2017年5月18日更新

たくさん動いてたくさん食べる!ボーダー・コリーのエサの量について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

全犬種の中でもっとも賢いといわれる頭脳を持ち、運動能力も抜群のボーダー・コリー。ディスクを追って颯爽と走る姿は惚れ惚れとしてしまいますね。運動量も豊富なら食べる量も多いの?適量はどのくらい?食事で気を付けなければならないことは?などボーダー・コリーのエサについて調べてみました。

 

ボーダー・コリーのエサの適量は?

ボーダー・コリーは常に動き回っているようなイメージのある犬種ですよね。では食欲の方はどうなのでしょう?運動量にあわせてたくさん食べるのでしょうか?

ボーダー・コリーは食欲も旺盛で、よく食べる犬が多いようです。出したエサを一生懸命に食べてくれると飼い主としては安心ですね。ただしボーダー・コリーは運動量と摂取カロリーのバランスが崩れてしまうと、肥満になりやすい傾向があります。また肥満が原因でなりやすい股関節形成不全にかかりやすいことでもしられています。

肥満を予防するにはエサの適量を知っておくことが大切ですね。ここでは一般的なエサの量の算出方法をご紹介します。

体重から割り出す方法

おおよそ体重の2.5%の量が適量といわれています。カロリーでいうと体重1kgあたり50~110カロリーの計算になります。

ただしこれは成犬の場合の計算になるので、成長期の子犬の場合は約2倍、逆にシニア期の犬の場合は2~3割少なめに与えるとよいといわれています。

パッケージの記載量を目安にする

市販のフードの場合はパッケージに給仕量が記載されているものがほとんどになります。記載されている量を目安に運動量や太り気味であるかなどを考慮して、エサの量を決めていくとよいといわれています。

係数から計算する方法

年齢や月例、体質などの係数を使用して1日に必要なカロリーを割り出す方法です。次のような式を使用します。

  • 安静時の必要エネルギー=70×(適正体重)の0.75乗
  • 1日の必要エネルギー=安静時の必要エネルギー×ライフステージ係数

ライフステージ係数

  • 4ヶ月まで:3.0
  • 4ヶ月以降体重増加が止まるまで:2.0
  • 避妊・去勢をしている成犬:1.6
  • 避妊・去勢をしていない成犬:1.8
  • 肥満気味の場合:1.2~1.4

border-collie-741349_640

個体差にあわせたエサの適量の見極めは?

ボーダー・コリーにも体の大きい犬も小柄で細めの犬もいますね。人にもさまざまな個性があるように、ボーダー・コリーにも性格、体格、健康状態などそれぞれに個性や個体差があります。

一般的にいわれているエサの算出方法は平均的な値を元に作られたものなので、それぞれの個体差にぴったりと合った量が算出されるわけではありません。あくまで目安の量だということです。

では個体差にあわせたエサの適量を見極めるにはどうしたらよいのでしょうか?与えるエサの量が個体差にあった適量なのかを知るためには、便の状態を確認するのが1番よい方法だといわれています。

便が柔らかい状態が続く場合は与え過ぎ、逆にポロポロと硬い便が続く場合は少なすぎだと考えられています。丁度よい便は硬さが耳たぶくらいの柔らかさで、拾うと便のあとが少し残るくらいがよいといわれています。

まずは算出されたエサの適量を目安に与えてみて、便の状態をみながら量を調整してあげるとよいですね。

 

月例や年齢によるエサの与え方

ボーダー・コリーの場合は成長期の子犬の頃は食べるだけ与えてもよいといわれています。それだけ成長が早い犬種だということですね。でも与え方や回数には注意が必要なようです。

前にも書きましたが犬には個体差があり特に子犬の頃の成長の速度には差があるので、一概にこの月齢ならばこれとはいいがたいのですが、一般的にいわれている月齢に対するエサの与え方は次のようにいわれています。

2ヶ月~3ヶ月

このころに子犬を引き取った場合は、急な変化による胃腸障害を起こさないために、量や回数、食べ物の硬さなど基本的に引き取った時と同じようにして与えます。

自宅で出産した子犬の場合は、市販の離乳食やパピー用の高カロリーのフードを与えます。ドライフードの場合はお湯や犬用のミルクでふやかしてあげるようにしましょう。

食事の回数は朝、昼、夕、夜の4回が目安となります。

4ヶ月~5ヶ月

ドライフードの場合は便の様子を見ながら少しずつ硬い状態で食べられるようにしていきましょう。離乳食を与えていた場合はパピー用のフードに切り替えます。

おやつもこの時期から開始します。

食事の回数は3ヶ月までと同じく4回か夜を除いた3回が目安になります。

6ヶ月

成犬として体ができてきて体重の増加がおさまってきます。成犬用のフードに変えていく時期ですが、いきなり変えてしまうと胃腸障害につながってしまいます。もともと食べているフードに少しずつ混ぜて慣らしていくとよいでしょう。

