2017年5月17日更新

肥満・皮膚病に注意が必要なボストンテリアのエサの量について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

温厚で優しい性格からタキシードを着た紳士や小さな紳士などの異名を持つボストンテリア。食べるのが大好きで食欲旺盛な犬が多いようですね。たくさん食べて元気でいてくれるのはとてもうれしいことですが、肥満や皮膚病など心配なことも。そんなボストンテリアのエサの適量や与え方などについて調べてみました。

 

ボストンテリアのエサの適量は?

ボストンテリアは食欲が旺盛な犬種のようです。なかには神経質で食が細かったり、突然エサの食い付きが悪くなってしまうような犬もいるようですが、おおかたは出されたエサを勢いよく食べてしまい、物足りなさそうな顔をする犬が多いようですね。

でも体質的に肥満になりやすく、また糖尿病や肥満細胞腫、膝蓋骨脱臼など肥満が原因の病気にかかりやすいことでも知られているので、食べたいだけあげるというわけには行かないようです。

まずはボストンテリアのエサの適量を知っておきたいところですね。エサの適量の割り出し方には色々な方法があります。ここでは一般的によく用いられる算出方法をいくつかご紹介します。

体重から割り出す方法

おおよそ体重の2.5%の量が適量といわれています。カロリーでいうと体重1kgあたり50~110カロリーの計算になります。

ただしこれは成犬の場合の計算になるので、成長期の子犬の場合は約2倍、逆にシニア期の犬の場合は2~3割少なめに与えるとよいといわれています。

パッケージの記載量を目安にする

市販のフードの場合はパッケージに給仕量が記載されているものがほとんどになります。記載されている量を目安に運動量や太り気味であるかなどを考慮して、エサの量を決めていくとよいといわれています。

係数から計算する方法

年齢や月例、体質などの係数を使用して1日に必要なカロリーを割り出す方法です。次のような式を使用します。

  • 安静時の必要エネルギー=70×(適正体重)の0.75乗
  • 1日の必要エネルギー=安静時の必要エネルギー×ライフステージ係数

ライフステージ係数

  • 4ヶ月まで:3.0
  • 4ヶ月以降体重増加が止まるまで:2.0
  • 避妊・去勢をしている成犬:1.6
  • 避妊・去勢をしていない成犬:1.8
  • 肥満気味の場合:1.2~1.4

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

個体差にあわせたエサの適量の見極めは?

一般的なエサの割り出し方で計算したエサの量は、適量を知るための1つの目安になりますね。でも骨格や運動量などはそれぞれの犬によって異なりますので、割り出されたエサの量を与えていればよいというものでもないようです。

特にボストンテリアは運動量に個体差が大きい犬種のようなので、運動量を考慮に入れたエサの量を考えてあげる必要があるようです。

人でも同じことですが理想の体型を保つためには、食事の量と運動量のバランスがとれていることが大切ですね。よく動き回る犬には必要な筋力を維持するために相応のカロリーを摂取させてあげなければなりませんし、あまり動くことが好きではない犬の場合は逆にエサの量やカロリーをコントロールしてあげる必要がありますね。

ではしっかりと栄養が取れているのか、個体差にあったエサの量なのかをどのように判断したらよいのでしょうか?

個体差にあわせたエサの量の見極め方で1番よいのといわれているのが便の硬さを見る方法です。便が柔らかい状態が続く場合は与え過ぎ、逆にポロポロと硬い便が続く場合は少な過ぎだと考えられています。

丁度よい便は硬さが耳たぶくらいの柔らかさで、拾うと便のあとが少し残るくらいがよいといわれています。

便の状態を確認しながらエサの量を調整してあげると、犬の今の状態にあったエサの適量を見極めることができるようです。

 

月例や年齢によるエサの与え方

ボストンテリアは鼻が短くやや受け口の犬が多いため、子犬の時期はエサを食べるのが下手な犬が多いようです。食べているようでもしっかりと栄養が摂れていないことがあるので注意が必要ですね。

犬の成長はそれぞれ異なりますので正しくは便の状態をみながら決めていく必要がありますが、一般的にいわれている月齢や年齢にあわせたエサの与え方は次のようにいわれています。

2ヶ月~3ヶ月

このころに子犬を引き取った場合は、急な変化による胃腸障害を起こさないために、量や回数、食べ物の硬さなど基本的に引き取った時と同じようにして与えます。

自宅で出産した子犬の場合は、市販の離乳食やパピー用の高カロリーのフードを与えます。ドライフードの場合はお湯や犬用のミルクでふやかしてあげるようにしましょう。

食事の回数は3回~4回が目安になります。

4ヶ月~7ヶ月

ドライフードの場合は便の様子を見ながら少しずつ硬い状態で食べられるようにしていきましょう。おやつもこの時期から開始します。

食事の回数は2回が目安になります。

8ヶ月ころ

成犬として体ができてきて体重の増加がおさまってきます。成犬用のフードに変えていく時期ですが、いきなり変えてしまうと胃腸障害につながってしまいます。もともと食べているフードに少しずつ混ぜて慣らしていくとよいでしょう。

便の状態が変わらないようなら1週間くらいを目安に切り替えていくとよいようです。

食事の回数は2回が目安になります。

9ヶ月~7歳

できるだけ体重の増減のない状態を保つような食事に気を心がけます。成犬用のフードを与えていても体重が増えて行ってしまうような場合は、食事量を減らすかダイエット用のローカロリーの物に切り替えましょう。

その際はできればかかりつけの獣医師に相談し、適したフードをアドバイスしてもらうとよいですね。

食事の回数は2回が目安になります。

8歳以降

シニア期に入ってきて消化機能や噛む力が衰えてきます。ドライフードの場合はふやかすなどして柔らかい状態の物を与えるようにしましょう。フードは高タンパク低カロリーのシニア用のフードに切り替えていくとよいでしょう。

食事の回数は2回~3回が目安ですが、歯が抜けたりして1回に多くの量を食べることが難しい場合は、1回の食事量を減らして回数を増やしてあげるようにしましょう。

素材canine-634020_640

アレルギーに注意!

