2016年11月4日更新

【動物看護師が徹底解説!】犬猫が傷口をなめるのはどうして?対処法は?

愛犬、愛猫が怪我をした時、動物病院で治療を受けると必ずといっていいほどエリザベスカラーを付けておいてください、と言われませんか?カラーを付けるととても窮屈そうだし、動きにくそうで、飼い主さんとしては早く外してあげたくなってしまいますよね。しかし、カラーには非常に大切な役目があり、外すと傷を悪化させてしまうこともあるのです。

カラーは包帯と同じ役目を持つ

一見邪魔そうで、意味があるの?と思うカラーは、実はとても大切な役割を持っているのです。

犬猫は体に異物がくっついていると感じると、その部分を取り除こうと執拗に舐め続けます。例えば、毛玉や傷、できもの、皮膚を噛んだダニ、お腹についた脂肪でさえ、自分の身体の一部とは認識せずに舐め続けてしまうのです。また、痛みや痒みがあるときもそれを取り除こうとして、舐め続けます。

ゴミや虫であれば、舐めて取れれば良いのですが、傷やできものはそういうわけにはいきませんよね。せっかく治療した傷口を舐めてしまうと、薬が取れてしまったり、口の中の雑菌が傷に入って炎症を起こす原因になることもあります。絆創膏で傷口を塞ぐことができればカラーをする必要はないのですが、絆創膏を張ってある違和感で、この周辺を舐めて絆創膏をはがしたり、噛みきって飲み込んでしまう危険性があるので、カラーが一番安全で安心な方法と考えられているのです。

カラー以外の対処法は?

上にも書いたように、絆創膏を貼る方法もありますが、噛みちぎって飲み込んだりしてしまったら大変なので、絆創膏単体で使うことは非常に困難です。他にも包帯やネットのようなものを被せて、傷口を守る方法も考えられますが、血流を悪くして傷の治りを遅くしたり、ひどい場合には血の巡りが悪くなった部分が腐ってなくなってしまう可能性があります。

包帯を巻いた場合は頻繁に点検する必要があり、気にして少し引っ張っただけでもキツく締め付けられることがあるので、管理が非常に大変です。お仕事に出ている飼い主さんが多いですから、一日に何度も点検をしたり、ずっと監視しているわけにもいかないため、包帯やネットで保護する方法もあまりオススメできる方法ではなくなってしまうのです。

数日で慣れることがほとんど

これらのことを考えると、カラーが一番安全で安心な方法だということを理解して頂けたでしょうか。

自宅で付きっ切りで様子を見られるのであれば、犬猫が傷口を舐めようとしたら静止することができますが、家を空ける時間があるお宅はこれが難しいでしょう。カラーに慣れていない犬猫は、首をだらんとうなだれて、全く動かなくなってしまったり、上を見上げたまま動かなくなってしまったり、飼い主さんにとっては早く取ってあげたい!と思う状況に陥りますが、そんな状況も2、3日ですぐに良くなるでしょう。

動くたびにカラーがぶつかってしまって咳き込んだり、食事や飲水が自由に出来ずにいたりした犬猫も、数日経てば自分の身体の一部のようにカラーを使いこなします。食事や散歩も上手にできるようになるでしょう。最初の数日を見るに見かねて、指示を無視してカラーを取ってしまうと、傷口を悪化させたり、縫合した糸を取って飲み込んでしまったり、絆創膏を食べてしまったり、傷以外の問題でまた動物病院へ駆け込むようになってしまいますから、心苦しいとは思いますが、慣れるまでは我慢して早くカラーを外すことが出来るように、傷の治療に専念しましょう。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

この記事が気に入ったらいいねをしよう!

関連記事

「小さな妖精」シンガプーラってどんな猫?シンガプーラの特徴・飼う際の注意点を徹底解説!

「小さな妖精」の別名を持つシンガプーラは純血種の猫の中では世界最小と言われる猫種で、その名の通りシンガポール原産の土着猫です。 この記事では小さな体と愛らしい顔立ちが人気のシンガプーラ……

猫の健康と病気

【獣医師監修】アビシニアンは要注意!猫のアミロイドーシスの症状・原因から治療法・予防まで

猫のアミロイドーシスはこんな病気 アミロイドーシスとは「アミロイド」という水に溶けない性質を持つたんぱく質が、細胞と細胞の隙間に沈着してしまうことにより発症してしまう病気です。 発症……

アビシニアン

【動物看護師が徹底解説!】犬猫が傷口をなめるのはどうして?対処法は?

愛犬、愛猫が怪我をした時、動物病院で治療を受けると必ずといっていいほどエリザベスカラーを付けておいてください、と言われませんか?カラーを付けるととても窮屈そうだし、動きにくそうで、飼い主さん……

猫の健康と病気

病気だと思って動物病院に駆け込んだら…(笑)犬や猫の飼い主さんの勘違いエピソード!

初めて犬や猫と暮らす飼い主さんは心配なことがたくさん!!ご飯はこれでいいのか?トイレのしつけは大丈夫か?接し方は間違っていないか?など分からないことだらけで不安になることが多いのではないでし……

初めて犬を飼う心構え

【動物看護師が徹底解説!】犬猫に塗り薬を使用するとき注意するべきことは?

愛犬・愛猫がケガや病気をしたとき、自宅で軟膏などの塗り薬を塗ってくださいといわれることがあるでしょう。塗り方や塗る量は、獣医の先生の指示通りに行えばよいものの、塗ったところをどう管理してよい……

犬の健康と病気