2016年11月3日更新

【ペットシッターが解説】ペットシッターにお世話をお願いできる動物は?

いつも通りの環境でお留守番させたい時にお世話をお願いすることができるのがペットシッターです。ペットシッターは、その店舗や個人によって異なりますが、お世話できる動物が限られていることも少なくありません。どんな動物のお世話をお願いできるのかご紹介します。

犬のお世話


ペットシッターにお世話をお願いすることができる代表的な動物が犬です。

犬のお世話は、散歩、排泄のお世話、トイレ掃除、ごはん、ブラッシングや遊びなどを行います。留守番している間に、たくさん運動したり、遊ぶことでその後の時間はゆっくり休んで過ごすことができたり、気分転換にも効果的です。

お散歩コースが決まっているという犬もいます。いつもの場所を歩くからこそ、排泄ペースもいつも通り、いつもの習慣が崩れないということは体調管理につながります。お留守番の時間が長くなってしまい、運動や排泄ができないことがストレスや体調不良につながる原因になることもあり、そんな時にペットシッターを頼むと安心です。排泄時やトイレ掃除の際に、異常がないか見てもらえるだけでも大きな安心感につながります。

いつものごはんやおやつを与えることも、犬にとっては大切なことです。いつもの場所で、同じごはんや、お留守番だからこそ少しだけ豪華なごはん、たくさん遊びながらご褒美のおやつなどを与えてもらうことができます。その他、ブラッシングなどのお手入れもシッター時間内で相談することができます。

猫のお世話


猫は環境の変化にとても敏感な為、預けることが難しいという猫も多いものです。その為、ペットシッターにお世話をお願いする方も多くなっています。猫のお世話をお願いする場合は、いつものごはんをあげてもらうこと、トイレ掃除をお願いすることが主になります。

猫は、ごはんも半日から1日かけて自分のペースで食べることも多い為、1日1回のお世話を頼んで食欲や排泄ペースを見てもらうと安心です。猫は、トイレが汚れていると、排泄しなくなってしまうこともあるほど、デリケートな面を持っています。トイレを清潔に保つ為にも、トイレ掃除を頼むことは大切なことです。

慣れている猫や子猫、遊ぶことが大好きであればたくさん遊んでもらい、運動不足解消をしましょう。また、長毛の猫の場合は、日々のブラッシングもお願いすることで被毛のケアにつながります。一方、人見知りや攻撃性がある猫の場合は、ストレスにならないよう、最小限のお世話だけ頼み、猫自身が安心して過ごせるようにするとよいでしょう。

ウサギやフェレットなどの小動物


うさぎやフェレット、鳥などの小動物のお世話に関しては、ペットシッターに直接問い合わせ、相談するとよいでしょう。お世話をお願いすることもできますが、できる内容はシッターによって異なる場合があります

基本的にお願いすることができる内容は、ごはんとケージやトイレのお掃除になります。水槽の場合、水替えなどはできないものと考えておいたほうがよいでしょう。また、小動物の場合、体調が急変し命に関わるケースもあります。事前に打ち合わせをしっかり行うことが大切になってきます。

普段与えるごはんの量から掃除の仕方まで、小動物はとてもデリケートな為、お願いすることをしっかりと確認し、ペットシッターに伝えることが大切になってきます。また、小動物を診察できる獣医師は少ないものです。万が一に備えてかかりつけの獣医師の連絡先を伝えておくことも大切なことです。

まとめ

ペットシッターにお願いできる動物は、犬、猫、ウサギなどの小動物まで様々ですが、まずは、シッター可能かどうか問い合わせをするようにしましょう。また、お世話の内容については、必ず詳細な打ち合わせを行うようにしましょう。

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

ブログ

関連記事

【動物看護師が解説】供血犬、供血猫ってどんなことをするの?

あなたのかかりつけの動物病院には、アイドル犬(猫)や看板犬(猫)と呼ばれている犬猫はいるでしょうか?病院側が、本当に居候として飼っていることもありますが、実はきちんとした役割を持って飼われて……

犬の仕事

ペットを仕事に。ペット業界の新たな資格、ペット介護士について

ペットの高齢化が進んで、最近注目されている資格のひとつがペット介護士(ペットシッター)です。仕事の内容は、年を取って自力で動くのが難しくなってきたペットを介護することですが、一体、どのような……

体が衰えた老犬の介護

殺処分から救い出されて1000人の心を救ったセラピードッグの移動車両を確保したい!

高齢者施設や障害者施設などを訪問して人々の心のケアをする職業犬をセラピードッグと呼びます。最近ではセラピードッグの存在が知られるようになり、活躍の場も広がってきました。日本アニマルセラピー協……

犬の殺処分

ペットシッターをお願いするときの打ち合わせリスト

大切な家族であるペットのお世話が必要な時、それは急にやってきます。自宅でできる限りストレスなくお留守番をさせたい時、ペットシッターにお世話をお願いすると安心して外出することができます。しかし……

犬の仕事

介助犬って一体何をする犬なの?介助犬の役割、育成、課題とは?

介助犬とは、体が不自由な人の手となり足となって日常生活の手助けをしたり、不測の事態に助けを呼んだりする補助的仕事をする犬のこと。 障害のある人のさまざまな要望に的確に対応できるようにな……

犬のニュース