2016年10月3日更新

【獣医師が解説】もう間もなく離乳の方へ!「スムーズな離乳のしかた」

子猫がミルクをしっかり飲んで順調に成長していたら、生後4週間くらいを目安に離乳をはじめましょう。

離乳食の開始時期の見極め方は?いつまで続ければよいの?

Feeding little beige kitten with milk replacer

子猫の歯は生後4週頃になると生えてきます。歯の生え始めの頃には、歯茎を指で優しく触ってみると、少し硬いものに触れるようになります。正確な週齢がわからなくても、歯茎に硬いものが触れるようになったら離乳食スタートのサインです。はじめのうちはミルクを継続しながら、少しずつ離乳食を進めていきましょう。そして、およそ生後2ヶ月くらいになると、離乳食も完了の時期です。歯が生え揃ってくる2ヶ月齢頃には子猫用のドライフードが食べられるようになることを目指しましょう。

離乳食には何を与えたらいい?

Natural meat dog food or dry food
一番簡単な方法は、市販されている猫用の離乳食を利用することです。市販されている猫用の離乳食は、歯が生え揃っておらず、それまでミルクしか口にしていなかった子猫のため、噛みやすく、消化しやすいように調整されています。猫用の離乳食が手に入らなければ、子猫用のドライフードをお湯やミルクでふやかしたものでもよいでしょう。このとき、必ずしっかりと人肌になるまで冷ましてから与えるようにしてください。

離乳食を手作りしたいと考える人もいるかもしれません。この場合にはネギ類とはじめとした、猫が食べることのできない食材について、また、成長期の子猫に必要な栄養素とそのバランスについて、あらかじめしっかりと理解しておくことが必要です。

猫用の離乳食が手に入らないからといって、人の赤ちゃん用のベビーフードは使用しないでください。ネギ類などの猫が食べられない食材が使用されていることが少なくない上に、必要な栄養素が乳幼児と子猫では異なるからです。

そういった意味ではやはり、市販の子猫用離乳食や子猫用のキャットフードが最も便利で、安心して使いやすいといえます。このとき、必ず 「総合栄養食」と記載されているものを選んでください。「総合栄養食」には子猫に必要な栄養が過不足無く含まれています。ちなみに、「一般食」と記載されているものは、いわゆる「おかず」に近いもので、単独で必要な栄養素をバランスよく摂取できるものではありませんので、注意してください。

離乳食はどのようにして進めたらいいの?

素材_shutterstock_235307140

離乳食を始めるときは…

離乳食は半固形で、どろどろとしていますが、それだけでは子猫が食べ物であることを認識しなかったり、食べたがらなかったりすることも少なくありません。はじめは、離乳食にミルクを4分の1〜半分ほど混ぜて与えてみてください。離乳食に粉ミルクをふりかけてみてもよいでしょう。

子猫が離乳食をお皿から食べないようならば、手から与えてもかまいません。上あごにごく少量の離乳食をぬりつけてみて、離乳食には味があり、食べられる物であることを経験させて、覚えてもらいましょう。その後、子猫が離乳食を手から舐めて食べるようになったら、少しずつお皿へと誘導してあげるようにしてください。

離乳食の量と回数は…

離乳食を始めたての頃は、便の様子を見ながら、1回1口、2口くらいからゆっくりと始めましょう。下痢をするなどの問題がないようであれば、欲しがるだけ与えてもかまいません。下痢をした場合は、少し離乳食を減らして様子を見てください。ひどい下痢をくりかえしたり、ミルクも飲まなくなったりした場合には、その日のうちに動物病院を受診しましょう。

離乳食を食べる量が少ないうちは、離乳食だけで子猫に必要な栄養を十分に摂取することは難しいため、授乳を続ける必要があります。ただし、離乳食を食べさせる前に授乳してしまうと、お腹がいっぱいになってしまって離乳食を食べないことがあります。まずは離乳食を与えてから、ミルクを欲しがるようならばミルクを与えるようにしてください。離乳食を食べることに慣れてきたら、少しずつ離乳食の量を増やしていき、そのかわりにミルクの量を減らしていきましょう。新鮮な水が飲めるように、離乳食と一緒に用意してあげてください。水はお皿に1〜2ミリくらいの深さで用意しておきましょう。

離乳食は、1日に3〜4回に分けて与えてください。まだ胃の大きさが十分でなく、消化機能も発達していないため、欲しがるだけ与えるといっても、一度にそれほどたくさんは食べられません。お世話は大変かもしれませんが、少しずつ、何度も与えるようにしましょう。水分量の多い離乳食をおきっぱなしにすることは、風味が落ちてしまうだけでなく、衛生上の問題があるため、勧められません。子猫が食べ残しをした場合も、必ず1回ごとにきちんと片付けをして、毎回清潔な食事を与えるようにしてください。

離乳食の完了時期は…

8週齢くらいには、離乳を完了させ、ドライフードを食べられることを目指しましょう。それまでに少しずつ水分量の少ない離乳食へと変えていくことで、徐々にしっかりと噛む必要のある食事へと移行させるようにします。
ドライフードは、はじめは嫌がったり、食べ物と認識できなかったりする子猫もいます。離乳食の完了時期が近づいてきたら、ドライフードをふやかす時に入れる水の量を調節することで、離乳食のかたさを加減するとよいでしょう。

あわてず、子猫のペースで離乳を進めましょう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

離乳食をはじめたばかりの頃は、思うように子猫が離乳食を食べないこともあるかもしれません。そのようなときは、決して無理をせず、これまで通りにミルクを飲ませてあげましょう。そしてまた次の日に再度挑戦してみてください。子猫の成長とともに、必ず離乳食を食べてくれるようになるはずです。離乳食の開始時期や完了時期はあくまでも目安です。あせらず子猫のペースで進めてあげてくださいね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】多頭飼いで適正量を給仕するにはどうすればいい?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!多頭飼いで適正量を給仕するにはどうすればいい? フ……

キャットフード

「S.G.J.プロダクツ」のキャットフードとは?