便の状態が変わらないようなら1週間くらいを目安に切り替えていくとよいようです。

食事の回数も徐々に減らしていく時期になります。朝、昼、夕の3回から朝、夕の2回が目安となります。

7ヶ月~1歳6ヶ月

体が出来上がってきますがまだ成長過程のため体重が安定しない犬が多いようです。ただしこの時期に高カロリーのエサを与え続けてしまうと肥満につながり関節への影響が心配されるので、高カロリーのパピー用の食事をやめて成犬用の食事へと、しっかりと切り替えましょう。

食事の回数は朝、夕2回が目安となります。

imasia_12745297_S

1歳6ヶ月~7歳

できるだけ体重の増減のない状態を保つような食事を心がけます。成犬用のフードを与えていても体重が増えて行ってしまうような場合は、食事量を減らすかダイエット用のローカロリーの物に切り替えましょう。

その際はできればかかりつけの獣医師に相談し、適したフードをアドバイスしてもらうとよいですね。

食事の回数は朝、夕2回か朝の1回が目安になります。

7歳以降

シニア期に入ってきて消化機能や噛む力が衰えてきます。ドライフードの場合はふやかすなどして柔らかい状態の物を与えるようにしましょう。フードは高タンパク低カロリーのシニア用のフードに切り替えていくとよいでしょう。

食事の回数は1回~2回が目安ですが、歯が抜けたりして1回に多くの量を食べることが難しい場合は、1回の食事量を減らして回数を増やしてあげるようにしましょう。

肥満のチェックは手と目でおこなう

成犬になってからはできるだけ体重の増減のないエサの量を保ってあげる必要があるようですね。でも毎回重たいボーダー・コリーを持ち上げて体重を測定するのは大変です。できればブラッシングなど毎日のケアにあわせて手軽に確認したいものです。

体重計を使用せずに手や目で犬が骨格にあった体型を維持しているかを確認する方法があります。ボディーコンディションスコアと呼ばれるもので、ブラッシングの時でも簡単にチェックができます。正確な体重測定はもちろん必要なものなので定期的に動物病院でおこなうようにして、日々の体重チェックにボディーコンディションスコアを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

ボディーコンディションスコアで適正な体型であるかを見極める手順は次のとおりになります。

ボディーコンディションスコア

肋骨を触る

軽く胸に手を添えて力を入れずに肋骨の上を上下にずらしながら触ってみます。

  • 痩せ過ぎ:触らなくても肋骨が浮いて見える・触るとすぐに肋骨にあたる
  • 太り過ぎ:指先に力を入れないと肋骨を触ることができない

ウエストラインの確認

背中を上から見た時に後ろ足の少し前にあるウエストラインがどのように見えるかで判断します。

  • 適正:背中を上から見た時に少しくびれて見える
  • 太り過ぎ:くびれがなく長方形に近い体型に見える

背骨の確認

背骨のラインを手で触って確認をします。

  • 痩せ過ぎ:背骨の1つ1つがわかる
  • 適正:背骨のラインが触れる
  • 太り過ぎ:触っても背骨の場所がわからない

autumn-665148_640

しっかり噛めるエサを与えましょう

ボーダー・コリーのような中型から大型にあたる犬種の場合は、小型の犬種とは異なり顎の骨格もしっかりとしているので、老齢期の歯や顎の状態を保つために、青年期から成犬期の間は顎の筋力を落とさないように注意する必要があるようです。

歯や顎が出来上がっていない子犬の頃や、歯が抜けたり顎の力が弱ってくる老齢期にはペースト状のエサやドライフードをふやかしたものを与えるのはよいのですが、しっかりと噛める青年期から成犬期の間は、噛み応えのある大きさと硬さのエサを与えるようにするとよいですね。

食欲旺盛でやや早食いの傾向のあるボーダー・コリーは、小粒のエサだと飲み込むように食べてしまうことがあるようです。ドライフードの場合は粒の大きなしっかりと噛める物を選びましょう。また缶詰などペースト状のエサを与えている場合は、ペースト状のエサの中に噛み応えのあるドライフードや固まりの肉などを混ぜてあげるとよいでしょう。

ただし鳥の骨は噛み砕くと裂けて尖った状態になります。そのまま胃に入ってしまうと胃や腸を傷つけてしまうことになるので、噛み応えを出すためでも犬には与えないように注意してください。

 
 

関連カテゴリ