盗み食いしちゃうかも!食べるのが大好きなビーグルのエサの量について

大きな垂れ耳とちょっとお爺さんぽい顔が可愛らしいビーグル。臭覚ハウンドに属する猟犬なので好奇心旺盛、運動も遊びも大好きな犬種です。運動や遊びとともに大好きなのが食べること!食欲旺盛で出されたら出されただけ食べてしまうようなところがあるようですね。今回はそんなビーグルのエサの量について調べてみました。

 

ビーグルのエサの適量は?

ビーグルは食欲旺盛でエサを出したら出しただけ食べてしまうようなところがあるようですね。よく食べてくれるのは飼い主としては安心なことでもありますが、肥満から糖尿病やヘルニアを発症してしまうケースが多いので注意が必要です。

ビーグルの場合は肥満を予防するためにもエサの適量を知っておくことは大切ですね。エサの適量の割り出し方には色々な方法があります。ここでは一般的によく用いられる算出方法をいくつかご紹介します。

体重から割り出す方法

おおよそ体重の2.5%の量が適量といわれています。カロリーでいうと体重1kgあたり50~110カロリーの計算になります。

ただしこれは成犬の場合の計算になるので、成長期の子犬の場合は約2倍、逆にシニア期の犬の場合は2~3割少なめに与えるとよいといわれています。

パッケージの記載量を目安にする

市販のフードの場合はパッケージに給仕量が記載されているものがほとんどになります。記載されている量を目安に運動量や太り気味であるかなどを考慮して、エサの量を決めていくとよいといわれています。

係数から計算する方法

年齢や月例、体質などの係数を使用して1日に必要なカロリーを割り出す方法です。次のような式を使用します。

  • 安静時の必要エネルギー=70×(適正体重)の0.75乗
  • 1日の必要エネルギー=安静時の必要エネルギー×ライフステージ係数

ライフステージ係数

  • 4ヶ月まで:3.0
  • 4ヶ月以降体重増加が止まるまで:2.0
  • 避妊・去勢をしている成犬:1.6
  • 避妊・去勢をしていない成犬:1.8
  • 肥満気味の場合:1.2~1.4
素材dog-574875_640
 

個体差にあわせたエサの適量の見極めは?

運動量も豊富なビーグルの場合は、食べる量と運動量のバランスでエサの適量が違ってきます。一般的な算出方法で導き出したエサの量はあくまでも目安ですので、必ずしも個体差にあったエサの量とは限りません。

個体差にあわせたエサの量の見極め方で1番よいのといわれているのが便の硬さを見る方法です。便が柔らかい状態が続く場合は与え過ぎ、逆にポロポロと硬い便が続く場合は少な過ぎだと考えられています。

丁度よい便は硬さが耳たぶくらいの柔らかさで、拾うと便のあとが少し残るくらいがよいといわれています。

便の状態を確認しながらエサの量を調整してあげると、犬の今の状態にあったエサの適量を見極めることができるようです。

 

月例や年齢によるエサの与え方

人よりも成長の速い犬の場合は、成長期である子犬の時期は月単位でエサの与え方や回数、量をコントロールしていく必要があります。それぞれの成長にあわせて行くためには、便の状態や食欲などを見て見極めていく必要がありますが、目安としては次のような与え方がよいといわれています。

2ヶ月~3ヶ月

このころに子犬を引き取った場合は、急な変化による胃腸障害を起こさないために、量や回数、食べ物の硬さなど基本的に引き取った時と同じようにして与えます。

自宅で出産した子犬の場合は、市販の離乳食やパピー用の高カロリーのフードを与えます。ドライフードの場合はお湯や犬用のミルクでふやかしてあげるようにしましょう。

食事の回数は3回~4回が目安になります。

4ヶ月~7ヶ月

ドライフードの場合は便の様子を見ながら少しずつ硬い状態で食べられるようにしていきましょう。おやつもこの時期から開始します。

食事の回数は2回が目安になります。

8ヶ月ころ

成犬として体ができてきて体重の増加がおさまってきます。成犬用のフードに変えていく時期ですが、いきなり変えてしまうと胃腸障害につながってしまいます。もともと食べているフードに少しずつ混ぜて慣らしていくとよいでしょう。

便の状態が変わらないようなら1週間くらいを目安に切り替えていくとよいようです。

食事の回数は2回が目安になります。

9ヶ月~7歳

できるだけ体重の増減のない状態を保つような食事を心がけます。成犬用のフードを与えていても体重が増えて行ってしまうような場合は、食事量を減らすかダイエット用のローカロリーの物に切り替えましょう。

その際はできればかかりつけの獣医師に相談し、適したフードをアドバイスしてもらうとよいですね。

食事の回数は2回が目安になります。

8歳以降

シニア期に入ってきて消化機能や噛む力が衰えてきます。ドライフードの場合はふやかすなどして柔らかい状態の物を与えるようにしましょう。フードは高タンパク低カロリーのシニア用のフードに切り替えていくとよいでしょう。

食事の回数は2回~3回が目安ですが、歯が抜けたりして1回に多くの量を食べることが難しい場合は、1回の食事量を減らして回数を増やしてあげるようにしましょう。

素材_shutterstock_156473774
 

肥満に注意するためには体型のチェックが必須!

肥満に注意が必要なビーグルの場合は、成犬になってからは体重の変動がないようにエサをコントロールしてあげる必要があります。こまめに体重を測ってあげるのも1つの方法ですが、もう1つの方法として目と手で骨格に適した体型をしているかを見極める、ボディーコンディションスコアという方法があります。

ボディーコンディションスコアで適正な体型であるかを見極める手順は次のとおりになります。

ボディーコンディションスコア

肋骨を触る

軽く胸に手を添えて力を入れずに肋骨の上を上下にずらしながら触ってみます。

  • 痩せ過ぎ:触らなくても肋骨が浮いて見える・触るとすぐに肋骨にあたる
  • 太り過ぎ:指先に力を入れないと肋骨を触ることができない

ウエストラインの確認

背中を上から見た時に後ろ足の少し前にあるウエストラインがどのように見えるかで判断します。

  • 適正:背中を上から見た時に少しくびれて見える
  • 太り過ぎ:くびれがなく長方形に近い体型に見える

背骨の確認

背骨のラインを手で触って確認をします。

  • 痩せ過ぎ:背骨の1つ1つがわかる
  • 適正:背骨のラインが触れる
  • 太り過ぎ:触っても背骨の場所がわからない

ビーグルの場合は自宅でコミュニケーションの一環としてこまめに体型をチェックしてあげるとよいですね。

犬_素材dog-camping-669632_640

ビーグルはドライフードが苦手?

ビーグルなどの猟犬の血統を引いている犬種に多いことですが、肉食の傾向が強く穀物などを使用しているドライフードを嫌うことがあるようです。狩りをしていた時に鹿肉やイノシシ肉を生で食べていた時の名残だともいわれています。

また運動量が豊富で椎間板ヘルニアなど骨や関節に注意が必要な病気にかかりやすいことから、ビーグルにはカルシュウムを多く含みミネラルが豊富なエサがよいといわれていますね。

ビーグルが与えていたドライフードを食べなくなってしまった時はフードのパッケージを確認してみましょう。もしも穀物が主材料になっているものだった場合は、グレインフリー(穀物不使用なドライフード)や肉が主材料になっているものに切り替えてみるとよいかもしれません。

関連記事