「S.G.J.プロダクツ」は猫の自然食になるべく近いキャットフードを作るため、オーストラリアの食材だけを厳選し一貫した管理のもとに日本の猫達にフードを届けているメーカー。原産国不明の食材や合……

猫の食習慣チェック

自分で作れなくてもOK。手作りキャットフードを定期購入できる「ネコロジースタイル」

ここ数年で広がりつつあるのがペットフードの手作り。飼い主さん自らが原料を吟味できる上、愛猫の好みが分かるようになれば猫が喜ぶごはんを作ってあげることができる点が評価されています。しかしながら……

猫にキャットフードを与える

愛犬・愛猫のための手作りごはん!『ペット生活レシピ』がオープン♪

最近『犬猫の高齢化』というキーワードを耳にする機会が増えたと感じませんか?一般社団法人ペットフード協会の独自調査によると、犬猫の平均寿命は、30年前と比較して約2倍にまで伸びているそうです!……

猫に必要な栄養素に注目して、グレインフリーのキャットフードを作るカナガン

小さくて可愛い姿をしていても猫はれっきとした肉食動物。ご飯の上に鰹節を掛けたねこまんまは昔は猫の食事の定番でしたが、猫が必要としている栄養分をほとんど供給できていません。猫には穀物によりもタ……

キャットフード

【獣医師監修】猫に牛乳を飲ませても良い?猫に牛乳をオススメできない理由とは?

猫が牛乳を飲む…よく見る当たり前の光景ですが、最近耳にするのが「猫に牛乳は良くない」という説。栄養豊富で消化にも良さそうな牛乳がなぜ猫に良くないのでしょうか?今回は猫に牛乳を飲ませない方が良……

キャットフード

【獣医師監修】猫はニラを食べても大丈夫?猫にニラを与えるのはやめましょう

シュッと伸びたニラは猫草に似ているためか、そのまま置いておくと猫がかじってしまうことがあります。猫はお腹に溜まった毛玉を吐き出すために長く尖った草を食べることがありますが、ニラでその代用がで……

猫に必要な栄養

小さなファクトリーで丁寧に作る。「犬猫自然食本舗」のキャットフード

大切な愛猫に手作りや手作りに近いフードをあげたい…いま、多くの飼い主さんがペットのごはんを見直し始めています。しかしながら、毎日忙しい生活を送る飼い主さんにとって完全手作り食は負担が少なくあ……

猫にキャットフードを与える

愛猫向け オランダ産ヤギミルクって?

子猫はもちろんのこと、ほとんどの猫は大人になっても牛乳が大好きです。しかしながら、猫には牛乳に含まれる乳糖を分解するラクターゼという分解酵素がないため、消化不良で下痢をしてしまう場合があり、……

キャットフード

【獣医師監修】猫はニンニクを食べても大丈夫?ニンニクを猫に与えるのはやめましょう

滋養強壮に役立つと言われるニンニク。人間の場合は1日1個食べると健康になるなどと言われていますが、ニンニクのパワーを猫にも活かすことはできるのでしょうか?今回は猫にニンニクを食べさせても良い……

猫にキャットフードを与える

【スペシャルキャットフードのすすめ】猫の一生を考えて選びたい!子猫用キャットフードのメリットとおすすめ子猫用キャットフード

猫は生後8週から10週ぐらいで離乳し、固形食へと移行していきます。親猫がいない場合、飼い主さんの手でこの頃から少しずつ柔らかいフードに切り替えていく必要がありますが、多くの飼い主さんは成猫用……

キャットフード

【獣医師監修】猫は生の魚を食べても大丈夫?手放しでOKとは言えず注意が必要!

「猫の好きな食べ物は?」と聞いたら日本では十中八九「魚」という答えが返ってくるのではないでしょうか。それほど「猫は魚が好き」というイメージが強いのですが、果たして生の魚は猫にとってベストなご……

キャットフード

【獣医師が教える!】愛猫の状態に合ったキャットフードの選び方

量販店や動物病院、インターネット通販などで見かけるたくさんのフードの中から、どれを愛猫に選べばよいのか悩んだことはありませんか?猫の食事は、猫の年齢やライフステージによって選択することが勧め……

【動物看護士が解説】猫はご飯を丸呑みしていても大丈夫?

猫のご飯の様子を見ていると、カリカリと音を立てて1粒ずつ食べている猫、流し込むように丸呑みしている猫、いろんな猫がいますよね。心配なのは丸呑みをすること。ドライフードはとても固いし、小さいか……

キャットフード

【動物看護士が解説】困ったあの症状に役立つのは、薬じゃなく食事?

病気というほどではないけれど、気温の変化でお腹の調子を崩したり、猫であればお腹に毛玉が溜まってしまったり。避妊去勢手術をしたら、丸々と太ってしまった、なんてことありませんか?もしかしたら、食……