うん?くさい?体の臭いが気になっちゃうビーグルの体臭ついて

スヌーピーのモデルにもなっているビーグル。大きな垂れ耳を後ろに吹っ飛ばして走る姿はユーモラスで可愛らしいですよね。森のトランぺッターの異名をとる独特の鳴き声も魅力的です。でもちょっと気になるのは臭いがキツイということ。ビーグルは本当にくさいの?臭いの対策は?などビーグルの臭いについて調べてみました。

 

ビーグルは体臭が強いの?

ビーグルは残念ながら臭いがキツイ犬種として名前が上がることが多いですね。本当のところはどうなのでしょうか?

インターネットなどで調べると「シャンプーをすればしばらくは気にならない。」という方から、「シャンプーをしてもすぐに臭いがして困ってしまう。」という方までいらっしゃるようなので、臭いの強弱には個体差があるようですが、やはり他の犬種よりも臭いが気になるという方が多いようです。

ではなぜビーグルが臭うのでしょうか?臭いの原因となるものについて考えてみましょう。

 

犬の体臭とは?

まず1番の臭いの原因といえば体臭ですね。では体臭はなぜ臭うのでしょうか?体臭とは汗と皮脂が混ざったものが酸化し脂肪酸へと変化することで、その脂肪酸を好む雑菌が繁殖して発する臭いだといわれています。

汗には体温を調整するためにかく汗と、生殖のためのフェロモンを分泌するための汗の2つの種類の汗があり、それぞれ異なる汗腺から分泌されます。犬が汗をかかないといわれる原因は、体温を調整する汗をかく汗腺が足の裏などの限られた場所にしかないためで、汗による体温調整が苦手なことから汗をかかないといわれているようです。

しかし犬は臭いの原因となるフェロモンを分必する汗腺は、人よりも多く全身にあります。そのため犬は人よりも体臭が強いのです。具体的には次のようになっています。

エクリン腺

主に体温調整のための汗腺で、人の場合は全身にあるのに対して犬の場合は足の裏や鼻の頭などの限られた場所にあります。そのため犬は汗による体温調整が苦手だといわれているのです。このエクリン腺からの汗は、ポップコーンと形容されるような少し香ばしいような臭いを発します。ソファーや絨毯など犬が歩くような場所の家具が臭う原因はこのエクリン腺からの臭いによるものだといわれています。

アポクリン腺

この汗腺が臭いを発する汗腺で、人の場合は腋の下などの特定の場所にだけあるのに対して犬の場合はほぼ全身にあります。このアポクリン腺から分泌される汗にはフェロモンが含まれており、エクリン腺から分泌される汗よりも臭いの強い汗になっています。

このフェロモンを含んだ臭いの強い汗を分泌するアポクリン腺は、もう1つの臭いの原因である皮脂を分泌する皮脂腺とつながっています。

そのためアポクリン腺から分泌される汗は2つの臭いの原因である、フェロモンと皮脂が混ざった状態で分泌されることになりこの汗が酸素に触れて酸化し脂肪酸へと変化した結果、脂肪酸を好物とする雑菌が繁殖することによって強い臭いを発する体臭となるのです。

ビーグルの臭いが強いといわれる原因の1つが皮脂の分泌が多いことです。アポクリン腺から分泌される汗が脂肪酸へと変化する時、汗と皮脂の割合が皮脂の方が多いほど早く脂肪酸に変化します。そのため皮脂の分泌の多いビーグルは体臭が強い犬種ということになるのです。

犬_ビーグルbeagle-1091670_640
 

体臭をケアする方法は?

体臭が強いビーグルを飼う場合にはどうしても臭いの対策は必須のようですね。では臭いを軽減するために効果的なケアとはどのようなものでしょう。

犬の臭いには被毛と皮膚の状態を常に清潔にしておくことが効果的なようです。また臭いの原因となっている皮脂の分泌を抑えるためには、食べているエサを見直すのもよいようですね。

具体的な方法をご紹介します。

ブラッシング

上毛と下毛の2重構造になったダブルコートと呼ばれる毛質をしているビーグルは、抜け毛が多い犬種としても知られています。まずはラバーブラシを使ってしっかりと抜け毛や死毛を取り除きます。最後に獣毛ブラシで被毛の艶をあげて仕上げましょう。

抜け毛の多いビーグルの場合は、できれば毎日散歩の後にブラッシングをしてあげるとよいですね。特に春から夏にかけてと秋から冬にかけての換毛期には、抜け毛の量が多くなります。1日1回ではなく数回に分けてこまめにブラッシングをして抜け毛を取り除いてあげましょう。

抜け毛をしっかりと取り除き被毛の風通しをよくし、ゴミや汚れを落として被毛を清潔に保つことは臭い予防に効果的です。

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回、皮脂の分泌が多くなる夏場は月に2回~3回のシャンプーが理想的なようです。

