2017年5月18日更新

可愛いけど臭いが心配ゴールデン・レトリバーの体臭ついて

金色の長い被毛が綺麗なゴールデン・レトリバー。飼い主にも従順な性格から「大型犬を飼うならゴールデン・レトリバー!」という方も多いようです。最近では大型犬でも室内飼育する方が増えていますね。室内で犬を飼う時に気になることの1つは犬の臭いです。今回はゴールデン・レトリバーの臭いについて調べてみました。

ゴールデン・レトリバーは体臭が強いの?

柔和な顔立ちが可愛らしいゴールデン・レトリバーですが、残念ながら臭いが強い犬種として名前が上がることが多いようです。

インターネットなどでゴールデン・レトリバーの掲示板を除いてみても、「自分では慣れてしまって気にならないけど・・・。」と臭いで悩んでいる飼い主の方を多く見かけました。なかには「シャンプーしていれば気にならない。」という方もいらっしゃるので個体差はあるようですが、室内の臭いや撫でた時の手に付く臭いが気になる方が多いようですね。

ゴールデン・レトリバーの被毛は弾力のある金色の上毛(トップコート)と白く柔らかい手触りの下毛(アンダーコート)からなる2重の構造をしています。犬にはこのダブルコートの他にシングルコートと呼ばれる毛質があります。

シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、被毛の中の風通しが比較的よい毛の構造になっています。代表的なところではトイ・プードルや、ヨークシャー・テリア、マルチーズなどがシングルコートの犬種となります。

それに対してダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、寒冷地で育種改良された犬が多いため、下毛によって体温を守るような構造になっています。代表的なところではコーギー、ポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬になります。

このようにダブルコートの犬種はシングルコートの犬種に比べて、被毛の中に風を通しにくい構造になっているため臭いが被毛の中にこもりやすく、一般的にはダブルコートの犬種の方がシングルコートの犬種よりも臭いが強いといわれています。

素材golden-retrievers-480245_640

犬の体臭とは?

犬の臭いで1番気になるのは犬の体臭ですね。体臭は人でも犬でも同じ仕組みで臭いを発しています。体臭は汗と皮脂が混ざったものが皮膚上で酸化し、脂肪酸へと変化したものを雑菌が分解・発酵させる際に発する臭いです。「でも犬って汗をかかないんじゃないの?」と思う方も多いのではないでしょうか。

汗には体温を調整するためにかく汗と、生殖のためのフェロモンを分泌するための汗の2つの種類の汗があり、それぞれ異なる汗腺から分泌されます。犬は体温を調整するための汗腺は体の限られたところにしかなく少ないのですが、フェロモンの混ざった汗を分泌する汗腺は全身にあります。このフェロモンの混ざった汗が体臭の原因となる汗なのです。

具体的には次のようになっています。

エクリン腺

主に体温調整のための汗腺で、人の場合は全身にあるのに対して犬の場合は足の裏や鼻の頭などの限られた場所にあります。そのため犬は汗による体温調整が苦手だといわれているのです。このエクリン腺からの汗は、ポップコーンと形容されるような少し香ばしいような臭いを発します。ソファーや絨毯など犬が歩くような場所の家具が臭う原因はこのエクリン腺からの臭いによるものだといわれています。

アポクリン腺

この汗腺が臭いを発する汗腺で、人の場合は腋の下などの特定の場所にだけあるのに対して犬の場合はほぼ全身にあります。このアポクリン腺から分泌される汗にはフェロモンが含まれており、エクリン腺から分泌される汗よりも臭いの強い汗になっています。

このフェロモンを含んだ臭いの強い汗を分泌するアポクリン腺は、もう1つの臭いの原因である皮脂を分泌する皮脂腺とつながっています。

そのためアポクリン腺から分泌される汗は2つの臭いの原因である、フェロモンと皮脂が混ざった状態で分泌されることになりこの汗が酸素に触れて酸化し脂肪酸へと変化した結果、脂肪酸を好物とする雑菌が繁殖することによって強い臭いを発する体臭となるのです。

ゴールデン・レトリバーの臭いが強いといわれる原因の1つが皮脂の分泌が多いことです。これはゴールデン・レトリバーがもともと水中回収犬として水の中での作業が多かったためだと考えられていますが、アポクリン腺から分泌される汗が脂肪酸へと変化する時に皮脂の割合が多いほど早く脂肪酸に変化するようです。そのため皮脂の分泌の多いゴールデン・レトリバーは体臭が強い犬種ということになります。

体臭をケアする方法は?