ボストンテリアのエサの与え方で注意が必要なことは、消化不良や肥満の他に食物アレルギーの問題があります。

ボストンテリアはアレルギー性の皮膚炎にかかりやすい犬種だといわれています。食べ物によるアレルギー性皮膚炎の症状は耳や目の周り、唇、わきの下、後ろ足のつけ根などにかゆみをともなう赤い発疹ができます。

食物アレルギーの原因の1つはタンパク質だといわれています。また人は主食として摂取することが多い穀物ですが、もとが肉食の犬たちにとって穀物は消化しにくい物の1つのようで、アレルギーの原因になってしまうことがあるようです。

アレルギーを起こしているアレルゲンの特定は、動物病院でアレルギー検査を受けなければはっきりとはわかりませんが、エサの量を調整しても便の状態がゆるかったり嘔吐をするような場合は、予め消化・分解されたたんぱく質を使用したフードやグレインフリーといわれる穀物を除いて作られたフードに切り替えてみるのもよいでしょう。

また発疹が出ていたり、やたらと痒がるなどのアレルギー性の皮膚炎が疑われる症状が現れている場合は、早めにかかりつけの獣医師に相談するようにしましょう。

拾い食いを治すには?

食べることが好きなボストンテリアは適量のエサを与えていても、散歩の途中や家の中で下に落ちているものを拾い食いしてしまうことが多いようです。下に落ちているものは食べられるものばかりではありませんね。散歩の途中で除草剤が付いた物を食べて命を落としてしまうような悲しい事件も起こっています。

注意しなければならないのは外でだけではありません。家の中でもボタン電池や輪ゴム、子どものおもちゃなどを飲み込んでしまった場合は、手術で取りださなければならないようなことも考えられます。拾い食いは小さな頃から注意をしてあげなければなりません。

犬はとても好奇心旺盛で落ちているものが何かを確認するために臭いを嗅いで、口に入れられそうなものなら口に入れて確認をしたいという本能があります。つまりエサの量が少ないからお腹が減って食べてしまうというわけではないので、拾い食いをやめさせるためにエサの量を増やすという方法はあまり効果がありません。

もちろんしつけで拾い食いをやめさせることが大切ですが、犬の本能に基づいた行動なのでなかなか難しいしつけになります。しつけでなかなか覚えてもらえない場合は、飼い主が注意をして拾い食いをしない環境を作ってあげる必要があります。

家の中の犬の生活領域に誤飲するようなものや食べ物を落としておかないように注意します。落ちているのを見かけたらすぐに拾っておきましょう。

散歩の時も犬が興味を示しそうな物を飼い主が先に見つけるように注意します。物が落ちている場合はできるだけ冷静に、犬がものに注意を向けないように通り過ぎるようにしましょう。草むらなどに入る場合はより注意が必要です。犬が臭いをかぎ始めたらリードを引いてやめるように促しましょう。

素材_shutterstock_128582756

早食いには要注意!

ボストンテリアはエサを吸い込むように食べてしまう癖のある犬が多いようです。エサを早く食べてしまうと満腹感を得ることができず、食べ過ぎになってしまう傾向があります。また噛まずに飲み込むように食べた後で水をがぶ飲みしてしまうと、胃の中でエサが膨張し吐き戻しの原因になることもあります。

早食いを防止するには水分が十分にあるエサを食べさせるのがよいといわれています。ドライフードの場合は水や犬用のミルクでふやかして与えたり、ウェットタイプの缶詰を混ぜて与えるとよいようです。

またボストンテリアのような短頭種の場合は、食事直後の運動は避けた方がよいでしょう。満腹状態で運動をしてしまうと息が苦しくなって、食べたものを吐き戻してしまうことがあるためです。ボストンテリアの場合は食後30分~1時間は興奮させないように、安静にできる環境を整えてあげるとよいですね。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

タキシードを着た紳士!ボストン・テリアの飼いやすさについて

バットイヤーといわれるピンと立った耳と大きな瞳が愛嬌たっぷりのボストン・テリア。ボストン・テリアは白黒の被毛がまるでタキシードを着ているように見えることや温厚な性格から、タキシードを着た紳士……

ボストン・テリア

臭いスッキリ!ボストンテリアのシャンプー方法について

ぺちゃっとつぶれた鼻と大きくて離れ気味の目がチャーミングなボストンテリア。ちょっぴり脂性の肌質をしているようで、臭いや皮膚病が気になるところです。できれば定期的に綺麗にシャンプーをして臭いや……

ボストン・テリア

【動物看護師が解説】ボストンテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

スマートで紳士的な見た目のボストンテリア。体もさほど大きくはなく、かしこく温厚な性格なので様々な世代から愛されている犬種です。ある犬種とよく間違われがちですが、実はきちんと見分けるコツがある……

ボストン・テリア