2017年3月18日更新

子犬の時からしっかりと!ゴールデン・レトリバーのしつけについて

温厚で優しく人にも他の動物にも友好的なゴールデン・レトリバー。飼い主の横に並んで金色の被毛をなびかせて歩く姿をみると、「私も飼ってみたい!」と思う方も多いはず。でも実際に飼ってみたら引きずられながら散歩するはめになっては大変です。今回はそんなゴールデン・レトリバーのしつけ方について調べてみました。

ゴールデン・レトリバーの性格は?

ゴールデン・レトリバーのしつけについてお話をする前に、ゴールデン・レトリバーがどのような犬なのかをご紹介しましょう。

レトリバーと名のつく犬種は、ハンターが撃ち落とした水鳥を水中でキャッチし陸へと持ち帰る(レトリーブ)役目を担ってきた犬種です。そのため飼い主の命令に対して俊敏に反応することができる能力と、長時間にわたる狩りに対応できる持久力を持った犬種になります。

とても温厚な性格をしており攻撃的な面はあまりみられません。人や他の動物に対してもとても友好的な性格ですが、ややさびしがり屋の傾向があります。賢く主人の機微に敏感なところがあるので、初めて大型犬を飼うような人でもしつけやすく、比較的扱いやすい犬種だといわれています。

ただし落ち着くまでの2歳~3歳の間は、力が強いうえに好奇心旺盛でやんちゃな犬が多いようで、この時期のしつけがとても重要なようです。

ゴールデン

大型犬にはリーダーシップは必須!

温厚で穏やかな性格のゴールデン・レトリバーですが、いざという時の力は人間の力をはるかに上回る大型犬であることを忘れてはいけません。そのことを忘れて甘やかして育ててしまうと、手に負えない暴れん坊に育ってしまうこともあります。

ゴールデン・レトリバーのような大型犬を飼う場合は、家族が上位にたってどんな時でも犬に対してリーダーシップをとり続けることが大切です。特にやんちゃな幼少期から青年期にかけての時期は、気を抜くことなく常に一貫した態度で犬に接していく必要があります。

犬のしつけで飼い主が常に犬のリーダーであることの必要性は、もともと犬が群れ社会で生きてきた習性を持っていることに起因します。

群れ社会では常に信頼できるリーダーを中心とした、規律正しい上下関係のはっきりとした生活がおこなわれます。犬にとっては信頼できるリーダーに従う生活はとても心地よく、逆に信頼し自分を任せることができる相手がいない場合は、自分がリーダーとなり規律を正そうとします。

飼い主と犬の間にしっかりと上下関係が築けなかった場合は、犬が飼い主の上位に立とうとして咬み付きや無駄吠えなどの問題行動を起こすことが多いのです。大型犬であるゴールデン・レトリバーがこの様な行動をとるようになってしまったら、家庭でしつけをすることはとても困難になってしまいます。そのため大型犬の場合は家に迎え入れた時から常に家族がリーダーシップをとることが大切なのです。

では犬がリーダーに求めるものは一体なんなのでしょうか?

  • 常に一貫したルールに従って揺らがないこと
  • 何かあったら必ず守ってくれるという安心感

この2つの上に成り立つ信頼関係こそが基本的なしつけのルールということになるようです。

Woman sitting on a sofa taking a photo of themselves at home in the living room

家族のルールを決めておきましょう

家族が常に犬の上位に立って一貫した態度で接するためには、犬を迎え入れる前に家族でよく話し合って犬と家族のルールを決めておくとよいでしょう。

そのためにはまず家の状況を考えて、トイレの場所やケージの場所など犬の生活スペースを決めておき、犬を迎え入れた時から混乱することなく生活が始められるようにしておきます。

次に犬と生活するための家族のルールを決めていきます。食事の時のルール、寝る時のルール、留守番をさせる時のルール、散歩の時のルールなど犬がしていいことと悪いことを具体的にしておきます。

ただし犬の行動や個性を見ながら必要なルールを追加できるように、あまり細かいルールにはせず、絶対に守らせたいことだけを決めておくようにしましょう。

犬に対する接し方では特に叱り方、褒め方を家族で統一しておくとよいですね。おやつを与えて褒める人と言葉や態度で褒める人が一緒にいると、犬はそれだけで人に順列を付けてしまいがちです。

飛びつきには無視が有効!

