2016年9月25日更新

TNRしても3年で元通り?【ねりまねこブログ】

TNR(捕獲し、手術し、もとに戻す)を行っても
数年で元通りになると言われることがあります。

善意の個人が身銭を切って必死になってTNRをしても、

餌やりや、捨て猫の継続管理ができなければ
新たな流入で、頭数は元通りになるかもしれません。

一方、2012年に私たちが着手した現場は

ゆるい管理ですが、猫は減り続けています。

大規模TNRの数年後、

元に戻ってしまう現場と
徐々に減っていく現場

その違いは何でしょう ( ‘ω’)?

地域猫活動の主体は、

実際にそこに住み
猫で困っている地域住民です。

当事者たる住民自ら、

猫問題の解決に向けて無理なく、できる範囲で
主体的に取り組むように導いていく

町内会を巻き込み、地域社会の理解を得る

それらをコーディネイトするのが
行政やボランティアです。

地域猫活動の核となる人材
(そのほとんどが餌やりさんです)
を発掘し、育成することで、
のらねこの適正な管理は、
持続可能になるのです。

もしも、私達ボランティアだけが
お金を出して、誰の理解も協力もなしに
TNRだけを行ったとしても、
今のようにはならなかったでしょう。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

さて、メス猫2匹を捕獲してみたら
時すでに遅し、

なんと出産済でした。

o0800053313691997262

子猫はどこに?

そして、その子猫をどうするのか?

つづく

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

不寛容な社会なのか?【ねりまねこブログ】

暑さで 猫がたくさん落ちてます。(笑) 写真の子猫は 全員おうちがきまりました。 パン生エサ現場の ボギーちゃん(写真中央) モモちゃん(写真左端) ……

ねりまねこブログ

毎週金曜は捕獲デー【ねりまねこブログ】

毎週、金曜は仕事を早く終えて、猫の捕獲をしています。 予定がある日を除き、ここ数年のルーティンワークです。 と、書くと、 「TNR(捕獲し、手術し、もどすこと)は 永遠に終わら……

ねりまねこブログ

私のシマで事件発生!?【ねりまねこブログ】

私の家を中心としたエリア 30匹目のカッパちゃんを去勢手術をしてから2年間、何事もなく平和に過ごしてました。 ところが事件発生です! 2ブロックほど離れた場所 地域猫のこ……

ねりまねこブログ

殺処分ゼロはダメなのか?【ねりまねこブログ】

アニマル・ウェルフェアサミット レポート の前に 赤ちゃん、大きくなりました~ 保護した時↓は70g 羽がとれたコウモリみたいな姿と 比較してみてください。……

ねりまねこブログ

子猫が現れた!さあどうする?【ねりまねこブログ】

この時期、町に一斉に子猫が現れます。 それを見て、「どうしましょう?」 というご相談が多数寄せられます。 「どうしましょう?」の前に あなたはどうしたいですか? お尋ね……

ねりまねこブログ