット保険うちの子ライト」の3つのプランがあり、備えたい内容にあわせてプランを選ぶことができます。

またペットが人や他の犬にケガをさせてしまった場合の損害賠償を補償する、ペット賠償責任を特約として付けることができます。

GIガーデン少額短期保険・いぬとねこの保険

年間補償額はプランによって決まっていますが、支払い回数の制限や1日当たりの限度額などの制限がないのが特徴です。谷型保険料体系という独特の保険料計算をおこなうので、0歳から3歳までは保険料が下がっていき、3歳から加齢による保険料加算がはじまるのも特徴的です。

プランは保険料はやや高くなりますが入院、通院、手術のすべてを補償してくれ賠償責任特約の付帯も可能な「プラチナ90%プラン」「プラチナ70%プラン」「プラチナ50%プラン」、通院に特化した補償内容で賠償責任特約の付帯も可能な「ゴールド90%プラン」「ゴールド70%プラン」「ゴールド50%プラン」、手術のみを補償する「パール70%プラン(使用回数に制限有)」の7つのプランがあります。それぞれの%は医療費の負担%をあらわしていて、90%プランを選択した場合は医療費の90%を保険で負担してくれます。

素材_shutterstock_260141207

 

何に備えるか具体的にしておくことが大切!

今回ご紹介した保険は膝蓋骨脱臼やレッグ・ペルテスなど遺伝性が疑われるために補償外とされてしまいがちな病気に対しての補償がしっかりとしていること、また加齢による保険料の増加と補償のバランスが取れていることを重視して選ばせていただきました。ですが保険に対する考え方はいろいろとあると思います。

ジャック・ラッセル・テリアに限ったことではありませんが、犬の保険は掛け捨てになります。比較的体が丈夫なジャック・ラッセル・テリアのような犬種の場合は、保険料を払っているのに1度も利用したことがないということも起こりえます。

その時に「安心を買っているのだから安心料として妥当な出費だ。」と考えるのか、「無駄にしてしまった。」と考えるのかによって、どのように備えるかが違ってきますね。また皮膚病などの長期の通院に備えておきたいのか、高額になる手術などのリスクに備えておきたいのかでも選ぶ保険は違ってきます。

まず自分たちがどのような時に備えておきたいのか、起こらなかった場合でも支払った金額に納得できる保険料なのかをよく考えてみることが大切です。