人が大好きなゴールデン・レトリバーは、来客のときなどに歓迎の意味を込めて飛びついてしまうことがあるようです。体も大きく力の強いゴールデン・レトリバーに思い切り飛びつかれたら、大人でもよろめいてしまいます。まして小さな子どもでは大きなけがにつながりかねませんね。

ゴールデン・レトリバーに飛びつきをやめさせるには無視をすることが1番有効的だといわれています。

飼い主が大好きで甘えん坊なところがあるゴールデン・レトリバーにとって、飼い主から無視されることはとても辛いことです。犬が飛びついてきたら犬に背を向けて目をあわせないようにしましょう。飼い主に無視されることが嫌いなゴールデン・レトリバーは、飛びつくと嫌なことがあると学習し段々と飛びつかなくなってきます。

飛びつく素振りをみせても我慢できるようになったら、しっかりと褒めてあげましょう。褒める時はややオーバーアクションで褒めてあげるとよいようです。

飛びついた時に犬が嫌いな手を叩くなどの炸裂音を出して驚かすという方法もあります。飛びつくと怖いことが起こると認識させることで飛びつきをなくしていく方法で、この方法もゴールデン・レトリバーには有効だといわれています。無視をしてもなかなか収まらないような時は試してみるのもよいのですね。

素材_shutterstock_67693033

飼い主が大好きなゴールデン・レトリバーには褒めてしつけが成功の鍵!

基本的に優しく穏やかな性格をしているゴールデン・レトリバーの場合は、叱ってしつけをすると飼い主に対して萎縮してしまうようなところがあるようです。

飼い主に対して従順で愛情深いゴールデン・レトリバーにとって、飼い主が喜んでくれることは何よりもうれしいことです。しつけでもその性格をいかして、教えたことができた時は「すごいね!」「よくできたね!」とややオーバーアクション気味に褒めてあげましょう。飼い主が喜んでいると感じるとしつけに対しより意欲的に取り組むようになってくれます。

逆に悪いことを教えるために叱るような場合は、悪いことをしたその場で短く「いけない」や「No」と叱ってあげましょう。あまり時間をおいてしまったり、長く叱ったりすることは逆効果になってしまいます。

ゴールデン・レトリバーのしつけでもっともしてはいけないことは、体罰を与えてしつけをすることだといわれています。飼い主から体罰を受けることは、ゴールデン・レトリバーにとっては信頼していた人からの裏切りだと感じてしまうことがあるようです。1度そう感じさせてしまったらこれまでに築いてきた信頼関係が崩れてしまい、飼い主に対して萎縮してしまったり反発をするようになってしまうので、その後のしつけが難しくなってしまいます。

遊び好きで好奇心旺盛なゴールデン・レトリバーのしつけは、飼い主も一緒に楽しみながらしつけをすることが大切です。おもちゃを使ったりゲームを取り入れたり、遊びの要素をうまく取り入れてしつけをしてみてはいかがでしょうか?

ゴールデン・レトリーバーについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ゴールデンレトリバーとの暮らしで注意すること

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

嫌なものに慣れてもらうための、犬の“馴化トレーニング”

犬はイヤだと感じた時に吠えてしまうことがありますが、過度に吠えたり人を咬んでしまったりすると困ったことになってしまいます。このような事態になってしまう前に、犬には人間と生活していく上でイヤだ……

犬のしつけの基礎

犬が吠えることで生じる危険。しつけで事前にトラブルを回避しましょう!

犬にとって、吠えるという仕草は自分自身の気持ちを表現するために用いる場合と、相手を威嚇するために吠えている場合の2種類があります。 とはいっても、吠えている犬のほとんどは威嚇をしている……

犬のしつけの基礎

【ペットシッターが解説】ビーグルとの暮らしで注意すること

ビーグルの性格と性質 性格 ビーグルは、穏やかで素直な性格を持っており、家族の一員として笑顔をもたらしてくれます。とても利口でありながら、攻撃性も少ないので、他の犬や動物と仲良く……

犬のしつけの基礎

【ペットシッターが解説】イングリッシュコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

イングリッシュコッカースパニエルの性格と性質 性格 イングリッシュコッカースパニエルは、いつも明るい笑顔で家族をなごましてくれる優しさを持っています。また、とても利口で家族に対して忠……

犬のしつけの基礎

犬のしつけ・トレーニングをする際に効果的なご褒美の与え方

新しい行動を犬に教える時(トレーニングをする時)にはご褒美がとても有効です。私たち人間がそうであるように、犬も報酬が出ることに対してはモチベーションが上がるのです。そこで今回は、どのようにご……

犬のしつけの基礎