ゴールデン・レトリバーの体臭を抑える方法は被毛のケアをおこない、毛や皮膚にある皮脂を適量に保つことが大切です。そのためにはブラッシングやシャンプーを正しく定期的におこなう必要がありますね。

また臭いの原因となっている皮脂の分泌を抑えるためには、食べているエサを見直すのもよいようです。

ブラッシング

ゴールデン・レトリバーのようなダブルコートと呼ばれる被毛の場合は、抜けた下毛が上毛に絡んで毛玉になったり、取り残された状態で肌に残っていると蒸れて臭いの原因になるだけでなく皮膚病の原因にもなります。

またゴールデン・レトリバーの豊かな長い被毛はゴミをからめ捕りやすく、からんだゴミが見つけにくい毛質をしています。ゴミをからめたままにしておくと、雑菌が繁殖しやすく臭いの原因になってしまいます。

できれば1日1回、換毛期には朝晩の散歩後などにこまめにブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

ゴールデン・レトリバーのブラシングはまずスリッカーブラシを使用して、毛玉や抜け毛を取り除き、毛のもつれをといていきます。スリッカーブラシは皮膚に強くあててしまうと皮膚を傷めてしまうので、力を入れずに肌に平行に梳いていきます。

最後にコームを使用して梳き残しがないか確認しながら被毛の艶をあげて仕上げます。

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回、皮脂の分泌が盛んになる夏場は月に2回~3回くらいのシャンプーが理想的なようです。

ゴールデン・レトリバーは水中回収犬であったこともあり、とても撥水性の高い被毛をしています。そのためしっかりと毛をかき分けるようにして洗わないと、皮膚まで洗うことができない毛質になっています。

被毛を洗っているだけでは臭いの予防にはなりませんね。シャンプーをする際は皮膚をしっかりと洗うように心がけましょう。

食事の見直し

臭いの強弱の原因でなる皮脂ですが、脂質やたんぱく質の多い食事を続けると分泌が増加する傾向があるようです。特に動物性の脂肪は皮脂の分泌を盛んにしてしまうようで、動物性脂肪が多く含まれたフードやおやつをあげていると分泌が促進されてしまうようです。

他の犬よりも臭いが強いなと感じた時は、食事やおやつの内容を動物性の脂質とタンパク質の少ない物へ切り替えていくとよいでしょう。

犬_素材

注意しておきたいゴールデン・レトリバーの臭い

「犬くさい」という臭いの中には体臭以外の臭いが含まれていることが多くあります。特に耳の周りの臭いや口の周りの臭いなどは、どこが臭っているのかわからず漠然と「犬くさい」といわれてしまうことが多いようですね。

犬の体臭自体は個を識別するための臭いであって病的なものではありませんが、体臭以外の臭いにはそのまま放置しておくと病気につながってしまうものもあります。犬が臭うと感じた時はどこが臭っているのかしっかりと特定してあげるとよいですね。

ここではゴールデン・レトリバーで注意しておきたい臭いをご紹介します。

耳の臭い

ゴールデン・レトリバーで特に注意しておきたいのがこの耳の臭いです。小ぶりな垂れ耳はゴールデン・レトリバーのチャームポイントの1つですが、垂れ耳の犬種は立耳の犬種に比べて耳の中が蒸れやすく、耳の臭いの原因である黒くベタッとした耳啞が溜まりやすい構造になっています。この耳垢が溜まった状態を放置しておくと雑菌が繁殖し外耳炎になる可能性があります。

毎日のブラッシングの際に一緒に耳の中をチェックしてあげましょう。特にゴールデン・レトリバーの場合は耳の中に耳毛が生えているので、汚れがたまりやすく臭いの原因になることが多いようです。定期的に耳毛を抜いて耳の掃除をしてあげましょう。

耳掃除の頻度ですが耳の中の皮膚はとてもデリケートなので、あまりやり過ぎるとかえって傷つけてしましまい逆効果になってしまうこともあるようです。臭いの気にならない状態であれば週に1回~2回の頻度でよいといわれています。

耳毛を抜くためにはイヤーパウダーやカンシ、イヤーローションなどの道具が必要です。自分で抜くのが心配な場合は、定期的に動物病院で抜いてもらうとよいでしょう。成犬になってから始めると嫌がって施術が難しくなるので、小さな頃から行うとよいようです。

