2016年10月12日更新

もらってくれるならどなたでも【ねりまねこブログ】

譲渡条件の話を書くと
条件にあわない方
(たとえば60歳以上の方)に

「もう猫は飼えないのか」と
悲しい気持ちに
させてしまったかもしれません。

そんなことはないですよ。

これは、私の条件であって
(東京都の条件に準じたものですが)

特に、条件なしに譲渡をする人の方が
圧倒的に多いです。

こんなこともありました。↓

2015/7/8「子猫さしあげます」

猫をほしがる人の中には

虐待・繁殖・転売が目的の人もいます。

たまたま拾ったり、たまたま庭で生まれたり
猫を抱えて困っている人はたくさんいます。

もらってくださる方がいるなら誰でもお譲りしたい。
と思うこともあるでしょう。

せっかく助けた命ですから
譲渡先は慎重に、選んでいただけたらと思います。

ぜひ、私たちの方法を、参考になさってください。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

赤ちゃん猫の成長アルバム【ねりまねこブログ】

8/10に産まれた猫の赤ちゃん 「夏子(なつご)は育たない」 と言われます。 3匹のうち、生き残ったのは 人間が最初に保護した一匹だけ。 母猫が連れていた2匹は死にまし……

ねりまねこブログ

母もレイちゃんも救われました【ねりまねこブログ】

飲まず、食わず寝たきりとなったレイちゃん 息を引き取りました。 レイちゃんの口内炎が悪化しごはんを食べられなくなったのは2年前からです。 当時、寝たきりの父を……

ねりまねこブログ

仲間をつくるということ【ねりまねこブログ】

先日は、埼玉県朝霞市の ボランティアグループもめんいとさんの 一周年の親睦会でした。 もめんいとのメンバーだけでなく家族、友人 保護した猫を迎えてくれた飼い主さま応援してくれる町……

ねりまねこブログ

猫の腫れものは何か?【ねりまねこブログ】

行き倒れのわかちゃんを保護して すぐに病院に連れていき、療をしました。 その時に検便も行い投薬を開始しました。 飢餓状態からの回復期で 消化器系も弱っているため、、 ……

ねりまねこブログ

「猫が迷惑か」は飼い主次第【ねりまねこブログ】

【譲渡の条件】 私達は東京都動物愛護推進員なので 東京都動物愛護相談センターの 以下の条件に準じたものとしています。 都内在住20歳以上60歳以下 ……

ねりまねこブログ

老猫と子猫の死【ねりまねこブログ】

もともと30匹以上いた猫は 今では8匹に減りました。 たとえ、区や自治会の承認を得た活動でも、 異常者がいて常に猫が危険にされる場所で 餌やりを続けるのは本当に大変です。 ……

ねりまねこブログ

赤ちゃんを迎えたい!?【ねりまねこブログ】

赤ちゃんを迎えたい!? 昨日 「赤ちゃん猫を飼いたい」 というお電話がありました。 !!? まだ募集してないのに? 目も開いてないのに? その方は8/13(土)……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を考える3・4【ねりまねこブログ】

問題は山積でした。 飼い主は高齢で一人暮らし過去の諍いから、親類とは縁を絶っていました。 外で倒れ病院に運ばれ、 急遽、親類が招集されました。 親類が飼い主宅の状況を……

ねりまねこブログ

エサやりの引き継ぎはどうする?【ねりまねこブログ】

お悩み相談シリーズです。(笑) ボランティアさんからのご相談です。 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 「高齢による体調不良や引っ越し等で 餌……

ねりまねこブログ

猫の認知症【ねりまねこブログ】

母が千葉の野山で餌付けしていたレイちゃん 10才になり、急激に老いました。 「がんばるレイちゃん」 で、抜歯をしてごはんが食べられるようになったと書きましたが・・・ それ……

ねりまねこブログ

地域猫ならこう!【ねりまねこブログ】

地域猫活動のマニュアルに従うなら、 まず、子猫は保護しません。 【写真はこのエリアで死んだ猫たちです】 理由はいくつかありますが そもそも練馬区地域猫推進ボランティ……

ねりまねこブログ

下痢が止まらない赤ちゃん【ねりまねこブログ】

「猫は拾ってもキリがない」 で紹介した 140gの赤ちゃん、コテツくん この件を依頼された方に、 周辺のチェックもしてもらいましたが、 母猫と兄弟は見つかっていません。 ……

ねりまねこブログ

放置して悪化したか?【ねりまねこブログ】

私達の活動史上、もっとも猫が多かった駅前商店街 猫好きと猫嫌いの激しい対立 捨て猫、虐待、餌やりのマナーなど 長年、さまざまな問題がありました。 住民からのSOSで保健所……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を考える9・10【ねりまねこブログ】

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 多頭崩壊のレスキューは新しい飼い主を見つけてようやく完了です。 健康回復に時間がかかりましたが、ねこけんさんのシェルターから2匹のおう……

ねりまねこブログ

自治会が地域猫セミナーを行う【ねりまねこブログ】

パン生えさ現場 不妊・去勢手術はいったん終了しました。 それを受けて自治会が 地域猫対策のトークイベントを開催してくれました。 役員の皆様は頭のいい方が揃っていて……

ねりまねこブログ