2016年10月12日更新

もらってくれるならどなたでも【ねりまねこブログ】

譲渡条件の話を書くと
条件にあわない方
(たとえば60歳以上の方)に

「もう猫は飼えないのか」と
悲しい気持ちに
させてしまったかもしれません。

そんなことはないですよ。

これは、私の条件であって
(東京都の条件に準じたものですが)

特に、条件なしに譲渡をする人の方が
圧倒的に多いです。

こんなこともありました。↓

2015/7/8「子猫さしあげます」

猫をほしがる人の中には

虐待・繁殖・転売が目的の人もいます。

たまたま拾ったり、たまたま庭で生まれたり
猫を抱えて困っている人はたくさんいます。

もらってくださる方がいるなら誰でもお譲りしたい。
と思うこともあるでしょう。

せっかく助けた命ですから
譲渡先は慎重に、選んでいただけたらと思います。

ぜひ、私たちの方法を、参考になさってください。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

死にかけた子猫は生きてます【ねりまねこブログ】

あらたな現場に着手しています。 すでに子猫が10匹も生まれ 今後も生みそうな猫が 何匹もいます。 一刻の猶予もないので、 日曜の朝から、 捕獲作業をしていました。 ……

ねりまねこブログ

赤ちゃん猫の成長アルバム【ねりまねこブログ】

8/10に産まれた猫の赤ちゃん 「夏子(なつご)は育たない」 と言われます。 3匹のうち、生き残ったのは 人間が最初に保護した一匹だけ。 母猫が連れていた2匹は死にまし……

ねりまねこブログ

大トラブル地帯、4年後【ねりまねこブログ】

野良猫20頭以上と苦情ばかりの、 大トラブル現場のつづきです。 エサをあげているのは、 貸家だけではありませんでした。 子猫の面倒を見ていたのは 近くのマンションでした。 ……

ねりまねこブログ

子猫が歓迎されない町【ねりまねこブログ】

毎日のように 「子猫が産まれた!(´Д`;)」と 相談が来ます。 人口72万の広大な練馬区にはたくさん猫がいるので、 子猫が生まれるのはあたりまえ。 おそらく何千という単位……

ねりまねこブログ

たくさんの野良猫と苦情ばかりの現場【ねりまねこブログ】

昨日、紹介した美しい子猫 更ちゃんと楽ちゃんは、 4年前、ある大型施設の 駐車場付近にいました。 のらねこだらけの 大苦情地帯でした。 発端は、誰かが、純血種の飼い猫……

ねりまねこブログ