2016年11月6日更新

【動物看護師が解説】供血犬、供血猫ってどんなことをするの?

あなたのかかりつけの動物病院には、アイドル犬(猫)や看板犬(猫)と呼ばれている犬猫はいるでしょうか?病院側が、本当に居候として飼っていることもありますが、実はきちんとした役割を持って飼われていることがほとんどです。その役割とは、一体どんなことなのでしょうか?

供血犬、供血猫という言葉をご存知ですか?

病院に飼われている犬猫が、比較的大型なのはきちんとした理由があります。それは、輸血を必要とする犬猫に血を分けるために飼われているからです。もちろん、本当に看板犬、看板猫として飼っていることもありますが、重症患者を受け入れる病院ほど、この役割を担った犬猫を飼育している傾向にあります。

輸血を必要とする犬猫は多い

犬猫に輸血?と感じる方も多いでしょう。今までに愛犬が重い病にかかっていなければ、あまり身近には感じない言葉ですよね。

実は、輸血を必要とする症例は様々あります。お腹の中の腫瘍が破裂して大量出血を起こしている場合、事故に遭って出血が多い場合、自己免疫性の貧血で血が足りない場合、様々です。こんな時に活躍してくれるのが供血犬、供血猫です。体が小さければ小さいほど、歳を取れば取るほど血を分けるのは難しくなるため、動物病院では若くて体の大きい犬猫を飼育しています。

供血犬、猫がいる病院は100%安心か?

例えば、動物病院選びをする時に大病した時を考えて供血犬、供血猫がいる病院を選べば、どんな時でも輸血をしてくれて安心できるか?というとそうではありません。

供血犬、供血猫も大事な命です。お預かりする患畜と同様の命です。体調の悪い時、近い日付で輸血をした・する予定がある時、輸血量が多量で一頭では負担になる時などは輸血を断られることがほとんどです。また、血液型もあるため、病院で飼育している犬猫と型が合わなければ輸血することはできません。供血犬、供血猫がいない病院に比べれば、輸血という治療手段が増えるのは確かですが、いるいないで輸血を絶対にしてもらえると思い込むのはやめましょう

また、供血犬、供血猫がいなくても輸血が必要になれば患者さんの中で協力してくれる人を探したり、他の病院を紹介してくれることもあるので、供血犬がいない=輸血ができない、ということではありません。

血をあげるために飼われているなんて可哀想?

供血犬、供血猫と聞くと、ただ血を分けるためだけに飼われているようで、可哀想に思える方もいるでしょう。しかし、ほとんどの病院はできる限りの愛情を供血犬、供血猫たちにかけています。表向きには、アイドル、や、看板、という肩書きを使う理由もそこにあります。

決して、それだけの為に飼われているのではなく、スタッフと病院の中で遊びまわったり、散歩に行ったり、たくさんの愛情をかけられています。供血犬、供血猫として引退したあとはスタッフに引き取られたり、病院に馴染みのある信頼の厚い飼い主さんに引き取られたりして余生を温かい家庭で過ごします。

病院で飼われている犬猫たちの顔つきを見れば、毎日どんな風に過ごしているのかを知ることができるでしょう。

もし輸血が必要になったら

愛犬がもしも輸血が必要になり、病院に供血犬、供血猫がいなかったら?血液型が合わなかったら?そんな時に必要なのが、飼い主さん同士のネットワークです。輸血が必要になった時、まず第一に、同居犬・猫はいるか?大型犬、体の大きな猫を飼っているお知り合いはいないか?と聞かれるでしょう。

協力を乞える飼い主さんがいれば少しは希望が見えるかもしれません。普段から、お散歩仲間など、なんでも相談できる人が1人でもいると、愛犬がもしもの時安心できるかもしれませんよ。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

猫に囲まれて過ごしたい!猫カフェをオープンしたいと思ったら?

お茶を飲みながら猫と触れ合える猫カフェ。癒しの場所として人気を集め、徐々に数も増えてきているようです。捨てられた猫を保護するボランティア団体が、譲渡の場としてカフェを開いているケースもありま……

猫の仕事

【漫画】猫が登場するおすすめ漫画10選

猫を主人公にした猫漫画というのは、本当にたくさん出版されています。しかし、猫がちらっと出てくる、とか、主要な役だけれど主人公ではない、またストーリーは全く猫とは無関係である、という漫画も数多……

猫の仕事

小さな無人駅をたちまち有名にした貴志駅の駅長「たま」。

一時は路線廃止の危機もあった和歌山県、和歌山電鉄の貴志川線。2007年から駅長を務めた三毛猫の「たま」はたちまち猫ファンの間に知れ渡り、田舎の小さな駅に多くの観光客を呼び寄せました。 ……

猫の仕事

世界の著名な猫~イギリス首相官邸に正式に雇われている猫~

アメリカのホワイトハウスには大統領の飼い犬、飼い猫がいて、ファーストドッグ、ファーストキャットなどと呼ばれていますが、ロンドン市内ダウニング10番街にあるイギリス首相官邸には、官邸に正式に雇……

猫のニュース

【ペットシッターが解説】ペットシッターにお世話をお願いできる動物は?

いつも通りの環境でお留守番させたい時にお世話をお願いすることができるのがペットシッターです。ペットシッターは、その店舗や個人によって異なりますが、お世話できる動物が限られていることも少なくあ……

猫の仕事

【動物看護師が解説】供血犬、供血猫ってどんなことをするの?

あなたのかかりつけの動物病院には、アイドル犬(猫)や看板犬(猫)と呼ばれている犬猫はいるでしょうか?病院側が、本当に居候として飼っていることもありますが、実はきちんとした役割を持って飼われて……

猫の仕事

猫カフェはいまや世界レベル。日本文化として世界に広まった猫カフェ

猫好きにとって猫カフェは天国、聖地、そして癒しの場所。何も考えずに猫カフェでたくさんの猫と戯れる時間は至高の幸せと言っても良いでしょう。そんな猫カフェは現在、日本で170 店舗以上あると言わ……

猫の仕事

ロシアでキャビアの取締りをしていた警察猫「ルーシク」の悲劇

麻薬など鼻を使った取り締まりは犬の専売特許。空港や港で活躍する犬は年々増えているようです。ところがロシア南部のスタブロポリには不正の発見と取り締まりを仕事としていた警察猫が居たことをご存知で……

猫の仕事

【ペットシッターが解説】投薬、注射等が必要な場合ペットシッターを利用できる?

投薬や注射が必要なペットの場合、ペットシッターにまずはお世話できるかどうか問い合わせてみましょう。様々なケースがありますので、個別に相談になることも多く、お互いの信頼関係のもとに利用すること……

猫の仕事