2017年3月18日更新

抜け毛が大変ゴールデン・レトリバーのブラッシング方法について

賢く温和な性格と柔和な顔立ちで、私たちの心をつかんで離さないゴールデン・レトリバー。飼ってみたい大型犬の1つですね。でも気になるのは抜け毛。ゴールデン・レトリバーは抜け毛が多い犬ランキングで7位に入るほど抜け毛が多い犬種のようです。今回はそんなゴールデン・レトリバーの抜け毛について調べてみました。

ゴールデン・レトリバーの抜け毛はなぜ多いの?

ゴールデン・レトリバーで調べてみると「1回掃除機をかけたら紙パック式なら間違いなく満タン。」や「空気清浄器はあっという間に目詰まりします。」など、抜け毛の量が多いことが伝わってくるものを多くみまけます。

ではなぜゴールデン・レトリバーの抜け毛は多いのでしょうか?犬の抜け毛の量は根の長さよりも毛の生え方によって違いがあるようです。具体的には次のようになっています。

シングルコート

一般的にシングルコートと呼ばれる犬種は抜け毛が少ないといわれています。

シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではプードルやマルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨンなどがシングルコートの犬種となります。

ダブルコート

ダブルコートと呼ばれる犬種は春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。

ダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギーポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬になります。

ゴールデン・レトリバーは抜け毛の多いダブルコートの犬種のため、日々の抜け毛はもちろん特に換毛期には大量の抜け毛が発生します。また体も大きく毛の量も豊富なため、小型のスピッツやポメラニアンなどよりも抜け毛の量は多くなります。

ゴールデン・レトリバーを飼う時は抜け毛があることを理解した上で、抜け毛の対策について考えておくとよいですね。

素材_puppy-823190_640

抜け毛対策に有効な方法とは?

最近では大型犬でも室内で飼育することが多くなってきていますね。ゴールデン・レトリバーと室内でともに快適に過ごしていくためには、抜け毛を対策は不可欠なものになります。イライラせずに楽しく生活していくためにはどのような対策があるのでしょうか?

  • 抜け落ちる毛をできるだけ少なくする
  • 抜け毛を付きにくくする
  • 抜けた毛をすぐに片づけられるようにする

それぞれに有効な対策を考えてみましょう。

抜け落ちる毛を少なくする方法

ブラッシング

抜け落ちる毛を少なくする方法でもっとも有効なのが、愛犬をこまめにブラッシングしてあげることです。

ゴールデン・レトリバーの場合は抜けた下毛が柔らかく長い上毛に絡んで毛玉になったり、ゴミやダニ、ノミなどをからめてしまいやすい毛質をしているので、抜け落ちの対策のためだけでなく皮膚病や寄生虫の予防のためにも、しっかりとブラッシングをしてあげる必要があるようです。

できれば1日1回、換毛期には朝晩の散歩後などにこまめにブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

ゴールデン・レトリバーのブラシングはまずスリッカーブラシを使用して、毛玉や抜け毛を取り除き、毛のもつれをといていきます。スリッカーブラシは皮膚に強くあててしまうと皮膚を傷めてしまうので、力を入れずに肌に平行に梳いていきます。

最後にコームを使用して梳き残しがないか確認しながら被毛の艶をあげて仕上げます。

シャンプー

犬のシャンプーは回数が多すぎても少なすぎても逆効果になってしまいます。おおよそ月に1回~2回、皮脂の分泌が多くなる夏場は月に2回~3回のシャンプーが理想的だといわれています。

人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

スポンジを用意しておくと顔を洗う時に目や耳に水を入れることなく顔を洗うことができるので便利です。

またシャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れをおとしておきましょう。ブラッシングをおこなわずにシャンプーをしてしまうと、汚れた死毛が絡まりフェルトのような状態になってしまいます。しっかりと毛を梳いてからシャンプーをするようにしましょう。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

洋服を着せる

毛の抜け落ちを予防するには洋服を着せるのも効果的です。洋服を着せる対策方法は日中はお気に入りのお出かけ着を、寝る時は着心地がよく通気性のよい部屋着を着せてあげるなど、飼い主も楽しみながら対策ができるところがよいところです。

特に車に乗せて出かける時や旅行先など、抜け毛が付いてしまうのが気になるような場所へ連れていく時は、洋服を着せて抜け落ちを予防しておくと飼い主の気持ちも楽になりますね。

ただし着せっぱなしはやめましょう。どうしても洋服を着せていると服の中が蒸れてしまうので、皮膚病の原因になってしまいます。

犬_素材

抜け毛を付きにくくする方法

抜け毛で1番気になるのはソファーなどの布製の家具や洋服に、抜け落ちた毛が付いてしまったときですよね。特に起毛しているような布の場合は、抜け毛が絡んでしまってなかなか取れにくくお掃除も大変です。

家具の場合は抜け毛の付きやすい布を使った家具には、滑りのよい布でカバーをしておいたり、カーペットなどは毛足の短いものに取り換えておくなどの工夫をするとよいですね。

洋服の場合は普段に着る洋服をできるだけ抜け毛が付いても目立たない色や、抜け毛の付きにくい素材の物を選ぶようにする、外行きの服を着ている場合はできるだけ抱っこをしない、抱っこをする時はエプロンなどを着用するなどの対策をしてみてはいかがでしょうか?