シャンプーの際はしっかりと皮膚を洗うようにしてあげましょう。ビーグルは撥水性の高い被毛をしているので、しっかりと毛をかき分けて洗うようにすると汚れも臭いもしっかりと落とすことができます。

食事の見直し

臭いの強弱の原因である皮脂ですが、脂質やたんぱく質の多い食事を続けると分泌が増加する傾向があるようです。特に動物性の脂肪は皮脂の分泌を盛んにしてしまうようで、動物性脂肪が多く含まれたフードやおやつをあげていると分泌が促進されてしまうようです。

他の犬よりも臭いが強いなと感じた時は、食事やおやつの内容を動物性の脂質とタンパク質の少ない物へ切り替えていくとよいでしょう。

犬_素材dog-1258102_640
 

注意しておきたいビーグルの臭い

体臭の他にもビーグルの臭いの原因になっているものがあります。体臭だと思っていたら原因が違っていたということも多いようですね。なかには臭いの原因に気が付かなままに放っておくと、病気につながってしまう臭いもあるので注意が必要です。

気を付けておきたい臭いをご紹介します。愛犬の臭いが強くなったと感じたら参考にしてみてください。

耳の臭い

ビーグルの臭いが強くなる原因として多いのがこの耳の臭いです。犬の耳が臭う原因は黒くベタッとした耳垢です。この耳垢が溜まった状態を放置しておくと雑菌が繁殖し外耳炎になる可能性があります。

耳掃除の頻度は臭いの気にならない状態であれば週に1回~2回の頻度でよいといわれています。耳の中の皮膚はとてもデリケートなので、あまりやり過ぎるとかえって傷つけてしましまい逆効果になってしまうこともあるようです。

耳の外側が汚れている場合は、耳そうじ専用のウェットティッシュなどのケア商品を使って、耳の汚れを拭いてあげます。綿棒などを使用しなければ取れないような場所が汚れている場合は、無理に拭き取ることはせずにイヤーローションを使用して耳垢を浮かせて取ります。

ただあまり奥の汚れは無理に取ると鼓膜を傷めてしまう可能性があります。汚れがひどい場合や耳の奥が汚れているような場合は、獣医師やトリマーなど専門の知識のある方にお掃除をお願いするのがよいでしょう。

定期的に耳の掃除をしているのに耳からの悪臭がおさまらない場合は、外耳炎などの耳の病気を発症している可能性があります。できるだけ早めに獣医師の診察を受けるとよいですね。

目やに涙やけの臭い

目の周りにいつも目やにや涙やけがあるとその部分の皮膚や被毛が濡れた状態が続いてしまい、そこに雑菌が繁殖し臭いを放つことがあります。ブラッシングの時に脱脂綿やガーゼなどで優しく拭いてあげるとよいでしょう。

歯周病などによる口臭

特に老齢になるにつれて気になってくる口臭ですが、原因は歯についた歯垢です。歯垢は歯についた食べかすに菌が付着し繁殖したもので、この歯垢が石灰化したものが歯石になります。この歯垢から歯石ができることを繰り返すことによって、歯茎や歯自体に菌が繁殖し炎症などをおこすのが歯周病です。

歯周病を予防するには毎日のデンタルケアで歯垢をためないことが大切です。そのためにはできるだけ小さな頃から歯磨きのトレーニングをし、歯磨きに苦手意識をなくしておくとよいですね。またデンタルガムなどを使用するのもよい方法でしょう。

それでもなかなか完全に防ぐことは難しいものです。少しでも異臭を感じたら早めに獣医師に口腔内チェックをしてもらうとよいでしょう。

肛門腺からの臭い

犬が自分の臭いを付けるための臭いを貯めておく袋を肛門腺といいます。肛門腺は字のごとく犬の肛門付近にあり、排泄と一緒に臭いを排出する仕組みになっています。

ただうまく排出されていないような場合、お尻のあたりから強い臭いを放ち始め、放っておくと破裂してしまうこともあります。肛門腺はトリミングの際や動物病院などで絞ってもらうことができますので、定期的に絞ってもらい臭いの軽減につなげるとよいでしょう。

Cute Beagle Puppy

よだれも臭いの原因に!

ビーグルはとてもよだれが多い犬種です。よだれそのものも臭いが強いものですが、よだれを付けたまましておくと皮膚がただれて皮膚病の原因になってしまいます。皮膚病は臭いの原因の1つでもあります。またかかってしまうと治すことが難しく、長期の通院や投薬が必要になるため犬にとっても辛い病気です。できればかかる前に予防してあげたいものですね。

よだれはできるだけそのままにせずに拭き取ってあげるようにしましょう。特によだれが多くなる食事の後や散歩の後などは、濡れたタオルで口の周りをしっかりと拭き取ってあげるとよいですね。また顎の下も汚れやすい部分になりますので、しっかりと顎を上げて拭き取ってあげるようにしましょう。

関連記事