2016年10月5日更新

「猫が迷惑か」は飼い主次第【ねりまねこブログ】

【譲渡の条件】

私達は東京都動物愛護推進員なので
東京都動物愛護相談センターの
以下の条件に準じたものとしています。

  1. 都内在住20歳以上60歳以下
  2. 現在、犬や猫を飼っている方には譲渡できません
  3. 家族全員が賛成している
    単身者は、もしもの時に引き取る人がいない場合は譲渡できません
  4. 経済的・時間的に余裕がある
    病気で高い治療費がかかったり
    認知症になったり、介護が必要なこともあります。
  5. ペット飼育可のお住まい
    飼育が禁止されているのに
    「内緒で飼います」「他の飼っているから」
    という方に譲渡はできません。
  6. 転勤などで集合住宅に
    引っ越す可能性がある場合は、
    動物を飼うのはあきらめてください
  7. 不妊・去勢手術に同意できない方には
    譲渡できません(手術費用は自己負担)

詳細は
「譲渡をご希望の方へ」東京都動物愛護相談センター

猫を飼うには、手間と時間とお金がかかります。

ある程度、覚悟と責任も必要です。
どうぞよろしくお願い致します。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

そもそも、なぜのらねこの対策が必要なのでしょうか?

町では、猫の糞尿や繁殖や、鳴き声、ケンカなどで
生活環境が悪化し困っている方がいるからです。

誰も困っていなければ練馬区保健所も
市民ボランティアを公募してまで
地域活動を推進したりしません。

o0800053313696198122

町中にたくさんいる
飼い主のいない猫たちを
適正に管理するのは
とても大変です。

しかし
飼い主がいる猫については、
飼い主次第で、適正な管理は可能です。

o0800053313696198208

東京都は

住宅密集地において猫を飼う方が
周辺に迷惑をかけないように
正しい飼い方を
条例で定めています。

猫の飼育の三原則

  1. 完全室内飼い
  2. 不妊・去勢手術
  3. 身元表示(迷子札など)

o0800053313696198833

飼育マナーは
年々向上していますが、

今でも放し飼いや
不妊手術をしない飼い主もいます。

「譲渡」についてですが、
三原則を守れない方には、お譲りできません。

私たちは町の環境改善のために
ボランティア活動をしているのに、

譲渡した猫が放し飼いで、
近所に糞尿をして、迷惑な存在になったら

猫も飼い主も可哀想です。

猫を飼う人も飼わない人も平和に暮らすためにも

完全室内飼いに、ご協力をお願いいたします。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

千代田モデルに学ぶ地域猫の最終形【ねりまねこブログ】

私がちよだ猫まつりに行った最大の目的は、 ちよだニャンとなる会の講演 「殺処分ゼロ6年目、千代田モデルを語る」 を聞くためでした。 副代表理事の 香取 章子さん ……

ねりまねこブログ

子猫が現れた!さあどうする?【ねりまねこブログ】

この時期、町に一斉に子猫が現れます。 それを見て、「どうしましょう?」 というご相談が多数寄せられます。 「どうしましょう?」の前に あなたはどうしたいですか? お尋ね……

ねりまねこブログ

厳しすぎて誰ももらわないか?【ねりまねこブログ】

「カッパちゃんを見ると心から幸せになる」 とコメントをいただいたので カッパちゃん、どうぞ~ その表情は・・・ 菩薩のような半眼σ(^_^;) 舌が出てるので ち……

ねりまねこブログ

攻撃性のある子猫を慣らす方法【ねりまねこブログ】

この時期は、 一年でもっとも保護猫が多く TNRも立て込み 寝食削る日々が続いています。 ブログの更新も滞り、 フリーマガジンの発送もできていません。 (今月中には必ずや……

ねりまねこブログ

子猫が歓迎されない町【ねりまねこブログ】

毎日のように 「子猫が産まれた!(´Д`;)」と 相談が来ます。 人口72万の広大な練馬区にはたくさん猫がいるので、 子猫が生まれるのはあたりまえ。 おそらく何千という単位……

ねりまねこブログ

不寛容な社会なのか?【ねりまねこブログ】

暑さで 猫がたくさん落ちてます。(笑) 写真の子猫は 全員おうちがきまりました。 パン生エサ現場の ボギーちゃん(写真中央) モモちゃん(写真左端) ……

ねりまねこブログ

そして猫はいなくなった【ねりまねこブログ】

現在、27ヶ所の現場で地域猫活動をしていますが 6年前初めて取り組んだのが公園でした。 捨て猫が多く、常にたくさんの猫がいてエサをやる人が絶えません。 通りがかりで癒される人が……

ねりまねこブログ

下痢が止まらない赤ちゃん【ねりまねこブログ】

「猫は拾ってもキリがない」 で紹介した 140gの赤ちゃん、コテツくん この件を依頼された方に、 周辺のチェックもしてもらいましたが、 母猫と兄弟は見つかっていません。 ……

ねりまねこブログ

とにかく対話!【ねりまねこブログ】

地域猫活動は「猫の活動」ではなく、 「地域のコミュニティー活動」だと理解しているので 相手にするのは猫ではなく人間です。 とにかく 対話・対話・対話 です! 「地元のこと……

ねりまねこブログ

救えた命、救えなかった命2【ねりまねこブログ】

救えた命、救えなかった命2 「飼えない猫でも拾う?拾わない?」 子猫には、お兄さんに名前をつけてもらいました。 元気なキジトラ男の子、ダイくん 瀕死のキジシロ女の……

ねりまねこブログ

個人ボランティアさんの力【ねりまねこブログ】

パン生エサ現場を中心に周辺一帯にはたくさんの猫がいます。 多くの人が猫に癒される一方で増えすぎた猫が病気やケガをし、お腹を空かせ、糞尿やマナーの悪いエサやりで嫌われることに心を痛めてい……

ねりまねこブログ

ついに2匹とらえる!【ねりまねこブログ】

そもそもの発端は 地元住民から子猫救出のご相談でした。 「庭に2匹の子猫がいます。 生後2か月くらいで一匹は白猫です。 寒さでブルブル震えこのまま外にいたら死んでしまいそうです。……

ねりまねこブログ

耳カットはかわいそう【ねりまねこブログ】

店長がイタリアで修行した 近所で人気のピザ屋さんに行きました。 プロジェクターにはイタリアの町並みと猫が次々と映しだされています。 お店のあちこちに猫の置物もあります。 店長……

ねりまねこブログ

新しいTNR>THVR【ねりまねこ】

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 千代田区・練馬区の事例発表の後、 日本獣医生命科学大学の田中亜紀先生の講演 「飼い主のいない猫対策の科学的知見」 とか……

ねりまねこブログ

自治会が地域猫セミナーを行う【ねりまねこブログ】

パン生えさ現場 不妊・去勢手術はいったん終了しました。 それを受けて自治会が 地域猫対策のトークイベントを開催してくれました。 役員の皆様は頭のいい方が揃っていて……

ねりまねこブログ