2016年10月20日更新

意外と抜けるビーグルの抜け毛対策とブラッシングの方法

大きな垂れ耳が特徴的なビーグル。トライカラーや珍しいところではレモンカラーの短い艶やかな被毛が美しいですね。短毛な犬は抜け毛が少ないと思う方も多いかもしれません。実際はそんなことはなくビーグルは抜け毛が多い犬種のようです。今回はなぜビーグルは抜け毛が多いのかなどビーグルの抜け毛について調べてみました。

ビーグルの抜け毛が多いのはなぜ?

ビーグルはスムースコートと呼ばれる短毛の毛質をしているので、毛が絡まって毛玉ができてしまったり、カットをしてスタイルをキープしなければいけないということはなく、比較的被毛のケアが楽な犬種だといわれています。

だからといって抜け毛が少ないというわけではありません。抜け毛の量は被毛の長さやケアの手軽さに関係があるわけではなく、毛の生え方の構造によって変わって来るようです。

犬の被毛の構造は大きく分けてシングルコートとダブルコートの2つのタイプがあります。シングルコートの犬種は抜け毛が少なく、逆にダブルコートの犬種は抜け毛が多いといわれており、ビーグルの被毛はこの抜け毛の多いダブルコートの構造になっています。

素材_shutterstock_29889373

シングルコート

一般的にシングルコートと呼ばれる犬種は抜け毛が少ないといわれています。

シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではプードルやマルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨンなどがシングルコートの犬種となります。

ダブルコート

ダブルコートと呼ばれる犬種は春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。

ダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、寒冷地で育種改良された犬種が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギーポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬種になります。

日々のケアで抜け毛対策

抜け毛の対策は抜け落ちる毛を少なくすることが大切ですね。毎日のブラッシングと定期的なシャンプーで死毛を取り除き、被毛を健康で清潔に保ってあげましょう。

ビーグルのケアの方法は次のようにおこなうとよいようです。

ブラッシング

ビーグルのブラッシングにはラバーブラシとブタやイノシシなどの毛でできた獣毛ブラシがよいようです。ラバーブラシにはラバー部分が柔らかいものがありますが、ブラッシングをしている時にしっかりと手ごたえがある固い物を選ぶようにしましょう。

まずはラバーブラシで抜け毛や死毛を取り除いていきます。次に獣毛ブラシで被毛の艶をあげて仕上げます。

抜け毛の多いビーグルの場合は、できれば毎日散歩から帰った時にブラッシングをしてあげるとよいですね。春から夏、秋から冬の換毛期には抜け毛が増えます。時間がある時にこまめにブラッシングをして抜け落ちを予防しましょう。

素材_shutterstock_298173935

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回、皮脂の分泌が多くなる夏場は月に2回~3回くらいのシャンプーが理想的なようです。

シャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れを落としておきます。シャンプー剤は人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので、必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

シャンプーの際の道具としてスポンジを用意しておくと、顔を洗う時に目や耳に水が入ることがないので便利です。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

抜け毛の掃除は気が付いた時に!

どんなに被毛のケアに注意をしても、まったく抜け落ちないようにすることは難しいものです。特に短毛でやや固い毛質をしているビーグルの抜け毛は、家具などに刺さってしまって取れにくくお掃除が大変なようですね。

抜け毛の掃除はためずに気が付いた時にさっととるのがコツのようです。

気になる時に簡単に片手で操作できるハンディークリーナーなどを用意しておくとよいでしょう。フローリングの床にはウェットタイプのハンドワイパーがソファーや絨毯、洋服などには粘着ローラーがおすすめのようです。

なかには愛犬そのものの抜け毛を、粘着ローラーやハンディークリーナーで取ってしまう方もいらっしゃるようですが、やり過ぎると肌を傷めてしまいかねないので積極的にはおすすめできません。しかし愛犬が嫌がらないようなら、たまに遊び感覚でやったみるくらいはよいかもしれませんね。

imasia_2293341_S

便利道具もうまく活用しましょう!

「なかなかぴったりとあう抜け毛の対策が見つからない。」というお悩みをよくみかけます。そんな時は抜け毛対策によいといわれるグッズを色々と試してみてはいかがでしょうか?

抜け毛の対策で最近注目されているのは抜け毛を除去することに特化した、ファーミネーターやフーリーといったブラシですね。また抜け毛の原因となっている下毛だけを抜くようにとることができる、プラッキングナイフというものもあります。

どちらの道具も抜け毛を軽減するためには効果的なものですが、正しい使い方をしないと肌を傷めてしまうこともあるようです。便利な道具を使う時は使い方をまずはよく理解してから使うようにするとよいですね。

ブラシだけでなく掃除道具などでも犬の抜け毛対策に効果があるといわれているグッズがあります。ちょっと使うのが不安という方も多いと思いますが、まずは試してみて愛犬との生活をストレスのない快適で楽しいものにしていきましょう!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【ペットシッターが解説】ミニチュアシュナウザーとの暮らしで注意すること

ミニチュアシュナウザーの性格と性質 性格 ミニチュアシュナウザーは、頑固で警戒心も強いと言われていますが、人間に対してはとても友好的な面を持っています。また、活発で陽気な面も持ってい……

犬の毛のお手入れ

【ペットシッターが解説】ジャックラッセルテリアとの暮らしで注意すること

ジャックラッセルテリアの性格と性質 性格 ジャックラッセルテリアは、様々なものに興味を持ち、疲れ知らずの好奇心を持っています。 小型犬でありながら、そのパワーはとても強く、しつ……

【ペットシッターが解説】ラブラドールレトリバーとの暮らしで注意すること

ラブラドールレトリバーの性格と性質 性格 ラブラドールレトリバーは、とにかく賢くて、その優しさと従順な性格が人気の大型犬です。その賢さは、盲導犬などの仕事ぶりを見ていても分かりますが……

【動物看護師が解説】キャバリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大人しく、優しい性格のキャバリアは、小さな子供のいる家庭から、老夫婦まで、かなり幅広い世代で愛されている犬種です。個体によっては、活発で遊び好きなこともありますが、ほとんどは1日をゆったり過……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ゴールデンレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

温厚で人懐こく、利口なのでCMやドラマなどで目にする大型犬の多くがゴールデンレトリバーですよね。優しいその顔からは想像できませんが、実は鳥猟犬として昔は活躍していました。とはいえ、狩るのは犬……

ニュース