2017年4月8日更新

抜け毛はあるの?ミニチュア・シュナウザーのブラッシング方法について

がっしりとした体形と独特の顔立ちが可愛らしいミニチュア・シュナウザー。テレビドラマに出演するなど人気の高い犬種ですね。最近では犬を室内で飼育する方が増えてきました。室内で犬を飼育する時に気になるのは犬の抜け毛ですね。今回はミニチュア・シュナウザーの抜け毛について調べてみました。

ミニチュア・シュナウザーは抜け毛が多いの?少ないの?

室内で犬を飼う時に気になることといえば臭いと抜け毛ですよね。できることなら臭いが弱く抜け毛の少ない犬種を思う方が多いのではないでしょうか?ミニチュア・シュナウザーはどうなのでしょうか?

ミニチュア・シュナウザーの毛質は他の犬種とは少し異なった特徴を持っています。犬の毛の構造には大きく分けてシングルコートとダブルコートの2つのタイプがあります。

シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではトイ・プードル、マルチーズ、ヨークシャー・テリアなどがシングルコートの犬種となります。

それに対してダブルコートと呼ばれる犬種は、春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、ダブルコートの犬は寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛(アンダーコート)が抜け替わることによって、季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギーポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬になります。

ところがミニチュア・シュナウザーはやや固い上毛と柔らかい下毛の2重構造をしたダブルコートの犬種なのに、下毛が抜け落ちにくという特徴のある被毛をしているのです。そのため死毛となった下毛を取り除かないとフェルト状に毛が固まってしまったり毛玉ができてしまいます。ミニチュア・シュナウザーは肌が弱く被毛の状態が悪くなると皮膚病を起こすことが多い犬種なので、こまめなブラッシングが不可欠です。

また一般的なダブルコートの犬種の上毛は一定の長さになると抜け落ちるのに対して、ミニチュア・シュナウザーの上毛はカットしない伸び続ける毛質をしています。そのため被毛の清潔さとスタイルをキープするには定期的なトリミングが必要になります。

imasia_7726813_S

ミニチュア・シュナウザーの抜け毛対策は?

ミニチュア・シュナウザーは死毛が抜け落ちるということは少ないようですが、ブラッシングなどで死毛をしっかりと取り除かないと健康な被毛や肌を保つことができないようです。

ここではミニチュア・シュナウザーの正しいケアについてご紹介しましょう。

ブラッシング

ミニチュア・シュナウザーのブラッシングは被毛のからみをほどき毛玉や死毛を除去することができるスリッカーブラシを使用します。耳のつけ根や脇の下などの毛玉ができやすいので、手で被毛を押させながらしっかりとブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

ただしスリッカーブラシを使用する場合は、力を入れ過ぎると皮膚を傷めてしまうことがあります。力を入れ過ぎずに皮膚に平行にブラッシングをすることを心がけましょう。また目や太い血管がとおっている耳のふちなどは、ブラシのピンで傷つけないように注意が必要です。

仕上げにはコームを使用してコーミングをおこない被毛の艶をあげてあげます。

シャンプー

シャンプーは回数が多すぎても少なすぎても逆効果になってしまいます。おおよそ月に1回~2回のペースでシャンプーをしてあげるとよいでしょう。

人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

スポンジを用意しておくと顔を洗う時に目や耳に水を入れることなく顔を洗うことができるので便利です。

またシャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れをおとしておきましょう。毛の絡みをしっかりととってからシャンプーをしないと、絡んでいる場所がフェルトのような状態になってしまいます。しっかりと毛を梳いてからシャンプーをするようにしましょう。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

ミニチュアシュナウザー

トリミング

ミニチュア・シュナウザーの被毛はカットをしないと伸び続ける毛質をしています。清潔な被毛を保つためにも定期的にトリミングをおこなう必要があります。

またトリミングには見た目を綺麗にするだけではなく、皮膚や被毛の状態を確認しながら健康に保つ役目があります。トリミングの頻度としては2ヶ月に1回くらいが理想的だといわれています。