抱っこではなく膝にのせるような場合は、専用のラグを膝に敷いてからのせるようにすると、毛が洋服に付くことを防ぐことができます。

抜けた毛をすぐに片づけられるようにする方法

どんなに対策をして注意をしていても、抜け毛のあるゴールデン・レトリバーのような犬種を飼う場合は、抜け毛が家具や床に落ちてしまうものです。

毎日長い時間をさいて抜け毛の掃除をするのはとても大変です。抜け毛の掃除はためずに気が付いた時にさっととるのがコツです。

気になる時に簡単に片手で操作できるハンディークリーナーなどを用意しておくとよいでしょう。フローリングの床にはウェットタイプのハンドワイパーがソファーや絨毯などには粘着ローラーが効果的なようです。

また家具の配置を掃除がしやすいように変えておくのもよい方法ですね。

サマーカットは抜け毛対策に有効?

抜け毛の対策の1つとして、被毛を短くカットしてサマースタイルにしてしまうという方法があります。

確かに短く切ったサマーカットは、飼い主にとってはブラッシングやシャンプーなどの日々のケアが楽ですし、抜け落ちる毛も短いため気にならないという利点があります。また犬にとっては被毛の風通しも良くなるので、暑い夏を涼しく快適に過ごすことができますね。

しかし犬の毛を短くカットする場合には注意が必要なようです。

犬の皮膚は人よりもはるかに薄く敏感です。全身を短く切ってしまうサマーカットにすることは抜け毛対策や暑さの対策にはよいことですが、本来被毛が豊富にあることで守られている肌をケガや紫外線、虫刺されなどから無防備な状態にしてしまうことでもあるのです。

またはっきりとした原因はわかっていませんが、バリカンを使用して短く刈り込むようなカットしてしまうと、バリカンを使用した部分の被毛が伸びなくなってしまったり、毛ぶきが悪くなるなどの症状が現れることがあるようです。

抜け毛の対策としてサマーカットにするのは有効的な方法のようですが、カットの仕方やカットする長さには注意をしてあげたいところですね。

imasia_99012_S

おおらかな気持ちで対応が1番!

ゴールデン・レトリバーの抜け毛について調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ゴールデン・レトリバーは才色兼備という言葉がぴったりな犬種だといわれるほど賢く、人も他の動物も大好きで愛嬌たっぷりな魅力的な犬種です。家庭に迎えれば最良のパートナーとなってくれることでしょう。

そんなゴールデン・レトリバーと一緒に暮らしていくためには、抜け毛を楽しんでしまうくらいの気持ちが大切なようですね。

粘着性の弱い粘着ローラーで愛犬をコロコロしてしまったり、撫でる時に滑り止めの付いた軍手を使うことでブラッシングのかわりにするなど面白い方法で抜け毛の時期を乗り切っている方も多いようです。

調べてみると中には愛犬の抜け毛を利用してぬいぐるみを作ってしまったり、丸めて毛玉ボールを作っておもちゃとして使用したりと、積極的に抜け毛を利用している方もいらっしゃいました。そのくらいの気持ちでおおらかに楽しく対応してあげるのが1番のようですね。

ゴールデン・レトリーバーについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ゴールデンレトリバーとの暮らしで注意すること

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

金色の被毛が特徴のゴールデン・レトリバーのカラーについて

優しくて穏やかな性格から初めて飼う大型犬としておすすめのゴールデン・レトリバー。ゴールデン・レトリバーといえば金色に輝くほどよい長さの被毛が特徴ですが、犬によって同じゴールドでもさまざまな個……

犬の雑学

可愛いけど臭いが心配ゴールデン・レトリバーの体臭ついて

金色の長い被毛が綺麗なゴールデン・レトリバー。飼い主にも従順な性格から「大型犬を飼うならゴールデン・レトリバー!」という方も多いようです。最近では大型犬でも室内飼育する方が増えていますね。室……

ゴールデン・レトリーバー

【動物看護師が解説】ゴールデンレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

温厚で人懐こく、利口なのでCMやドラマなどで目にする大型犬の多くがゴールデンレトリバーですよね。優しいその顔からは想像できませんが、実は鳥猟犬として昔は活躍していました。とはいえ、狩るのは犬……

ニュース

友好的で活発なゴールデン・レトリバーと一緒にドッグランへ行くには?

友好的なゴールデン・レトリバーは人や他の犬と触れ合うことが大好きです。そんなゴールデン・レトリバーにとって、自由に他の犬と触れ合い走り回ることができるドッグランは、上手に利用したい施設ですね……

ドッグラン

抜け毛が大変ゴールデン・レトリバーのブラッシング方法について

賢く温和な性格と柔和な顔立ちで、私たちの心をつかんで離さないゴールデン・レトリバー。飼ってみたい大型犬の1つですね。でも気になるのは抜け毛。ゴールデン・レトリバーは抜け毛が多い犬ランキングで……

ゴールデン・レトリーバー