耳毛の処理をした後で黒くベタッとした耳垢がたまっている場合は、耳そうじ専用のウェットティッシュなどのケア商品を使って耳の汚れを拭いてあげます。この耳垢が悪臭の原因になるので、できるだけ綺麗にふき取ってあげましょう。

奥の汚れは無理に綿棒などを使用して取ると鼓膜を傷めてしまう可能性があります。専用のイヤーローションを使用して耳垢を浮かしとるようにします。イヤーローションの使い方がわからない場合や汚れがひどい場合は、獣医師やトリマーなど専門の知識のある方にお掃除をお願いするのとよいでしょう。

定期的に耳の掃除をしているのに耳からの悪臭がおさまらない場合は、外耳炎などの耳の病気を発症している可能性があります。できるだけ早めに獣医師の診察を受けるとよいですね。

歯周病などによる口臭

ゴールデン・レトリバーで耳の臭いに次いで注意しておきたい臭いが、口の周りの臭いです。口臭は特に老齢になってから気になってくる臭いの1つですが、原因は歯についた歯垢です。歯垢は歯についた食べかすに菌が付着し繁殖したもので、この歯垢が石灰化したものが歯石になります。この歯垢から歯石ができることを繰り返すことによって、歯茎や歯自体に菌が繁殖し炎症などをおこすのが歯周病です。

歯周病を予防するには毎日のデンタルケアで歯垢をためないことが大切です。そのためにはできるだけ小さな頃から歯磨きのトレーニングをし、歯磨きに苦手意識をなくしておくとよいですね。またデンタルガムなどを使用するのもよい方法でしょう。

それでもなかなか完全に防ぐことは難しいものです。少しでも異臭を感じたら早めに獣医師に口腔内チェックをしてもらうとよいでしょう。

目やに涙やけの臭い

目の周りにいつも目やにや涙やけがあるとその部分の皮膚や被毛が濡れた状態が続いてしまい、そこに雑菌が繁殖し臭いを放つことがあります。長毛種の犬種の場合は毛が目に入りやすく、涙やけを起こす犬が多いようです。

できれば1日数回目の周りをチェックして、気になる場合は優しく拭いてあげるとよいでしょう。

肛門腺からの臭い

犬が自分の臭いを付けるための臭いを貯めておく袋を肛門腺といいます。肛門腺は字のごとく犬の肛門付近にあり、排泄と一緒に臭いを排出する仕組みになっています。

ただうまく排出されていないような場合、お尻のあたりから強い臭いを放ち始め、放っておくと破裂してしまうこともあります。肛門腺はトリミングの際や動物病院などで絞ってもらうことができますので、定期的に絞ってもらい臭いの軽減につなげるとよいでしょう。

皮膚病にも注意が必要

ゴールデン・レトリバーは体質的に皮膚病にかかりやすい犬種だといわれています。前にも書いたとおり皮膚病は独特な臭いを放つものが多く、犬がくさいと感じる原因の1つになっています。

いつもと同じケアをしているのに臭いが強くなったり、フケが多くなるなどの症状がみられたら、早めに動物病院へ相談してみるのとよいですね。ここではゴールデン・レトリバーがかかりやすい皮膚病をご紹介します。

アレルギー性皮膚炎

アレルギーを起こす原因としては食べ物によるもの、ノミやダニなどの寄生虫、ハウスダストや花粉などの環境的な要因が考えられ、それらのアレルゲン(アレルギーを起こす元となる物質)が肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発します。

症状としては痒がって手足を噛んだり、足でかくと大量のフケが出たりするようになります。重症化していくと脱毛を起こしたり、患部が赤黒くなり皮膚が分厚くなるなってしまったりします。

治療方法はアレルゲンによって異なりますが、早期の発見で重症化する前に治療を始めることが大切なようです。

脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎

犬の皮膚に共生している酵母の一種であるマラセチアが、犬の免疫力の低下や脂質の過剰分泌などの要因が複数重なることで、病原体へと変異することが原因で発症する皮膚病です。マラセチアは耳の中にも存在し耳の中で起こると外耳炎になります。

症状としてはフケが多くなり脂っぽい滲出物がでて被毛がべとつき、カビのような悪臭を放ちます。ひどくなると脱毛してしまうこともあります。

膿皮症

皮膚の上で菌が異常繁殖することで化膿し膿を排出している状態をいいます。表皮、真皮、皮下組織のどの個所でも発症する可能性があります。90%が犬と共生しているブドウ球菌が、皮膚の細菌バランスの崩れによって引き起こす病気です。脂漏症と同様で細菌のバランスを崩す原因となった病気により併発している可能性があり、まず基礎疾患の治療をおこなう必要があることが多い病気です。

imasia_5370645_S

口の周りはいつも清潔に!

