2016年11月16日更新

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが、飼い主の意見をきちんと尊重する賢い犬種です。

ホワイトテリアは純白の固めの被毛の中に、大きな瞳と黒い鼻が3点際立ってみえる愛らしい外見の持ち主ですが、被毛の手入れはどのくらい必要なのでしょうか?

定期的なトリミングが必要

ホワイトテリアは本来、テリア種らしい固い毛質を保つために、専用の器具を使って背中の被毛を抜き取ります。全身この作業をすることで固く、立った被毛が生えてくるのですが、ドッグショーなどに出ない家庭犬の多くはバリカンで全身を仕上げています。バリカンをかけることによって、毛質は柔らかく変化しますが、ショーに出ない限り毛質は関係ないので、わざわざ愛犬に負担をかけてまで被毛を抜き取ることはしなくて大丈夫です。

ホワイトテリアの基本的なトリミングは胴体の上半分をバリカンで短くし、下半分の毛を残しそろえるスタイルです。四肢が被毛で隠れるようなスタイルで、外見ではアメリカンコッカーなどにもよく似ています。しかしこのスタイルは自宅でのケアや、被毛を白く保つことが非常に難しくなるので、全身バリカンで短くしたり、マルチーズやシーズーのように全身ハサミで短く仕上げることが多くなっています。

顔も顎先から耳の先まで緩くカーブを描くように切りそろえるのが一般的です。中には丸刈りにしたり、シュナウザーのように個性的なスタイルにする家庭もあるようです。

抜け毛は比較的少なく、ブラッシングの手間もほぼない

毎日ブラッシングをするのが理想的ではありますが、被毛を長く残していない限り頻繁なブラッシングは必要ないと言えるでしょう。また、ホワイトテリアは上毛と下毛を持つダブルコートですが、換毛期の抜け毛はあまりありません。まったく抜けないわけではありませんが、動く度に舞う、というほどではないでしょう。バリカンをかけている場合は特に被毛が柔らかくなっていますので、抜け毛がソファや洋服に刺さって処理が大変、ということもないでしょう。

とにかく皮膚が弱い犬種

ホワイトテリアは皮膚が弱く、常にどこかが赤くなっていたり、痒がったりするような犬種です。全く健康な個体も中にはいますが、多くのホワイトテリアは薬や塗薬に頼って生活するようになるでしょう。皮膚自体が脂っこいことの原因のひとつではありますが、皮膚の常在菌が異常繁殖して、そのせいで痒みや炎症が起こることがほとんどです。

冬などの湿気が少ない時期は快適に過ごせますが、梅雨や夏の湿気の多い時期は痒みが増すこともあるでしょう。痒みをそのままにしたり、皮膚が赤いのを放っておくと、自分で被毛を噛みきったり皮膚を傷付けたりして、出血したり、被毛が生えなくなったりすることもあるので、きちんと治療をしてあげましょう。

トリミングサロンにお願いしてももちろん良いのですが、金額が気になる場合は、自宅で頻繁にシャンプーを行ってあげましょう。シャンプーは保湿系のものよりも、ある程度脱脂力のあるものが良いです。動物病院へ受診して、愛犬に合ったシャンプーを獣医さんに選んでもらうのも良いでしょう。

指の間や脇の下、お腹や内股などが特に蒸れやすく、赤くなりやすいので、最悪部分的なシャンプーでも構いませんので、少なくとも月に2回は洗ってあげられるようにしましょう。乾かす時はなるべく温風を遠めから、面倒でなければ冷風で全身乾かしてあげましょう。健康な時は良いですが、痒みや炎症がある時に体を温めると痒みが増すので愛犬が可哀想です。必ず完全乾燥するようにして、湿気は絶対に残さないでください

マイクロバブルバスが特におすすめ

トリミングサロンや、動物病院でマイクロバブルバスというものを導入しているようであれば、是非一度体験してみてください。マイクロバブルバスとは小さなミクロの泡をたくさん含んだ水で体を洗うことにより、毛穴の汚れをよく浮き上がらせて、落としやすくしてくれるものです。

皮膚の毛穴に詰まった汚れに菌が繁殖し、そこから痒みや炎症を引き起こすことが多いので、マイクロバブルバスはそんな汚れを落とすのにとても相性の良いものです。毎回のシャンプーでこれを行えば効果絶大ですが、金額の問題もありますので、月に1回など継続して行えば、痒みから愛犬を解放してあげることができるかもしれません。白い綺麗な被毛を保つためにもとても役に立つものですので、是非一度やってみてくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

犬のシャンプーの頻度は?老犬は特に気をつけたいシャンプー方法。

健康な犬のシャンプーは最低でも月に1回、もしくは2週間以上の間隔をあければ次のシャンプーを行なってもいいと言われています。しかし老犬は体力を奪われてしまうので若い頃より疲れてしまいます。また……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】ボーダーコリーとの暮らしで注意すること

ボーダーコリーの性格と性質 性格 ボーダーコリーは、人にも犬にフレンドリーでその賢さからも人気の犬種です。もともと、有名な牧羊犬の犬種ということもあり、その運動能力と体力、パワーには……

犬の毛のお手入れ

【ペットシッターが解説】フレンチブルドッグとの暮らしで注意すること

フレンチブルドッグの性格と性質 性格 フレンチブルドッグは、明るく陽気な性格の持ち主です。その表情は、いつもにこにこしながら、家族の一員であることを楽しむかのようです。遊ぶことや、家……

犬のブラッシング

プードルのブラッシング方法と注意点。毎日のケアで清潔を保つ!

