2017年5月17日更新

大きな目には注意が必要!ボストンテリアにおすすめのペット保険は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

短い鼻とユーモラスな表情が人気のボストンテリア。遺伝性の病気も少なく健全な犬種だといわれています。でも大きな目はケガをし易かったり、暑さに弱かったり心配なこともありますね。万が一の時に経済的なことで治療を受けられないのは困ります。今回はボストンテリアにおすすめのペット保険について調べてみました。

 

ボストンテリアのかかりやすい病気とは?

保険を検討する前に何に対して備えをしておく必要があるのかを知っておく必要がありますね。健康的な犬種だといわれているボストンテリアはどのような病気にかかりやすいのでしょう?

ボストンテリアで気を付いておきたい病気をご紹介します。

目の病気

ボストンテリアの大きな目は散歩中に枝にあたってしまったり、家具にぶつかってしまうなど怪我にも十分な注意が必要ですが、病気にも気を付けてあげたいところです。ボストンテリアがかかりやすい目の病気は次のとおりです。

白内障

眼球内にある水晶体が白く濁った状態になる病気です。水晶体の濁りによって光が遮られ灰色から黒の点が現れます。症状としては瞳孔の奥が白く変色して見える、家具などにぶつかりやすくなるなどです。遺伝などが先天的な要因で引き起こされることもありますが、糖尿病、低カルシウム血症、ぶどう膜炎などから併発している可能性があります。

チェリーアイ・第三眼瞼腺脱出

第三眼瞼または瞬膜と呼ばれる瞼と眼球のあいだにある膜状の組織の裏側にある腺が炎症を超して、外側に赤くはれ上がった状態になる病気です。眼頭から外に赤く盛り上がった状態がさくらんぼに似ていることからチェリーアイと呼ばれています。

症状としては常に眼頭が不快なために目をこすり、結果として結膜炎や角膜炎などを併発することがあります。治療法としては点眼液などによる内科的な治療がほとんどですが、症状によっては外科的に飛び出している部分を切除したり埋没させたりすることもあります。ボストンテリアの場合は原因が先天性であることが多いので、保険の補償対象外になることが考えられます。

素材dog-1192529_640

皮膚疾患

しわが多くやや脂性で皮膚が弱い傾向のあるボストンテリアは、目の病気に次いで皮膚の病気にもかかりやすいといわれています。ボストンテリアのかかりやすい皮膚の病気は次のようにいわれています。

アレルギー性皮膚炎

ハウスダストやダニ、花粉などのアレルゲンが肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発症する皮膚炎です。強いかゆみがあり赤みのある湿疹がひろがります。ひどくなると脱毛などの症状が現れます。根治の難しい病気で長期の通院が必用になることがあります。

脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎

マラセチア属の酵母によって引き起こされる皮膚炎の事です。犬の外耳道、肛門嚢、指の間、唇、皮膚粘膜に常駐している酵母で、はっきりとはわかっていませんが過剰な脂質の分泌や、宿主である犬の免疫力の低下などが原因で発症します。皮膚のべとつきやフケの増加、発疹などの症状が現れます。また外耳道にも存在するので外耳炎の原因になることもあります。免疫力の低下で発症することが考えられるので、脂漏性皮膚炎を発症した場合は他の病気からの併発の可能性があり、まず基礎疾患の治療をおこなう必要があることが多い病気です。

アラカス症・毛包虫症

イヌニキビダニという寄生虫が犬の皮膚に入り込み、大量に寄生することで発症する病気です。母乳からの感染が多く1歳未満の仔犬の発症が多い病気ですが、イヌニキビダニが多く寄生しているものに触れた場合も感染することがあり、成犬や免疫力が低下した老犬でも発症することがあります。

症状としては抜け毛や皮膚のかゆみが生じ、症状が進行するとフケやかさぶた、皮膚の化膿や出血が起こります。

発症した場合の治療方法はダニの駆除薬の投与やダニの駆除効果のある薬浴やシャンプーでイヌニキビダニの駆除をおこないます。また免疫力の低下などが原因である可能性があるので、食事療法や運動療法などの体質改善が必要な場合があります。

膝蓋骨脱臼

後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。骨や筋肉の形成異常で起こるような場合は先天性、高いところから落ちるなどがきっかけで発症する場合は後天性といいます。

症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。

治療法としては膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を受けるのですが、あまり病気が進行してしまうと骨が変形してしまい、手術に適さない状態になってしまうことがあります。そのため早期発見、早期手術が必要になる病気です。

この病気は手術費用、通院介護の費用は高額になることが多いのですが、保険の補償対象外になっていることがある病気です。ペット保険を選ぶ際には補償内容を確認する必要があります。

