2017年5月17日更新

短い毛が刺さっちゃう!ボストンテリアの抜け毛対策とブラッシングの方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ボストンテリアといえば短い鼻に大きくてちょっぴり離れ気味の目、そしてカラーリングも独特な艶やかな短毛ですね。短い毛だと抜け毛は気にならないのでは?と思いがち。実際はどうなのでしょうか?今回はボストンテリアの抜け毛は多いのか?抜け毛の対策方法は?などボストンテリアの抜け毛について調べてみました。

 

ボストンテリアの抜け毛が多いのはなぜ?

ボストンテリアは「タキシードを着た紳士」の異名をとるように、独特のカラーリングをした艶やかな被毛をしています。ボストンテリアのように手触りの滑らかな、短く艶やかな毛質をスムースコートといいます。

スムースコートの犬種は毛が絡まって毛玉ができてしまったり、カットをしてスタイルをキープしなければならないことがないため、被毛の手入れは比較的楽だといわれています。

では被毛のケアが楽ならば抜け毛は少ないのでしょうか?どうやらそうではないようです。抜け毛の量は被毛の長さよりも被毛の生え方によって異なるようです。

犬の被毛の生え方には大きく分けてシングルコートとダブルコートの2つのタイプがあります。シングルコートの犬種は抜け毛が少なく、逆にダブルコートの犬種は抜け毛が多いといわれており、ボストンテリアの被毛はこの抜け毛の多いダブルコートの構造になっています。

具体的には次のようになっています。

シングルコート

一般的にシングルコートと呼ばれる犬種は抜け毛が少ないといわれています。

シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではプードルやマルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨンなどがシングルコートの犬種となります。

ダブルコート

ダブルコートと呼ばれる犬種は春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。

ダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギー、ポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬種になります。

素材canine-634020_640

日々のケアで抜け毛対策

ボストンテリアとの生活を快適にするには、抜け毛があることを理解したうえで抜けた毛が洋服や家具に付いたり、床に落ちたりすることを防ぐことが大切ですね。ではどのようなケアが有効的なのでしょうか?

抜け落ちを予防するのにはブラシングやシャンプーなど、被毛を健康に清潔に保つケアが有効的なようです。ボストンテリアのケアの仕方をご紹介します。

ブラッシング

ボストンテリアのブラッシングにはラバーブラシとブタやイノシシの毛でできた獣毛ブラシがよいようです。ラバーブラシにはラバー部分が柔らかいものがありますが、ブラッシングをしている時にしっかりと手ごたえがある固い物を選ぶようにしましょう。

まずはラバーブラシで抜け毛や死毛を取り除いていきます。最期に獣毛ブラシで被毛の艶をあげて仕上げていきます。

抜け毛の多いボストンテリアの場合は、できれば毎日散歩から帰った時にブラッシングをしてあげるとよいですね。春から夏、秋から冬の換毛期には抜け毛が増えます。時間がある時にこまめにブラッシングをして抜け落ちを予防しましょう。

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回、皮脂の分泌が多くなる夏場は週に1回くらいのシャンプーが理想的なようです。

シャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れをおとしておきます。シャンプー剤は人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので、必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

シャンプーの際の道具としてスポンジを用意しておくと、顔を洗う時に鼻や目、耳に水を入れることなく、口の周りのしわの間もしっかりと洗えるので便利です。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

犬_素材

 

抜け落ちを予防するには洋服も効果的

ボストンテリアの抜け毛の対策として犬用の洋服を着せてあげるのも1つの方法ですね。洋服を着せて抜け毛を予防する方法は、日中はお気に入りのお出かけ着を寝る時は着心地がよく通気性のよい部屋着に着替えさせてあげるなど、犬と一緒に飼い主が楽しみながら対策ができるところがよいところです。

特に梅雨から夏にかけては体温を下げてくれるクールベストやTシャツなどを着せてあげるのは、体温調整が苦手なボストンテリアにとっては快適に暑い時期を乗り切るためにも効果的ですね。

気を付けなければいけないことは、洋服を着せているとどうしても服の中が蒸れてしまうことです。皮膚病の原因になってしまいますので、着せっぱなしにせずにこまめに着せ替えてあげましょう。

抜け毛の掃除はサッと手軽に!

ブラッシングや洋服を着せるなどの対策をとっても、床や家具への抜け落ちをすべて防ぐことは難しいですよね。時間をかけて綺麗にしてもすぐにまた抜け落ちてるなんてことになるとイライラとしてしまいます。

抜け毛の掃除はためずに気が付いた時にさっととるのがコツのようです。

気になる時に簡単に片手で操作できるハンディークリーナーなどを用意しておくとよいでしょう。フローリングの床にはウェットタイプのハンドワイパーがソファーや絨毯、洋服などには粘着ローラーがおすすめのようです。

また抜け毛の付きやすい布製の家具には滑りのよいカバーをかけておいたり、家具の位置を変えて掃除がしやすいようにしておくのもよい方法ですね。

犬_素材

抜け毛用の便利グッズも活用しましょう

抜け毛の対策を色々とご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?「色々と試したけどなかなかぴったりな方法が見つからない。」という方も多いかもしれません。そんな時は抜け毛対策によいといわれている便利グッズを試してみてはいかがでしょうか?

抜け毛の対策で最近注目されているのは抜け毛を除去することに特化した、ファーミネーターやフーリーといったブラシですね。ただし間違った使い方をすると肌を傷めてしまうこともあるようです。便利な道具を使う時は使い方をまずはよく理解してから使うようにするとよいですね。

ブラシだけでなく掃除道具なども便利だといわれているものを試してみて、自分たちにあった便利グッズをみつけましょう!

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

小さなアメリカ紳士!ボストン・テリアと一緒にドッグランへ行くには?

穏やかで寛容な性格とその独得のカラーリングから小さなアメリカ紳士やタキシードを着た紳士などの別名を持つボストン・テリア。室内ではお行儀よく生活していることが多いようですが、外に出ると活発な面……

ボストン・テリア

ボストン・テリアの散歩に適しているのは首輪?それともハーネス?

短頭種の中ではスマートな体つきをしているボストン・テリア。活発で遊ぶことが大好きなボストン・テリアにとっては、散歩はストレスの発散のためにも欠かせないものですね。そこで問題になるのが首輪がい……

ボストン・テリア

ボストンテリアの病気〜獣医師が解説するボストンテリアのかかりやすい病気〜

ピンと立った耳に短い鼻に愛嬌のある表情、小柄ながらもがっしりとした体に、短い被毛と独特の模様をもつボストンテリア。頑丈な体を持ち、活発で遊び好きな性格で国内外で安定した人気を誇っています。パ……

ボストン・テリア