毎日のお手入れを欠かさずに プードルはカールが可愛い毛並みの犬ですが、プードルにとってブラッシングは、皮膚を清潔に保ち、美しいコートを維持するために必要不可欠なものです。 正しい知識と技……

犬のトリミング

プラッキングとペットカットの違いは?テリア種のトリミング方法について

放っておくとどんどん被毛が伸びるトリミング犬種。定期的なトリミングでカットしたり、被毛を整えたりする事が必要です。 そんな中、テリア種に限らず、シュナウザーやワイヤーダックスなど、「プ……

犬のトリミング

愛犬をお風呂に入れたい!正しいシャワー・シャンプーの方法は?

愛犬のお風呂って結構大変ですよね。お風呂嫌いな愛犬だったらなおさらです。でもお風呂は愛犬を綺麗にするだけではなく、病気の予防、治療といった点でも大事なことなのです。 今回は愛犬のお風呂を少……

犬のシャンプー

風呂嫌いでも簡単! 獣医に聞いた、犬・猫を自宅で簡単にお風呂に入れるコツ

SNSや共有サイトで、気持ちよさそうにお風呂に入る犬や猫の動画が出回っていますが、獣医師で動物病院Rire(リール。東京都渋谷区)の橋本理沙院長は、「お風呂嫌いの犬や猫は少なくありません。で……

猫の肛門嚢絞り

犬の毛を剃るとどうなる?犬のサマーカット・夏のトリミングについて

夏は暑くて、むしむししますよね。私たち人間は、夏になると気候に合わせて洋服を変えたりプールに行ったり、ヘアーを短くカットしたりできますが、犬はそのような事ができません。 犬も暑い!と思……

犬のブラッシング

犬のトリミングをする理由と、自宅で出来るトリミング方法

犬を飼われている方にお聞きします。自宅で飼われている犬のトリミングはしていますか?行なっている方は、どれくらいの頻度で行なっていますか? そんな犬のトリミングについて、飼い主が自ら行な……

犬の毛と皮膚のチェック

【動物看護師が解説】フレンチブルドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大きな耳と真っ直ぐ長く伸びた四肢が特徴のフレンチブルドッグ。短頭種の中では鼻が高い方と言われていて、顔のシワも少なく、パグなど特有のイビキのような息遣いも少ないとされています。非常に利口で人……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ミニチュアピンシャーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

小さい体ながら、筋肉質でキリッとした顔が特徴のミニチュアピンシャー。まるでドーベルマンを思わせるかのようなその姿は、大型犬を飼うことのできない飼い主さんにとっては、非常に魅力的な犬種です。性……

犬のブラッシング

犬を自宅でグルーミング! グルーミングに必要なものとその選び方

グルーミングとは、愛犬の被毛、爪、目、耳、歯など、体全体のお手入れの総称です。 具体的には、ブラッシング(ブラシを使う)、コーミング(クシを使う)、シャンプー・リンス(入浴)、爪切り、……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】キャバリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大人しく、優しい性格のキャバリアは、小さな子供のいる家庭から、老夫婦まで、かなり幅広い世代で愛されている犬種です。個体によっては、活発で遊び好きなこともありますが、ほとんどは1日をゆったり過……

犬のシャンプー

犬の入浴、正しくできてますか?正しいお風呂の頻度や方法は?

人間の入浴方法をイメージしながら愛犬の入浴を行うと、上手くいかないことが多くなってしまいます。私たちは、人間に合った形で入浴を行っているので、犬も同様の入浴方法を用いて入浴させれば良いという……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】ボーダーコリーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

頭が非常によく、繊細な精神の持ち主なので飼い主さんと強固な信頼関係を持つボーダーコリー。初心者ではしつけが難しいと言われるほど、隙がなく、判断力があるので、飼い主さんも犬を飼うことについてそ……

犬のブラッシング

これでバッチリ!プードルのお手入れの仕方

トリマーさんがプードルの毛のお手入れをしてくれるから、飼い主さん自身は何もしなくて良いと思っていませんか? プードルのかわいさを保つためには、毎日の飼い主さんのお手入れが必要なんです。 ……

犬のブラッシング

【ペットシッターが解説】ラブラドールレトリバーとの暮らしで注意すること

ラブラドールレトリバーの性格と性質 性格 ラブラドールレトリバーは、とにかく賢くて、その優しさと従順な性格が人気の大型犬です。その賢さは、盲導犬などの仕事ぶりを見ていても分かりますが……

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが……

犬のシャンプー

人間用のシャンプーは使える?ドッグマッサージセラピストが解説する愛犬の皮膚とシャンプー

花が咲き始め新緑も生き生きと葉を広げポカポカな季節になりました。 動物たちにとっても心地よい季節、愛犬と一緒にお出かけする方も多いのではないでしょうか。 お外で遊んだり、川やうみで泳いだ……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ジャックラッセルテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

テリア種は気が強く、自尊心も強いので、きちんとしつけなければ共存が難しくなるほどです。ジャックラッセルテリアは特にその血を強く感じさせる犬種と言えるでしょう。愛らしい顔つきからは考えられない……

犬のブラッシング