糖尿病

ホルモンの1種であるインスリンの不足によって血中のブドウ糖が多くなってしまう病気です。インスリンは膵臓から分泌されるホルモンですが、膵臓の機能が壊れたことによってインスリンを分泌できなくなった状態を「Ⅰ型糖尿病」、膵臓の機能は保たれているのに他の理由で分泌されない状態のものを「Ⅱ型糖尿病」といわれ、犬に場合はほぼⅠ型の糖尿病が多いようです。

水を大量に飲む、食べる量が増えたのに体重が減少する、おしっこの回数が増える、腹部が膨れるなどが初期の症状としてあげられますが、症状が進むと体のあちこちで病気が併発してしまいます。

治療方法はインスリンの投与と食事療法しかなく、生涯にわたっての通院が必要になる病気です。

素材_shutterstock_338192387

ボストンテリアにおすすめの保険は?

ボストンテリアの場合は比較的丈夫で長生きの傾向がある犬種なので、加齢による保険料の増加と補償のバランスがよいことが大切です。また肥満が原因の糖尿病や目や皮膚の病気にかかりやすい傾向があり長期の通院にも備えておきたいところですね。

その点を踏まえて考えると次のようなことを考慮して保険を選ぶとよいようです

  • 膝蓋骨脱臼、白内障などの高額治療が補償内容に入っているもの
  • 長期通院の必要な病気に備え、通院の補償日数や回数が十分もしくは制限なしのもの
  • 比較的丈夫で長生きな傾向があるので、加齢による保険料の増加と補償のバランスのよいもの

考慮すべき点ふまえてボストンテリアにおすすめの保険を考えてみました。

アニコム損害保険(株)

ペット向け保険の業界大手の実績があり、動物病院との提携件数も多くお会計の窓口でペット保険証を提示するだけで保険を使うことができるのが特徴です。

プランは2つのプランが用意されており、かかった医療費の70%を保険で負担してくれる「ふぁみりぃ70%プラン」と、50%を負担してくれる「ふぁみりぃ50%プラン」になります。

ただし通院・入院の利用回数に制限があるので、長期通院の場合には利用の仕方を考えて使用する必要があります。

アイペット損害保険会社

アニコムと同様に提携の動物病院で加入者カードをみせるだけで保険を使うことができます。

保険料はやや高くなりますが通院から入院・手術までを幅広く補償してくれる「ペット保険うちの子」の50%補償プランと70%補償プラン、手ごろな保険料で高額になりがちな手術の費用に特化した「ペット保険うちの子ライト」の3つのプランがあり、備えたい内容にあわせてプランを選ぶことができます。

またペットが他人や動物にケガをさせてしまった場合の損害賠償を補償する、ペット賠償責任を特約として付けることができます。

GIガーデン少額短期保険・いぬとねこの保険

年間補償額はプランによって決まっていますが、支払い回数の制限や1日当たりの限度額などの制限がないのが特徴です。谷型保険料体系という独特の保険料計算をおこなうので、0歳から3歳までは保険料が下がっていき、3歳から加齢による保険料加算がはじまるのも特徴的です。

プランは保険料はやや高くなりますが入院、通院、手術のすべてを補償してくれ賠償責任特約の付帯も可能な「プラチナ90%プラン」「プラチナ70%プラン」「プラチナ50%プラン」、通院に特化した補償内容で賠償責任特約の付帯も可能な「ゴールド90%プラン」「ゴールド70%プラン」「ゴールド50%プラン」、手術のみを補償する「パール70%プラン(使用回数に制限有)」の7つのプランがあります。それぞれの%は医療費の負担%をあらわしていて、90%プランを選択した場合は医療費の90%を保険で負担してくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

保険料が掛け捨てなのを忘れないで!

今回ご紹介した保険は、膝蓋骨脱臼や白内障など高額な医療費が必要なのに補償外とされてしまいがちな病気に対しての補償がしっかり保険であること、また加齢による保険料の増加と補償のバランスが取れていることを重視して選ばせていただきました。

ペット保険に入る時に忘れてはいけないことは、ペット保険の保険料は掛け捨てであるということです。つまり保険料を支払っても保険を利用する病気やケガにかからなかった場合は、支払った保険料が戻ってくるようなことはありません。

ボストンテリアの場合は子犬のころは興奮しすぎて目をけがしてしまったり、体温調整がうまくいかずに急に熱を出したりということがあるようです。そのことを考えると若いうちの保険料が安い間はペット保険に入って、それ以降は保険料を支払ったつもりで自分たちで積み立てておくという方法もありますね。

どちらにしても公共の保険がきかないペットの場合は、医療費に対する備えは必ず必要になります。ペット保険への加入だけでなくどのような方法で備えていくかを、ペットの生涯に渡って長い目で考えておく必要があります。

 
 

関連カテゴリ