2016年11月16日更新

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが、飼い主の意見をきちんと尊重する賢い犬種です。

ホワイトテリアは純白の固めの被毛の中に、大きな瞳と黒い鼻が3点際立ってみえる愛らしい外見の持ち主ですが、被毛の手入れはどのくらい必要なのでしょうか?

定期的なトリミングが必要

ホワイトテリアは本来、テリア種らしい固い毛質を保つために、専用の器具を使って背中の被毛を抜き取ります。全身この作業をすることで固く、立った被毛が生えてくるのですが、ドッグショーなどに出ない家庭犬の多くはバリカンで全身を仕上げています。バリカンをかけることによって、毛質は柔らかく変化しますが、ショーに出ない限り毛質は関係ないので、わざわざ愛犬に負担をかけてまで被毛を抜き取ることはしなくて大丈夫です。

ホワイトテリアの基本的なトリミングは胴体の上半分をバリカンで短くし、下半分の毛を残しそろえるスタイルです。四肢が被毛で隠れるようなスタイルで、外見ではアメリカンコッカーなどにもよく似ています。しかしこのスタイルは自宅でのケアや、被毛を白く保つことが非常に難しくなるので、全身バリカンで短くしたり、マルチーズシーズーのように全身ハサミで短く仕上げることが多くなっています。

顔も顎先から耳の先まで緩くカーブを描くように切りそろえるのが一般的です。中には丸刈りにしたり、シュナウザーのように個性的なスタイルにする家庭もあるようです。

抜け毛は比較的少なく、ブラッシングの手間もほぼない

毎日ブラッシングをするのが理想的ではありますが、被毛を長く残していない限り頻繁なブラッシングは必要ないと言えるでしょう。また、ホワイトテリアは上毛と下毛を持つダブルコートですが、換毛期の抜け毛はあまりありません。まったく抜けないわけではありませんが、動く度に舞う、というほどではないでしょう。バリカンをかけている場合は特に被毛が柔らかくなっていますので、抜け毛がソファや洋服に刺さって処理が大変、ということもないでしょう。

とにかく皮膚が弱い犬種

ホワイトテリアは皮膚が弱く、常にどこかが赤くなっていたり、痒がったりするような犬種です。全く健康な個体も中にはいますが、多くのホワイトテリアは薬や塗薬に頼って生活するようになるでしょう。皮膚自体が脂っこいことの原因のひとつではありますが、皮膚の常在菌が異常繁殖して、そのせいで痒みや炎症が起こることがほとんどです。

冬などの湿気が少ない時期は快適に過ごせますが、梅雨や夏の湿気の多い時期は痒みが増すこともあるでしょう。痒みをそのままにしたり、皮膚が赤いのを放っておくと、自分で被毛を噛みきったり皮膚を傷付けたりして、出血したり、被毛が生えなくなったりすることもあるので、きちんと治療をしてあげましょう。

トリミングサロンにお願いしてももちろん良いのですが、金額が気になる場合は、自宅で頻繁にシャンプーを行ってあげましょう。シャンプーは保湿系のものよりも、ある程度脱脂力のあるものが良いです。動物病院へ受診して、愛犬に合ったシャンプーを獣医さんに選んでもらうのも良いでしょう。

指の間や脇の下、お腹や内股などが特に蒸れやすく、赤くなりやすいので、最悪部分的なシャンプーでも構いませんので、少なくとも月に2回は洗ってあげられるようにしましょう。乾かす時はなるべく温風を遠めから、面倒でなければ冷風で全身乾かしてあげましょう。健康な時は良いですが、痒みや炎症がある時に体を温めると痒みが増すので愛犬が可哀想です。必ず完全乾燥するようにして、湿気は絶対に残さないでください

マイクロバブルバスが特におすすめ

トリミングサロンや、動物病院でマイクロバブルバスというものを導入しているようであれば、是非一度体験してみてください。マイクロバブルバスとは小さなミクロの泡をたくさん含んだ水で体を洗うことにより、毛穴の汚れをよく浮き上がらせて、落としやすくしてくれるものです。

皮膚の毛穴に詰まった汚れに菌が繁殖し、そこから痒みや炎症を引き起こすことが多いので、マイクロバブルバスはそんな汚れを落とすのにとても相性の良いものです。毎回のシャンプーでこれを行えば効果絶大ですが、金額の問題もありますので、月に1回など継続して行えば、痒みから愛犬を解放してあげることができるかもしれません。白い綺麗な被毛を保つためにもとても役に立つものですので、是非一度やってみてくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

この夏は「レイキング」を取り入れて、犬も飼い主もすっきりしよう!犬のレイキングについて

みなさんは「レイキング」という言葉を聞いたことがありますか? これはドッグサロンなどにあるメニューで、カットとは異なるものです。 愛犬の暑さ対策、抜け毛対策にもってこいのメニュー……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】ブルドッグとの暮らしで注意すること

ブルドッグの性格と性質 性格 ブルドッグが好きという方はあの特徴的な顔が好きという方も多いのではないでしょうか。どこか怖そうな顔の印象をもつ方もいるかもしれませんが、ブルドッグは……

犬の問題行動予防

【動物看護師が解説】パピヨンにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

近所の散歩をしている犬を見ると、よく見かけるパピヨン。身体が非常に細く小さい個体もいれば、被毛が豊富に生えていて体がガッシリして見える個体もいるでしょう。鼻が長くキツネのような顔をしていたり……

犬のブラッシング

【ペットシッターが解説】アメリカンコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

アメリカンコッカースパニエルの性格と性質 性格 アメリカンコッカースパニエルといえば、ディズニー映画の「わんわん物語」で有名になった犬種です。穏やかでありながら、いつも陽気な笑顔を見……

犬の問題行動予防

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが……

犬のシャンプー