最近では自宅でトリミングをおこなう方も増えてきていますが、できれば肌の状態をしっかりと保つためにも定期的にトリミングサロンでカットをしてもらうとよいですね。

脱毛症には注意が必要

あまり抜け毛の多くないミニチュア・シュナウザーですが、普段よりも抜け毛が多くなったと感じた時は注意が必要です。

ミニチュア・シュナウザーのかかりやすい病気の1つに犬の脱毛症があります。脱毛症とひとくくりにしてしまうと、原因が1つのように思ってしまいがちですが、犬が脱毛症になる原因には様々なものがあります。主なものは次のようになります。

  • アトピー性皮膚炎による脱毛
  • ノミ・ダニなどの寄生虫による皮膚炎による脱毛
  • 真菌や細菌による感染症による脱毛
  • クッシング症候群のようなホルモン異常が原因のよる脱毛
  • 環境の変化などストレスによる脱毛

脱毛の症状は原因によって異なりますが、10円ハゲのように局所的に出る場合や、全身が薄毛になってしまうようなケースもあるようです。愛犬の毛の抜け方がいつもと違うなと感じたら、早めにかかりつけの獣医師に相談するとよいですね。

犬_素材puppy-434841_640

ミニチュア・シュナウザーのストリッピングとは?

ミニチュア・シュナウザーのやや固めの毛質を維持していくためには、ストリッピングというお手入れをおこなう必要があります。

ストリッピングとは古い被毛や死毛となった毛を、ストリッピングナイフなどの専用の道具を使用して抜いていくトリミング技法です。古くなった被毛を抜くことで新しい強い被毛が生えてくることを促進するとともに、肌を丈夫にする効果があるといわれています。

ドッグショーなどに出陳する場合は固く艶のある被毛を保つ必要があるので、換毛期の前などにストリッピングをおこなう必要がありますが、家庭犬として自宅で飼う場合には柔らかい毛質でもよいと考えるならば、毎日のスリッカーブラシとコームでのブラッシングで十分です。

最近ではテリアらしい毛質を保ちたいと考える方が多くなり、自宅でストリッピングをおこなう方も増えてきているようですが、正しい方法でおこなわないと犬に苦痛を与えるだけで肌を傷めてしまい逆効果になってしまう場合もあります。

ストリッピングは日本の場合プロのトリマーの方でも正しい方法でおこなえる方が少ないといわれている技法なので、できればテリアのトリミングに慣れているトリマーの方を探してお願いするのがよいでしょう。もしも自宅でおこなう場合は愛犬のためにも、1度しっかりと正しい手順を教えていただくとよいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

抜け毛も汚れもスッキリ!シベリアン・ハスキーのシャンプー方法

シベリアン・ハスキーの魅力の1つは独特なカラーリングと粗くワイルドな手触りの被毛ですね。きれい好きな犬が多いことでも知られているシベリアン・ハスキーですから、できればいつもベストコンディショ……

犬のトリミングサロン

ミニチュア・ダックスフンドのシャンプーの方法まとめ

長くフワフワとした毛並みが可愛いロングコート。艶やかな短毛がスポーティーな印象のスムースコート。個性的なスタイルのワイヤーヘアー。コートのタイプによって印象が違うのもミニチュア・ダックフンド……

犬のトリミングサロン

臭いも皮膚病も予防!ラブラドール・レトリバーのシャンプー方法

優しい顔立ちときらきらとした瞳が魅力的なラブラドール・レトリバー。艶やかでそれぞれに特徴のあるカラーの被毛もラブラドール・レトリバーの魅力の1つですね。でもちょっと脂性の傾向があるようで、臭……

犬のトリミングサロン

シャンプーでさらさら!ゴールデン・レトリバーのシャンプー方法について

ゴールデン・レトリバーのチャームポイントの1つは金色の柔らかく長い被毛。穏やかな表情と相まってゴールデン・レトリバーの優しさをあらわしているようです。できればいつも綺麗にさらさらにしてあげた……

犬のトリミングサロン

評判のよい栃木県の犬のトリミングサロン5選

プードルといえばコンチネンタルカットにテディベアカット、シュナウザーといえば口の周りと眉毛を残したちょっとおじいさん顔のシュナウザーカット。 犬種によって魅力を引き出すことができる定番……

犬のトリミングサロン