ゴールデン・レトリバーはよだれの量が多い犬種としても知られています。よだれそのものも臭いの原因の1つですが、よだれを付けたまましておくと皮膚がただれて皮膚病の原因になってしまうこともあります。

またゴールデン・レトリバーのような長毛の犬種の場合はエサを食べた後や、水を飲んだあと口の周りにエサや汚れが付いてしまうことがあります。特に子犬のころのふやかし食や缶詰のような柔らかいエサを与えている場合、口の周りの毛にエサの汁やエサがこびり付いて臭いの原因になることがあるようです。

よだれが出やすい運動後や食事の後には濡れたタオルで口の周りをしっかりと拭き取ってあげるとよいですね。また顎の下も汚れやすい部分になりますので、しっかりと顎を上げて拭き取ってあげるようにしましょう。

口の周りの毛にエサやゴミが付いてしまっている場合は、コームを使用して汚れをしっかりと取り除いてから拭いてあげるとよいですね。気が付かずに毛玉になってしまっていたような場合は、蒸しタオルなどを使用して毛玉をふやかして柔らかくなったところをコームで梳いてほぐしてあげます。無理に引っ張るようなことをすると肌を傷めてしまうので、毛が引きつれないように優しくときほぐしてあげましょう。

ゴールデン・レトリーバーについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ゴールデンレトリバーとの暮らしで注意すること

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

抜け毛が大変ゴールデン・レトリバーのブラッシング方法について

賢く温和な性格と柔和な顔立ちで、私たちの心をつかんで離さないゴールデン・レトリバー。飼ってみたい大型犬の1つですね。でも気になるのは抜け毛。ゴールデン・レトリバーは抜け毛が多い犬ランキングで……

ゴールデン・レトリーバー

金色の被毛が特徴のゴールデン・レトリバーのカラーについて

優しくて穏やかな性格から初めて飼う大型犬としておすすめのゴールデン・レトリバー。ゴールデン・レトリバーといえば金色に輝くほどよい長さの被毛が特徴ですが、犬によって同じゴールドでもさまざまな個……

ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーの寿命ってどのくらい?長く一緒にいるためには?

大型犬のなかでも人気の高いゴールデン・レトリーバー。賢く温和で人懐っこい性格と、優しげな表情が人気の秘密かもしれませんね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるとい……

ゴールデン・レトリーバー

【超初級!】あなたは見分けられる??ゴールデン・レトリバーとラブラドール・レトリバーの違い。

代表的な大型犬であるゴールデン・レトリバーとラブラドール・レトリバー。 この2犬種の違い、犬好きさんならわかりますよね?? それでは問題です!! 次の写真のわんちゃんは、ゴール……

ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーの特徴・遊び方・飼い方

ゴールデン・レトリーバーは盲導犬や介護犬としてもよく知られている犬種です。また、映画やテレビ出演も多く、様々な世代から人気を集めている大型犬です。ゴールデン・レトリーバーのルーツは諸説ありま……

ゴールデン・レトリーバー

ブリーダーからゴールデン・レトリーバーを迎える時の選び方やメリットは?

賢い犬の代表格!!ゴールデン・レトリーバーですが、体もたくましく重い獲物を水陸両方で運んでしまう、優秀な回収犬(レトリーバー)です。飼い主への服従性・運動能力の高さ・賢さには飼いたいと思う方……

ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーの里親になるには?里親を探すには?

