やっぱり猟犬!ジャック・ラッセル・テリアのしつけについて

飼育難易度ナンバーワンともいわれているジャック・ラッセル・テリアは、猟犬として獲物を仕留めることができる気性の激しさと勇敢さを持った犬種です。見た目の可愛らしさだけで飼うと「こんなはずじゃなかった。」ということになりかねません。今回はそんなジャック・ラッセル・テリアのしつけ方について調べてみました。

 

ジャック・ラッセル・テリアの性格は?

ジャック・ラッセル・テリアは19世紀半のイギリスでパーソン・ジョン・ラッセルという牧師が作ったトランプという犬が祖先犬だといわれています。

パーソン・ジョン・ラッセルはキツネ狩りが趣味で、馬について走ることができ、キツネの巣穴に入って獲物を巣から追い立てることができる犬を作り出そうとして成功したといわれています。この犬をパーソン・ジョン・ラッセルのテリアとしてジャック・ラッセル・テリアと名付けられたといわれています。

その後フォックス・テリアやボーダー・テリア、ビーグルなどと掛け合わせがおこなわれ、猟犬としての有能性が高い犬種となっていきました。作業能力を重視した掛け合わせが優先されたため、犬種としての標準に曖昧な部分の多い犬種になってしまったようですね。

猟犬としての役目が少なくなってきてからはコーギーなどとの掛け合わせがおこなわれ、一般的な家庭でも飼いやすい犬種へと改良されて現在のようなジャック・ラッセル・テリアとなった歴史を持っています。

このような歴史を持ったジャック・ラッセル・テリアは、愛玩犬として広く家庭で飼育されるようになった現在でも、猟犬としての本能が色濃く残った性格と行動をする犬種だといわれています。

小型犬の体に大型犬張りの体力と運動能力を秘め疲れ知らずの怖いもの知らず、好奇心も旺盛で動くものには素早く反応するようなところがあります。賢く人の言葉を理解することは早く、飼い主と認めた相手には従順な性格なのでしつけは入りやすい反面、頑固で自己主張も強いので納得できないことは無視をしたり、吠えて自分の考えを通そうとするようなところもあるのでしつけには根気がいるようです。

imasia_7957481_S
 

家族の中の上下関係をはっきりさせましょう

ジャック・ラッセル・テリアは自分が主人と認めた相手には絶対の忠誠心をみせてくれますが、逆をかえすと主人と認められないとジャック・ラッセル・テリアに振り回されてしまうことになってしまいます。

独立心が旺盛で勇敢な性格のジャック・ラッセル・テリアに対して、飼い主があいまいな態度で接してしまうと主人としての資質がないとみなされてしまう可能性が高く、しつけがうまくいかなくなってしまうことが多いようです。ジャック・ラッセル・テリアと主従関係をうまく築いていくためには、家族が一貫したルールのもとでジャック・ラッセル・テリアに接していく必要があります。

そのためにはまず犬を迎え入れる前に家の状況を考えて、トイレの場所やケージの場所など犬の生活スペースを決めておき、迎え入れた時から混乱することなく生活が始められるようにしてあげましょう。

次に犬と生活するための家族のルールを決めます。食事の時のルール、寝る時のルール、留守番をさせる時のルール、散歩の時のルールなど具体的に犬がしていいことと悪いことを家族で統一しておくとよいでしょう。

ただし犬の行動や個性を見ながら必要なルールを追加できるように、あまり細かいルールにはせず、絶対に守らせたいことだけを決めておくようにしましょう。

犬に対する接し方では特に叱り方、褒め方を家族で統一しておくとよいですね。おやつを与えて褒める人と言葉や態度で褒める人が一緒にいると、犬はそれだけで人に順列を付けてしまいがちです。

素材snout-1444697_640
 

ジャック・ラッセル・テリアが咬む意味を理解しましょう

ジャック・ラッセル・テリアのしつけでもっとも難しいのが咬み癖だといわれています。ジャック・ラッセル・テリアは小型犬とは思えない顎の強さを持っており、甘え咬みでも大けがにつながってしまうことがあるため、しっかりと飼い主のコマンドで抑制できるようにしつけておく必要があります。

ジャック・ラッセル・テリアは時として飼い主やその家族にも、「本気咬みじゃないの?」と思うほど強く咬みつくことがあるようです。それはジャック・ラッセル・テリアが猟犬として獲物をしとめるために生み出された犬種であることの発露でもあるようで、特に社会化が済んでいない子犬の時期に見られるようです。

ジャック・ラッセル・テリアの場合は他の犬種とやや異なり、咬みつかれた時に大声を出したりするとよけいに興奮して咬みついてくる傾向があるようです。ジャック・ラッセル・テリアに咬まれた場合は大声をあげたり怯んだりしないことが大切です。ただし前にも書いた通りかなり咬む力が強いので、咬まれても歯が通らないような分厚い皮手袋などを用意しておくとよいですね。

咬み癖をしつける時はおもちゃを使っておこなうとよいようです。まず皮手袋を付けて噛んでもいいおもちゃを用意して噛んで遊ばせます。おもちゃを噛んで遊んでいる最中に少しで手や服を噛んだら、その場で「NO」といって遊びを止めてしばらくの間無視をします。これを繰り返すと人を噛むと楽しいことが終わってしまうと理解し、咬み癖がおさまるといわれています。

飼い主や家族への咬み癖のしつけができるたら、できれば飼い主のコマンドで咬むことを制御できるようにしてあげたいですね。遊びの中で「咬め」「離せ」「まて」をしっかりと覚えさせてあげると、ドッグランなどへ連れて行っても安心して遊ばせてあげることができます。

素材_shutterstock_194924792
 

ジャック・ラッセル・テリアの社会化は必須!

ジャック・ラッセル・テリアの無駄吠えや噛み癖は社会化が未完了なために起こることが多いようです。社会化は遅くとも生後3ヶ月からは始めたいところです。

最初は家族で毎日できるだけ子犬と接する時間をつくりましょう。その時に人は咬んではいけない、飛びついてはいけないなど人との生活で必要なルールは徹底しておく必要があります。また家に家族以外の人を招いて、触ったり遊んでもらう体験をさせてあげるのもよい方法です。

ワクチンの接種が終わったら積極的に外へ連れ出し、外の音や動きに慣らしてあげましょう。お散歩に慣れてきてどのような場面でも飼い主の命令でクールダウンできるようになってきたら、犬を連れてドッグカフェやドッグランにデビューしてみるのもよいですね。

ただしジャック・ラッセル・テリアの場合はうっかりすると咬みつき事故の加害者になってしまうような場面もありますので、外へ連れ出した時は愛犬から目を離さないように常に飼い主の管理下で遊ばせてあげることが大切です。

関連記事