おっとりとした歩き方と優しい目、アプリコット色の柔らかい毛並み。人と触れ合い一緒に楽しむことが大好きなゴールデン・レトリーバー。大型犬の中でも人気の高い犬ですね。そんなゴールデン・レトリーバ……

ゴールデン・レトリーバー

大型犬でも大人気! ゴールデン・レトリーバーの魅力3選

飼ってみたい犬ランキングでもいつも上位に入るゴールデン・レトリーバー。ちょっとやんちゃな顔立ちと、くるっとした目が可愛らしさをアピールしています。優しい色合いの被毛も素敵ですね。でもゴールデ……

ゴールデン・レトリーバー

食欲旺盛!運動大好きなゴールデン・レトリバーの散歩についてのまとめ

ほどよく長い金色の被毛が美しいゴールデン・レトリバー。1度は飼ってみたい大型犬としても人気の高い犬種ですね。でもいざ飼うとなるとゴールデン・レトリバーにはどのくらいの運動量が必要なのか気にな……

ゴールデン・レトリーバー

優しげな表情が魅力のゴールデン・レトリバーの飼いやすさについて

たれ目に見える優しげな瞳と可愛い垂れ耳が魅力的なゴールデン・レトリバー。ゴールデン・レトリバーは穏やかで人懐っこい性格から、初めて大型犬を飼う時におすすめの犬種として名前があがることが多い犬……

ゴールデン・レトリーバー

シャンプーでさらさら!ゴールデン・レトリバーのシャンプー方法について

ゴールデン・レトリバーのチャームポイントの1つは金色の柔らかく長い被毛。穏やかな表情と相まってゴールデン・レトリバーの優しさをあらわしているようです。できればいつも綺麗にさらさらにしてあげた……

ゴールデン・レトリーバー

【動物看護師が解説】ゴールデンレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

温厚で人懐こく、利口なのでCMやドラマなどで目にする大型犬の多くがゴールデンレトリバーですよね。優しいその顔からは想像できませんが、実は鳥猟犬として昔は活躍していました。とはいえ、狩るのは犬……

ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーの病気〜獣医師が解説するゴールデン・レトリーバーのかかりやすい病気〜

力強くたくましい体つきに、ふさふさとして美しい被毛のゴールデンレトリバー。好奇心いっぱいで活動的、また、強い服従心も持っているゴールデンレトリバーは家族の一員として暮らすパートナー犬として大……

ゴールデン・レトリーバー

金色に輝く被毛が魅力のゴールデン・レトリバーに洋服は必要?

金色に輝く美しい被毛はゴールデン・レトリバーの魅力の1つです。柔らかくたなびくさまはゴールデン・レトリバーの内面的な優しさや生命力をあらわしているようで美しいものですね。そんな魅力的な被毛を……

犬の服

ゴールデン・レトリバーの散歩には首輪がいいの?ハーネスがいいの?

優しくて穏やかな性格が人気のゴールデン・レトリバー。体力もあり運動への欲求も強い犬種なので毎日の散歩は欠かせませんね。そこで問題になるのはリードを付けるのは首輪か?ハーネスか?ということでし……

ゴールデン・レトリーバー

ゴールデンレトリバーを飼う前に知っておきたい情報まとめ

ゴールデン・レトリバーの性格は? ゴールデン・レトリバーのしつけについてお話をする前に、ゴールデン・レトリバーがどのような犬なのかをご紹介しましょう。 レトリバーと名のつく犬種は、ハ……

ゴールデン・レトリーバー

食べるの大好き!ゴールデン・レトリバーのエサの量について

優しげな顔が癒し系のゴールデン・レトリバー。大型犬で常に高い人気を誇る犬種ですね。おおらかでなんでもよく食べる印象がありますが、実際にはどうなのでしょう?アレルギーや肥満などエサを与えるうえ……

ゴールデン・レトリーバー

子犬の時からしっかりと!ゴールデン・レトリバーのしつけについて

温厚で優しく人にも他の動物にも友好的なゴールデン・レトリバー。飼い主の横に並んで金色の被毛をなびかせて歩く姿をみると、「私も飼ってみたい!」と思う方も多いはず。でも実際に飼ってみたら引きずら……

ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

大型犬の中でも常に人気ランキング上位にあがるゴールデン・レトリーバー。忠誠心にあつく服従能力の高いゴールデン・レトリーバーは伴侶犬として最適な犬ですね。そんなゴールデン・レトリーバーの価格の……

ゴールデン・レトリーバー

友好的で活発なゴールデン・レトリバーと一緒にドッグランへ行くには?

友好的なゴールデン・レトリバーは人や他の犬と触れ合うことが大好きです。そんなゴールデン・レトリバーにとって、自由に他の犬と触れ合い走り回ることができるドッグランは、上手に利用したい施設ですね……

ゴールデン・レトリーバー